競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    有馬記念予想|2016年ここまでJRAにやられたら素直に従うw

    有馬記念はいつもどおり・・・儲けさせて頂きますwここの無料予想で

     有馬記念公開枠順抽選会が21日、都内ホテルで行われた。

     キタサンブラックがまたも最内1番枠を引いた。過去4戦4勝。今年制した天皇賞・春、ジャパンCも最内枠だった。

    【詳細】有馬枠順抽選ライブ速報

     13番目に壇上に上がった武豊騎手(47)が「ブラックのB」を選択すると、中に書かれていたのは(1)の文字だった。歓声が上がり、会場は盛り上がる一方。それでも武は「まだこれは枠順抽選ですからね」とヒートダウンを促し、最後は「いい枠ですけれど、やっぱり枠よりも1着がほしい。しっかりと頑張りたい」とレースをにらんでいた。

    【有馬記念予想|2016年ここまでJRAにやられたら素直に従うw】の続きを読む

    5
    有馬記念|2016年|不気味なのはこれ【ヤマカツエース】

     ヤマカツエースは中2週とあり大きな負荷はかけられていない。火曜朝は角馬場からCWコースで乗られ、坂路を駆け上がった。厩舎へ戻ってきた馬を実際に見ると毛ヅヤはピカピカ。状態の良さが見てとれた。

     「中間の調整もやる時は結構やってます。それでも疲れることはなく、馬体落ちもない。カイ食いもいいんですよ」。最終追い切りは池添を背に、CWコース単走追いを予定。もう大きな味付けはいらない。

     


    【有馬記念|2016年|不気味なのはこれ【ヤマカツエース】】の続きを読む

    5
    朝日杯FS予想結論|2016年|やっぱりこの馬から

    ここの無料予想は活用しようw

    ◆朝日杯FS追い切り(14日・栗東)

     第68回朝日杯フューチュリティS・G1(18日、阪神)の出走馬18頭が15日、決まった。栗東トレセンでは2戦2勝のレッドアンシェルがCWコースで軽快な動きを見せた。なお、同レースの枠順はきょう16日に決定、馬券は17日から発売される。

     2戦2勝のレッドアンシェルは加藤(レースはシュミノー)を背に、栗東・CWコースを伸びやかなフォームで駆け抜けた。全体は6ハロン85秒3と目立たないが、ラストは軽く仕掛けた程度で鋭く伸び、12秒3をマークした。「思った通りの調教ができた。3コーナーで加速する時の動きがすごくよかったね。今まではピッチ走法だったけど、手脚が十分に伸びて大きなストライドで走れていた」と庄野調教師は目尻を下げた。

     札幌でのデビュー戦(芝1500メートル)は後続に4馬身差をつけるパフォーマンスでデビューV。続くもみじS(京都・芝1400メートル)でもラストで鋭く伸びて抜け出し、連勝を飾った。「ここを目標に順調にこられた。課題は落ち着き。パドックからゲートまでが一番難しい。今日はゆったりと馬場に入れていたし、追い切りまでの状況は前回に比べても今日の方が落ち着いている」

     キャリアは浅いが、底を見せてない点は魅力だ。「トモ(後肢)の甘さを補うだけの体幹の強さがあり、バランスがいいのがこの馬の良さ。それが瞬発力にもつながっている。今まで少頭数だった。馬込み自体は大丈夫だけど、頭数が増えてうまくさばければ」とトレーナーは力を込める。無敗での2歳王者誕生へ視界は良好だ。(持井 麻衣)

    【朝日杯FS予想結論|2016年|やっぱりこの馬から】の続きを読む

    レッドアンシェル|朝日杯FS2016年注目馬

    すごい競馬の予想が→朝日杯FS無料予想

     3日の阪神競馬で落馬負傷した福永祐一騎手(39)が朝日杯FS(G1、芝1600メートル、18日=阪神)で騎乗予定だったレッドアンシェル(牡2、庄野)は、シュミノー騎手とのコンビになる。

     また、有馬記念のシュヴァルグラン(牡5、友道)は福永騎手の回復を待ち、様子を見ていく。

    【レッドアンシェル|朝日杯FS2016年注目馬】の続きを読む

    香港カップ予想|2016年|こいつの締めてもらいますか

    競馬好きならここの予想を見逃すなw

    【香港カップ(日曜=11日17時30分発走、シャティン競馬場芝2000メートル)注目馬詳報】堀厩舎勢は8日にモーリスにムーア、サトノクラウンにモレイラが騎乗して芝コースで併せ馬。両馬とも国内でほぼ仕上げてきているため、直線もサラッと流す程度。それでもスムーズな走りで馬場を駆け抜け、上々の仕上がりをアピールした(モーリス=4ハロン55・9秒、2ハロン23・6秒。サトノクラウン4ハロン=55・9秒、2ハロン23・6秒)。特にモーリスの馬体の張りは特筆もの。香港GI・3連勝へ態勢は整った。

    「モーリスは(香港)3回目ということでリラックスできています。雰囲気よく調教ができました。サトノクラウンは(初騎乗の)モレイラに感触を確かめてもらいました。予定通り順調に仕上がっています」と堀調教師。

     注目のゲート番はモーリス(香港カップ)が8(馬番2)、サトノクラウン(香港ヴァーズ)が9(馬番4)、ネオリアリズム(香港マイル)が9(馬番7)。

    「3頭とも枠順の結果を受けて、これから作戦を考えます」(同師)

    ★「香港カップ」ゲート番(馬番=馬券購入用)・馬名・斤量・騎手★

     1番( 1番) エイシンヒカリ      57 武豊
     2番( 6番) ラブリーデイ       57 H・ボウマン
     3番( 8番)  シークレットウェポン  57 Z・パートン
     4番( 4番)  ブレイジングスピード  57 N・カラン
     5番( 7番)  ガンピット       57 K・ティータン
     6番( 3番)  デザインズオンローム  57 J・モレイラ
     7番( 5番)  ステファノス      57 C・スミヨン
     8番( 2番) モーリス         57 R・ムーア
     9番( 9番)  エリプティク      57 P・ブドー
    10番(10番)  ホースオブフォーチュン 57 S・デソウサ
    11番(12番)  クイーンズリング    55・5 M・デムーロ
    12番(11番)  ヘレンスーパースター  57 G・モッセ

    ※勝馬投票券はインターネット投票のみの限定発売。「即PAT」および「A―PAT」会員なら購入可能。発売式別は「単勝」「複勝」「ワイド」「馬連」「馬単」「3連複」「3連単」で「枠連」の発売はなし。それぞれのレースの発走予定時刻の4分前まで購入できる(ネット投票加入を含めた詳細はJRAホームページ参照)。

    【香港カップ予想|2016年|こいつの締めてもらいますか】の続きを読む

    香港マイル|2016年|予想結論

    競馬劇場の予想・・・・まずまずの的中、無料会員が注目

     香港国際競走(11日、シャティン競馬場)に出走する日本馬13頭が10日、同競馬場で最終調整を行った。

     ◆香港マイル(芝1600メートル)

     堀宣行調教師(ネオリアリズム=角馬場で調整)「昨日(9日)の追い切り後も状態はよく、順調です」

     田中剛調教師(ロゴタイプ=角馬場からオールウェザーコースでキャンター)「向こう(日本)で仕上げてきましたし、レース前日なのでそこまでやりませんでした。状態はすごくいいです。無事に走ってくれればと思います」

     池江泰寿調教師(サトノアラジン=角馬場からオールウェザーコースをキャンター)「ラスト2ハロンを15秒から16秒くらいでさっと流しました。木曜(8日)の追い切り後、日に日に気配がよくなっています。枠も真ん中くらいなので、スムーズな競馬ができれば、いい結果が出ると思います」

    【香港マイル予想|2016年|予想結論】の続きを読む

    香港ヴァーズ予想|2016年|予想結論

    競馬ファンならここの無料予想が注目・・・ターフビジョンの予想が注目

     香港国際競走(11日、シャティン競馬場)に出走する日本馬13頭が10日、同競馬場で最終調整を行った。

     ◆香港ヴァーズ(芝2400メートル)

     堀宣行調教師(サトノクラウン=角馬場から芝コースでハッキング、ダク、ギャロップ)「走りたい気持ちになっていると思います。追い切り後も状態はいいです」

     斎藤誠調教師(ヌーヴォレコルト=角馬場からオールウェザーコースでキャンター)「気持ちが前向きになっていて抑え切れないくらいの手応えでした。ゴール前でも自分からハミを取っていたので、とてもいい状態です」

     加藤公太助手(スマートレイアー=角馬場からオールウェザーコースをキャンター)「競馬に向けて気合も乗りつつリラックスしており、馬体もフレッシュな状態をキープしています。ここまで順調に来ているので、いいレースができると思います」

    【香港ヴァーズ予想|2016年|予想結論】の続きを読む

    5
    香港スプリント予想|2016年|ムーアは神様だけど

    競馬ファンならここの予想をチェックしましょうwww
    競馬スピリッツの予想
    keibaspsp1










     香港国際競走(11日、シャティン競馬場)に出走する日本馬13頭が10日、同競馬場で最終調整を行った。

     ◆香港スプリント(芝1200メートル)

     尾関知人調教師(レッドファルクス=角馬場からオールウェザーコースでキャンター)「イメージ通りの調教ができていますし、手前もスムーズに替えてくれました。しまいを少し伸ばした感じもよかったです。気合が乗ってきて、競馬に向けていい状態になっていると思います」

     藤岡健一調教師(ビッグアーサー=角馬場からオールウェザーコースをキャンター)「馬にスイッチが入り、好調です。いい状態でレースに向かうことができそうです」

    【香港スプリント予想|2016年|ムーアは神様だけど】の続きを読む

    阪神ジュベナイルフィリーズ予想|2016年結論


    ここの無料予想が熱い・・・勝馬伝説

     11日に阪神競馬場で行われる、第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳・牝・GI・芝1600m・1着賞金6500万円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、怪物フランケルの初年度産駒で無傷の3連勝を狙うソウルスターリング(牝2、美浦・藤沢和雄厩舎、2.7倍)が支持された。

     続いての2番人気はアルテミスSを制したリスグラシュー(牝2、栗東・矢作芳人厩舎、3.6倍)、3番人気は小倉2歳Sを圧勝したレーヌミノル(牝2、栗東・本田優厩舎、7.3倍)となった。

     以下、無傷でデイリー杯2歳Sを制したジューヌエコール(牝2、栗東・安田隆行厩舎、7.9倍)、中京2歳Sを制しているディーパワンサ(牝2、栗東・松下武士厩舎、11.9倍)、新潟2歳Sを勝ったヴゼットジョリー(牝2、栗東・中内田充正厩舎、16.0倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    02 ソウルスターリング 2.7
    18 リスグラシュー 3.6
    04 レーヌミノル 7.3
    11 ジューヌエコール 7.9
    01 ディーパワンサ 11.9
    17 ヴゼットジョリー 16.0
    08 サトノアリシア 42.7
    12 アリンナ 43.4
    09 ジャストザマリン 64.6
    16 シグルーン 70.1
    07 ブラックオニキス 80.5
    06 ショーウェイ 91.2
    10 クインズサリナ 129.9
    13 ゴールドケープ 131.3
    05 ポンポン 134.0
    03 エムオービーナス 158.2
    14 スズカゼ 173.1
    15 フェルトベルク 280.7

     その他、馬連は02-18が5.4倍、馬単は02-18が9.4倍、3連複は02-11-18が9.9倍、3連単は02-18-11が33.2倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

    【阪神ジュベナイルフィリーズ予想|2016年結論】の続きを読む

    5
    チャレンジカップ予想|2016年|注目すべき大事なこと

    無料予想で万馬券期待ーギャロップジャパン

     阪神は土曜にも重賞のチャレンジカップ(10日、GIII、芝・外1800メートル)が組まれている。2012年から年末の阪神開催でハンデ戦となり、昨年こそ57キロの2頭がワンツーだったが、基本的には54〜55キロの活躍が目立つ傾向だ。また、ハンデ戦となってからは4年連続で9番人気以下の伏兵が馬券に絡んで波乱を演出しており、馬券的にも注目される。

     まずはトップハンデ58.5キロのディサイファ(美浦・小島太厩舎、牡7歳)。重賞4勝は1800メートルから2200メートル戦だが、近走はマイルに路線を転じていた。前走のマイルCS(10着)はゴール前で勝ち馬が斜行したことで致命的な不利を受けたもの。度外視していい。2走前の毎日王冠でも追いづらくなる場面があり、この秋は不完全燃焼のレースが続いている。まともならGIIIでは明らかに力量上位だ。それだからこそのトップハンデだが、さすがに58.5キロは負担になる。他馬との斤量差が鍵となるが、スムーズな競馬ができれば、この斤量でも大きく崩れることはないだろう。

     昨年57キロでこのレースを勝ったフルーキー(栗東・角居勝彦厩舎、牡6歳)は、今年は57.5キロでの出走。その昨年は富士S5着からのローテーションだったが、今年は富士S8着後にキャピタルS(5着)を挟んでいる。中1週の詰まった間隔がどう出るかだが、阪神では7戦5勝、2着1回と抜群の成績。コース相性の良さでハンデとローテを克服したいところだ。

     昨年1月の京成杯以来、勝ち星から遠ざかっているベルーフ(栗東・池江泰寿厩舎、牡4歳)が57キロのハンデ。3勝馬とはいえ近走も大きく崩れていない。ただ、56キロだった小倉記念は2着で、57キロだった新潟記念は4着。このあたりがハンデの妙か。今回も57キロ克服が鍵となる。

     休み明けのエリザベス女王杯では末脚不発で8着に敗れたタッチングスピーチ(栗東・石坂正厩舎、牝4歳)は55キロ。セックスアローワンスがあるので、ハンデキャッパーは57キロの牡馬と実質は同等の評価をしたことになる。京都記念2着など牡馬相手でも互角の力があるのはもちろん、阪神芝1800メートルといえばローズSでミッキークイーンを差し切った舞台。叩いた上昇度も考慮すれば侮れない。

     軽ハンデ組ではケイティープライド(栗東・角田晃一厩舎、牡6歳)が面白沿い。昨年のこのレースは13着だったが、今年は小倉大賞典4着、函館記念2着、福島記念5着。ハンデ重賞ばかりを狙って使う陣営の意図もうかがえ、好走している。今回も52キロの軽量。阪神で3勝しているので、一発の魅力にあふれている。

     カシオペアSを大外一気に差し切ったヒルノマテーラ(栗東・昆貢厩舎、牝5歳)=54キロ=は急激に力をつけている一頭。カシオペアSは別定戦だったとはいえ、54キロで56キロのベルーフ(3着)に完勝だった。今回、ベルーフとは斤量差がさらに1キロ広がるというのは興味深いところだ。

     成長途上ながら潜在能力が高いブラックスピネル(栗東・音無秀孝厩舎、牡3歳)=55キロ、準オープンとしては好メンバーだった前走の八坂Sを逃げ切ったダノンメジャー(栗東・橋口慎介厩舎、牡4歳)=55キロ=なども伏兵として注意が必要だ。

    【チャレンジカップ予想|2016年|注目すべき大事なこと】の続きを読む

    このページのトップヘ