宝塚記念【2013年】予想【2】−ゴールドシップは自信の消し


タクティクスー競馬情報会社




ゴールドシップ


gorudo








父−オルフェ―ヴル
母父−メジロマックイーン



ゴールドシップは自信の消し

ちなみに昨年はオルフェーヴルの自信の消しだった汗
かなり自信がありましたけど


まさかの内オープン
外差しが有利だと思っていたので


まあ…完敗です。



1) 宝塚記念(阪神のみ)で過去10年の複勝圏内馬

宝塚記念以外のレースの成績


2000m
64- 23- 31- 76/194
(33%−60%)

2400m
31- 17- 14- 32/ 94
(33%−66%)

2500m
12- 18- 9- 40/ 79
(15%−49%)


まあこれを見ると
基本的に2500mよりも2000mより向き



2) 菊花賞馬の宝塚記念成績

2012年
ゴールドシップ

2011年
オルフェーヴル(1着)

2010年
ビッグウィーク(未出走)

2009年
スリーロールス(未出走)

2008年
オウケンブルースリ(未出走)

2007年
アサクサキングス(15着/5着/16着)

2006年
ソングオブウインド(未出走)

2005年
ディープインパクト(京都)

2004年
デルタブルース(未出走)

2003年
ザッツザプレンティ(5着)



まあ昨年のオルフェーヴルが余計だった(汗)
ディープインパクトは京都だったので



イメージ的には、京都芝3000mで勝てるような馬は
宝塚記念では向かないって思っています。


ちょっと強引は作り方ですけどね…。
それでも1円も買いません。




裏@勝馬NAVI −先週無料馬連予想4戦3勝
裏@勝馬NAVI−競馬情報会社


 【コメント】オークス無料予想
デニムアンドルビー 牝3歳 4戦2勝 1番人気 3着 150円桜花賞以外からの臨戦となる新興勢力の代表格は、オークストライアルのフローラSを豪快な追い込みで制した同馬です。メイクデビュー京都(芝1600M)→未勝利(阪神・芝1800M)と、デビュー2戦は連続2着に惜敗したましたが、3戦目の牝馬限定・未勝利(阪神・芝2000M)を1番人気に応えて順当V。いきなり重賞に挑戦した前走のフローラSでも堂々の1番人気に支持され、期待どおりの豪快な差し切り勝ちで重賞ウイナーの仲間入りを果たしました。通算成績は〔2・2・0・0〕と連対率100%で、能力の底をまったく見せていません。2001年のエリザベス女王杯優勝馬トゥザヴィクトリーを母の姉に持つディープインパクト産駒。血統的にも大きな魅力にあふれています。