かしわ記念予想|2014年人間を見ると見えてくる?

【広告】ここはチェック必至!!
スマートウィン競馬情報会社
 



キズナで負けたユタカ
ホッコーで頑張った田辺

でも南関東では


と・ざ・き


そう
戸崎圭太


本命
セイクリムズン

詳しい予想は
かしわ記念予想【2014年】のデータと的中目指すページ





プロ予想でお宝をゲットしましょう!!
ええええ…まだまだ無料会員になっていないんですか?
指定サイトから無料会員になることをお勧めします!!
(衝撃だった福島牝馬S推奨理由だけでもチェックせよ)

指定ページからクリックして頂けるとページに行けます

競馬サードステージ



実際に公開された予想!!!

福島牝馬S

前走中山牝馬S2着馬が最有力となるのは大いなるセオリーではあるが、今年は特例で2着が2頭存在するのもまた運命なのだろう。 その2頭、キャトルフィーユは人気の一角を担うであろうし関係者も口を揃えて調整は順調と強調。勿論その調整内容を検証してもその言葉に偽りはないが、年齢を重ね少々ズブくなった印象が気になった所ではあるがその点が見事露呈し勝ちきれなかった事は残念な点である。 その点同じ2着でもフロック視される事は確実で、タ裕い亡鼎鵑犬織吋ぅ▲ぅ┘譽ントだが、中山牝馬S後もしっかりと稽古を消化し休養明けから太めだった馬体もスッキリして出走出来る事は大きなプラス材料であり、前走とは違い内目の枠でハナを主張出来るのであれば確実に前走以上の結果が伴う事は分かりきった事。 3着に入線したフィロパトールも明らかにファンが人気に流され生み出されたダークホースであり、注目馬でもお伝えした通り福島芝実績及び芝1800の実績を考えれば人気馬を凌駕する事は何も不思議な事ではない。 枠順決定の際に一瞬の不安が過りはしたが、陣営は前で競馬をする事に揺るぎはなく、最終追い切りとなった23日でもテンから勢いを付けた稽古に拘った事でその思惑は少なからず掴めたはずである。 しかし結果は或裕い帆瓦理解されない状況であり、如何にこの時期がファンが馬券購入に溢れ人気に流されやすく、そして儲かる開催に変貌しているかをいち早くお気付き頂きたいと願うばかりである。
↑↑
まずは無料会員になっていろいろとチェックしましょう!!