エプソムカップ予想|エイシンヒカリは今の東京に向くかどうか?


競馬ブログはここをチェック




エイシンヒカリのニュース

 エプソムCの追い切りが10日、東西のトレセンで行われた。栗東ではエイシンヒカリが、好時計をマークして体調の良さを誇示。予定を1週延ばしたフルーキーはシャープな動きを見せた。美浦では昨年の覇者ディサイファが併せ馬で先着。陣営の感触は上々だった。なお、美浦はディサイファをはじめ、濃霧のため一部の馬の調教タイムが計測できなかった。

 遅れてきた大物、エイシンヒカリが重賞初制覇に向けて、好調をアピールした。

 「時計はもう少し遅くてもよかった。他厩舎の馬が接近してきたときに、ハミを取ってしまったからね…」

 6ハロン78秒4−11秒8に坂口助手は苦笑いするが、表情に落胆の色はない。CWコースの単走追いでスタート。ゆったりと序盤を進めていたが、3、4コーナーで他厩舎の2頭が急接近。想定外の出来事に少しムキになってしまったのだ。しかし突然の3頭併せにも、大きくリズムを崩すことはなく、直線で再加速。内から抜いた2頭を、馬なりできっちりかわしてゴールを駆け抜けた。

 「普段はあまりテンションが上がらないようになっている。使って落ち着きも出ている」と同助手は気性面の成長を伝えた。

 昨年4月のデビューから無傷の5連勝。重賞初挑戦のチャレンジCは9着に敗れたが、前走の都大路SをV。武豊騎手も「イレ込みがきつく素直じゃないけど、(前走は)きれいなラップを刻めたし、掛かるのも許容範囲だった」と合格点をつける内容で再び軌道に乗った。

 それだけに今回に向けて坂口調教師の期待も大きく、「つつかれるとムキになるので、離して逃げた方がいい。おそらく大逃げになるでしょう。ここで結果を出して秋につなげたい」と語る。

 東京ではアイルランドT(OP)を勝っているが、そのときは直線で大外までヨレてしまった。その過去が気になるが師は「あのときは、直しようがなかったけど、一気に行ったんじゃなく、じわじわだったからね。大丈夫だと思う」と“一過性”を強調。

 「輸送はおとなしいけど、お客さんがいるとうるさい。だからパドックだけブリンカーをするつもりなんだ」とトレーナーは予防策をとる。

 万全の策をとって挑む大一番。わが道のゆく先に、きっと栄光のゴールは待っている。 (片山和広)




今の東京競馬場芝コースは逃げが不振

2014年1000万以上東京芝逃げ(33レース)より
8−3−3−20/34(23%ー41%)


2015年1000万以上東京芝逃げ(33レース)より
2−2−5−24/33(6%ー27%)




エイシンヒカリはちょっと不安ですね



エプソムカップ
http://keibauma.com/yosou-epsomc3.html





競馬情報会社が熱い!!今週はオークス(優駿牝馬)、、、、
まだ無料会員になっていないならチェック必至

vikus
















見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!