NHKマイルC予想|2016年|予想結論

 今週5月8日(日)は、東京競馬場で3歳マイル王を決めるGI NHKマイルC(芝1600m)が行なわれる。クラシック桜花賞、皐月賞出走組とマイル戦線を進んできた組が激突する興味深い一戦で、GI日本ダービーにもつながる可能性があることからも要注目のレースだ。

■オークスで姉たちの雪辱を。先行策が光るエンジェルフェイス

 今年の出走馬で最大の注目馬は、昨年の2歳女王メジャーエンブレム(牝3歳、美浦・田村康仁厩舎)だろう。今回と同じコースで行われたGIIIクイーンC(2月13日)を1分32秒5という破格のタイムで5馬身差の圧勝。GI桜花賞(4月10日/阪神・芝1600m)では単勝1.5倍の圧倒的人気に推されたが、道中は7番手からと普段の競馬ができず、4着に終わっている。ただ、GI桜花賞は行きっぷりが悪く、状態も本調子ではなかったのだろう。1000m通過は59秒1とそれほど速いペースではなく、GIIIクイーンCを1000m通過57秒8のラップで逃げ切っていただけに、ふつうの状態なら楽にハナを奪っていたはずだ。さらに、控えての瞬発力勝負では敵わないこともわかったので、今回は逃げる形になるだろう。万全の状態でその形ができれば、恥ずかしい競馬はしないはずだ。

 東京芝1600mの逃げ切りは簡単なことではないが、このレースでは過去に2012年のカレンブラックヒル、2014年のミッキーアイルと、2頭が逃げて勝利を収めている。3歳のこの時期なら、スピードの違いで押し切ることができるのだ。メジャーエンブレムは、それが可能な実力馬と見ている。

 血統面も優秀だ。父ダイワメジャーはGI皐月賞、GI天皇賞・秋、そして今回と同じコースのGI安田記念などGIを5勝した名馬で、前述のカレンブラックヒルは同馬の産駒。母の父オペラハウス、祖母の父レインボウクウェストは欧州のクラシックレースを思い起させる本格派血統であり、父のスピードだけでなく母系にスタミナの血を持つのは、厳しいこのコースを走るうえでは大きな武器となる。かつての名牝で、父の妹でもあるダイワスカーレットを思い起こされる走りを見せているメジャーエンブレム。GI NHKマイルCでは、同馬に少しでも近づけるような走りを見せて欲しい。

 その他の有力馬も見ていこう。メジャーエンブレムと同じ父の産駒ティソーナ(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)も注目の存在だ。叔父にJpnI帝王賞のゴルトブリッツ、祖母の弟に三冠馬ディープインパクトがいる名牝系の出身で、祖母の父シーキングザゴールドは1997年の勝ち馬シーキングザパールと同じ。牝系には2003年の勝ち馬ウインクリューガーもおり、このレース向きの血が揃っている。やや行きたがる面があり、ベストは1400mかもしれないが、このコースでも勝利があるし、速いペースになれば折り合いも付き、末脚が活かされるだろう。好走は可能。



無料情報で万馬券…信頼していますw
勝馬伝説
kachium


















NHKマイルC
http://keibauma.com/yosou-nhk3.html


本命
メジャーエンブレム


まあ普通に考えるとこれなんだろうね。
問題はルメールだけwww


フェブラリーS ノンコノユメ      1人気2着
高松宮記念  アルビアーノ     3人気3着
桜花賞     メジャーエンブレム 1人気4着
皐月賞     サトノダイヤモンド  1人気3着
天皇賞   アルバート      6人気6着
かしわ記念   ノンコノユメ      2人気4着




これを見てG1で買いたいと思う人は少ないはず、



でも、わざわざサンデーレーシングが馬を分けてきて
ここでルメールが負けたら・・・


超怖い。





無料コンテンツが熱い競馬情報会社

勝馬伝説 
http://www.l-horse.com/
勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

チェンジ
http://www.5il.org/
重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

すごい競馬 
http://www.shopwin.biz/
マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

by 競馬情報会社.com