競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    ラジオNIKKEI賞予想

    5
    ラジオNIKKEI賞予想|やっぱりこの産駒から

     ラジオNIKKEI賞の追い切りが29日、東西のトレセンで行われた。オープンの白百合Sを勝ったブラックスピネルは坂路の併せ馬で2馬身先着。馬なりで軽快に駆け上がり、重賞初制覇へ好ムードだ。美浦では坂路で伸びたストーミーシーが調教評価『S』を獲得した。

     余力たっぷりに急勾配を駆け上がった。ブラックスピネルが坂路で軽快なフットワークを披露。併せ馬で楽々と先着し、好気配を漂わせた。

     「先週びっしりやっているので、きょうはしまい重点で。最後、ハミをかけ直したら反応もよかった。力を出せる仕上がりです」。騎乗した生野助手が感触を伝えた。

     調教駆けするタイプだが、序盤はセーブして1ハロン14秒1−13秒2のラップを刻んでいく。後半は手綱を押さえたままトルストイ(500万下)を外から抜き去ると、ラスト2ハロンを12秒4−12秒6でまとめ2馬身先着した。4ハロンは52秒3。先週22日に同50秒6−12秒8の好時計をマークしており、今週は予定通りの馬なり調整。態勢は整っている。

     「馬なりでも(体は)できているし、福島への輸送があるからね。ここを使ったらお休みになると思うので、全力投球です」。音無調教師の言葉にも力が入る。

     前走の白百合S(オープン)で3勝目をマーク。先団から脚を伸ばして差し切った。昨秋の萩Sでは、のちに重賞を3勝したスマートオーディンを撃破するなどの力を見せ、全8戦で4着以内を確保している安定派。自在性もあり、初の福島にも対応できそうだ。

     57キロのトップハンデは前回と同じ斤量。とはいえ、最軽量馬とは7キロも差があるだけに、武豊騎手は「クラシックに出た馬でもないし、見込まれたね」と気がかりな様子。それでも「1800メートルは合うから。チャンスはあるしうまくいけば」と期待を込めた。

     武豊騎手の福島参戦は2012年4月以来。夏に限れば、メイショウカイドウで七夕賞を制した06年7月以来、10年ぶりになる。久々の遠征は、手応えがあるからこそだろう。名手とブラックスピネルのコンビが、夏のみちのくで輝きを放つ。 (鈴木康之)



    毎週…いろいろな競馬予想会社の予想をチェックしている私
    そんな私が完全推奨させて頂きます!!
    チェンジ
    ここの予想会社は激アツなのですね。


    現在的中をお届けした情報の結果をお知らせいたします。
    パーフェクトブックより
    【中京5R】にて328,950円獲得!
    (1点/300円投資) 史上最強の消去法[8]より
    【中京7R】にて968,150円獲得!(1点/500円投資)LINEより
    【中京8R】にて224,620円獲得!(1点/200円投資) 百万馬券プロジェクトより
    【福島8R】にて716,280円獲得!(1点/400円投資)


    button3-3-u




    【ラジオNIKKEI賞予想|やっぱりこの産駒から】の続きを読む

    5
    ラジオNIKKEI賞予想|確実に当てたいと思います

    競馬ブログはここをチェック


    ラジオNIKKEI賞


    <ラジオNIKKEI賞:追い切り>

     福永祐一騎手(38)が、史上4人目の偉業に挑む。ラジオNIKKEI賞(G3、芝1800メートル、5日=福島)にレアリスタ(牡、堀)で臨む同騎手は、勝てば福島での重賞初Vとなり、史上4人目のJRA全10場重賞制覇となる。新たな勲章獲得へ、意欲を語った。同馬とキャンベルジュニア(牡)の堀勢2騎は2日、美浦で追い切られ好感触の動きを披露した。

     ユーイチが「史上4人目」にその名を刻む。ラジオNIKKEI賞に、2戦2勝の素質馬レアリスタで臨む。勝てば、唯一重賞を勝っていない福島で初勝利。過去3人しかいない、JRA全10場制覇達成となる。

     「福島の連対率は悪くないはず。もともと小回りは好きというわけではないけど、得意だよ。(自分は)スタートがいいから札幌でもよく勝った。小回りの方がスタートとさばき(の重要性)が大半になるし、その辺の相手関係も知っていた方が勝ちやすい。大きい競馬場になると馬の強さになってくるしね。小回りは、よりスタートが生きる」

     福島の印象は悪くない。過去の成績は上々で、これまで【7 3 7 12】。勝率24・1%、連対率34・5%、複勝率58・6%と高い水準をマークする。さらにラジオNIKKEI賞は、11年にフレールジャックで勝ったレース。この年は震災の影響で中山開催だったが、レースの相性も悪くない。

     デビューからコンビを組む良血レアリスタも、競馬を教えながらの2連勝。初戦はゲートがひと息で出していったものの、2戦目はポンと好発を切った。

     「2回目はスタートが速くて、そこで抑えた。今回はちょうど良くなるんじゃないかな。1回使って動ける体になっていたし、いい勝ち方ができたよ。コーナー4つの芝1800メートルだけど、上手に走ってくれると思う。なかなか学習能力の高い馬。良くなるのは来年以降だろうけど、馬がいいから走るんだと思う」

     もちろん、かかっている記録は知っているが、その前に馬の未来のために勝ちたい思いが強い。「今年のメンバーはなかなかそろっているけど楽しみ」。秋を見据えた一戦。その中で記録にも挑む。【平本果那】

     ◆福永騎手の重賞勝利 ここまでJRA9場で110勝。11年8月21日の札幌記念をトーセンジョーダンで制し、全10場制覇に王手をかけた。以後の福島での重賞騎乗は、13年福島牝馬Sのアロマティコで4着。過去の福島での重賞は、勝ち鞍こそないが3、6、4着と惜しい競馬が続いている。



    やっぱり・・・祐一に期待したいっすね
    前走も難しいところを見せたけど

    ここでも充分やれるはず
    天下の堀厩舎

    本命
    レアリスタ



    ラジオNIKKEI賞予想
    http://keibauma.com/yosou-rajio1.html




    ギャロップジャッパンの予想が熱い


    競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
    まだ無料会員になっていないならチェック必至

    vikus
















    見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!


    このページのトップヘ