競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    七夕賞予想

    七夕賞予想|2016年|予想結論

     「七夕賞・G3」(10日、福島)

     「重賞を勝てますように」。七夕の7日、デビュー6年目の藤懸に、短冊に書き込む言葉を聞くとそう返ってきた。コンビを組むヤマニンボワラクテはまさしく最高のパートナー。これまで全5勝を自らの手綱で挙げており、重賞でもAJCC5着、中日新聞杯4着と、あと一歩のところまで迫っている。

     普段にも増して、今回は重賞初Vに気合が入る。天皇賞・春こそ騎乗停止処分で乗ることができなかったが、馬主の計らいで再び鞍上に指名されたのだ。「オーナーの方が“藤懸で重賞を勝ちたい”とおっしゃっているそうですし、頑張りたいですね。ボワラクテはフランス語で“天の川”という意味なんですよ。勝ってドラマにしたい」。自らの手で、短冊の願いをかなえてみせる。



    七夕賞の注目サイト
    競馬ファンならチェック必至
    すごい競馬の無料コンテンツが激アツwwww
    まずは無料会員でお得な予想をゲットしようw

    button3-3-u




    【七夕賞予想|2016年|予想結論】の続きを読む

    5
    七夕賞予想|2016年|大注目馬、ヤマニンボワラクテ

     福島2週目の日曜メインは七夕賞(10日、GIII、芝2000メートル)。サマー2000シリーズの開幕戦で、初戦を勝てばシリーズ制覇への道が大きく開けるだけに注目の一戦だ。また、梅雨時のハンデ戦ということで、しばしば大波乱が起きてきた名物重賞でもある。過去10年で単勝7番人気が2勝、11番人気と14番人気も各1勝。人気薄の大駆けには注意を払っておきたい。

     2走前、春の福島開催で今回と同舞台の福島民報杯を3馬身差で快勝したシャイニープリンス(美浦・栗田博憲厩舎、牡6歳)に注目だ。以前よりも距離に融通が利くようになり、6歳にして完全にひと皮むけた印象。同じハンデ戦だった前走の新潟大賞典(3着)と同じ56.5キロなら問題なく、重賞初制覇のチャンスだ。福島民報杯で騎乗した北村友一騎手も滞在中の函館から駆けつけて乗る。陣営の勝負気配が漂う起用だ。

     トップハンデ58キロの古豪ダコール(栗東・中竹和也厩舎、牡8歳)は、どのコースにも対応できる懐の深い馬。小回りの福島でも【0・1・1・2】で、着外の2回も4、5着と好走している。58キロでは未勝利だが、同じハンデ戦だった2走前の小倉大賞典でアタマ差の2着があるので不安なし。最近はGI以外では大崩れしておらず、今回も上位争いが期待できる。

     そのダコールを小倉大賞典で破ったのがアルバートドック(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)。その後は中日新聞杯18着、マイラーズC5着、エプソムC7着と振るわないが、差し脚がはまると怖い存在だ。ハンデは57キロと楽ではないが、先週までにJRA99勝とリーディングを快走する戸崎圭太騎手との新コンビで2度目の重賞Vを狙う。

     ヤマニンボワラクテ(栗東・松永幹夫厩舎、セン5歳)は前走の天皇賞・春で17着と大敗した。相手が強すぎたことや一気の距離延長がこたえた印象だが、福島芝コースは【2・1・1・0】と得意にしている。前走は騎乗停止で乗れなかった主戦・藤懸貴志騎手とのコンビに戻り、ハンデ55キロなら要注意だ。

     過去の優勝馬が2頭出走予定。2013年の覇者マイネルラクリマ(美浦・上原博之厩舎、牡8歳)=57.5キロ=は1年4カ月の休養明けを3戦し、10、10、16着と不振だが、【2・1・1・0】と得意の福島なら巻き返しがあっても不思議はない。14年の優勝馬メイショウナルト(栗東・本田優厩舎、セン8歳)=56キロ=も近況は低迷しているが、夏になると調子を上げてくるタイプ。マイペースで逃げたときは侮れない。

     芝2000メートル戦を連勝してオープン入りした充実一途のルミナスウォリアー(美浦・和田正一郎厩舎、牡5歳)=55キロ=が注目の新星だ。体質の弱さがなくなって本格化ムード。もともと堅実だったが、ここ2戦の勝ちっぷりにはそれまでの詰めの甘さが全く感じられなかった。福島コースは初めてだが、【3・4・1・1】と抜群のコンビ実績を残す柴山雄一騎手の手綱さばきに期待がかかる。

     14年のサマー2000シリーズ王者でこの季節に強いマーティンボロ(栗東・友道康夫厩舎、牡7歳)=57キロ、昨年のGII・AJCC勝ちの実績馬で休み明けを2度叩いたクリールカイザー(美浦・相沢郁厩舎、牡7歳)=57キロ、重賞2着が4度あるマジェスティハーツ(栗東・松永昌博厩舎、牡6歳)=56キロ、2走前のメイSで芝適性を感じさせた後も好調が続くオリオンザジャパン(美浦・小西一男厩舎、セン6歳)=53キロ=なども上位争いに加わってきそうな顔触れ。過去4年の3連単配当が59万1030円、31万70円、12万1740円、100万6440円と波乱続きだけに、アッと驚く伏兵の激走にも警戒が必要だろう。

    ヤマニンボワラクテー福島で期待、道悪もOK 

     
     天皇賞・春で17着のヤマニンボワラクテは“大好き”な福島で重賞初制覇を狙う。担当の寺田助手は「前走後は放牧先でササ針をしてもらい、いいリフレッシュになった。カイ食いもいいし状態は安定している」と報告する。

     当地は【2・1・1・0】と全て馬券圏内を確保。「大きい馬だけど、いいポジションにつけられるし不器用じゃないから。道悪も気にしないタイプだし他が苦にするなら有利ですね」と力を込めた。

     


    ヤマニンボワラクテー「前走に比べれば相手関係も一気に楽になる」

    【七夕賞(日曜=10日、福島芝2000メートル)注目馬最新情報:栗東】ヤマニンボワラクテの1週前追い切りは坂路で一杯に追われて4ハロン54・2―39・1―12・2秒。きびきびとして活気があり、追い出されての反応もシャープ。

     寺田助手「前走(天皇賞・春=17着)後は針をして放牧へ。こちらが心配するほど馬に疲れは残っていない様子です。福島は相性がいいし、前走に比べれば相手関係も一気に楽になる。ここは期待したい」




    競馬ファンなら知っているかな…
    すごい競馬

    ここの予想の激アツ
    今週もプロキオンSの予想をゲットできますw

    無料予想で重賞予想が激アツwwww
    誰でも・無料・フリーメールアドレス(ヤフー・グーグル可能)ですので
    見逃し厳禁。

    今週も見逃し厳禁・・・・・・・・

    button3-3-u




    【七夕賞予想|2016年|大注目馬、ヤマニンボワラクテ】の続きを読む

    七夕賞予想|夏は夏男・・・

    競馬ブログはここをチェック


    七夕賞予想|夏は夏男・・・

     サマー2000シリーズ開幕戦の第51回七夕賞(12日、福島)で、福島県出身の田辺裕信騎手(31)が同レース連覇を狙う。今年のパートナーであるフラアンジェリコは昨秋の福島記念2着馬のコース巧者。昨年はこのレースの勝利からサマージョッキーズシリーズを制した“夏男”が、地元で今年も暴れるか。

     競馬場のある福島市から南に20キロ、田辺は阿武隈川が流れる自然豊かな二本松市の出身。「小さいころ、競馬好きの父によく連れていってもらった」と言う福島競馬場で9度目の重賞挑戦となった昨年の七夕賞。初タッグを組んだ5番人気のメイショウナルトを絶妙のペースで逃げ切りVへ導いた。「騎手になってから友達とは音信不通(笑い)。地元に特別な意識はないっすよ」と自然体だが、「重賞を勝つ機会はそうないのでうれしいこと」と少年のような笑顔を見せて振り返った。

     あれから1年。新たに重賞5勝を積み重ね、G1の常連にもなった31歳が、14年福島記念2着のコース巧者フラアンジェリコで七夕賞連覇に挑む。「ダートも走っていたくらいで、本質的に洋芝コースとかのほうが合うかな。時計がかかってほしいね」と冷静だが、1年4か月ぶりの騎乗へ8日の最終追い切りで感触をチェック。「乗り難しさを含めて何度も乗って分かっているつもり。もしかしたら2000メートルがベストかも。前で引っ張る馬がいるのはやりやすいはず」と過去6度騎乗(《1》〈7〉〈2〉〈6〉〈2〉〈4〉着)した経験値に自信をのぞかせる。

     昨年はこのレースの勝利で勢いに乗り、小倉記念3着、関屋記念1着、京成杯オータムH1着でサマージョッキーズシリーズ王者に。憧れだったワールドSJS出場も果たした。「連覇じゃなくても勝つのはいつでも気持ちいい」。勝利への飽くなき欲求を内に秘める福島の“彦星”が今年も地元で一発を狙う。(川上 大志)


    夏は田辺・・・
    田辺から買います

    本命
    フラアンジェリコ


    七夕賞予想
    http://keibauma.com/yosou-tanabata2.html


    ギャロップジャッパンの予想が熱い


    競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
    まだ無料会員になっていないならチェック必至

    vikus
















    見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!


    5
    七夕賞予想|トウケイヘイローが熱い

    競馬ブログはここをチェック


    七夕賞予想

     福島では12日、みちのく名物のハンデGIII「第51回七夕賞」(芝2000メートル)が行われる。サマー2000シリーズ開幕戦で完全復活を狙うのがアルフレード=写真(左奥)。かつてのGI朝日杯FS馬が前2走で勢いを上げ、久々のVが見えてきた。

     11年の暮れ、無傷3連勝で朝日杯FSを制したゴールドシップ世代の2歳王者が、6歳となった今年、ようやく復調の兆しを見せている。

     アルフレードは2走前の東京新聞杯は後方でじっくり脚をためると、直線外から豪快に追い上げ、ヴァンセンヌのクビ差2着。続く新潟大賞典は初の2000メートル戦だったが、外回りの長い直線でメンバー最速の3F32秒7の末脚を繰り出し、ダコールから0秒2差の3着に食い込んだ。

     「だいぶ良かったころの雰囲気に戻ってきたね」と、屈腱炎から立ち直り、本来の力を取り戻しつつある近況に手塚調教師も納得の表情だ。

     前走後は短期放牧を挟み、乗り込みは順調そのもの。6月24日に美浦Wコースで5F67秒2、7月1日に同69秒2と力強い動きを見せ、「放牧先(ノーザンファーム天栄)でもうまいことケアしてくれたし、戻ってからの雰囲気もいい感じ」と目を細める。

     新潟大賞典から2戦連続の2000メートル戦。復活を飾れば、サマー王者の夢も近づくだろう。初の小回り福島への参戦でも、「展開ひとつでこなせると思う。前が速くなってくれれば、だね」と自信をチラリ。新たなるVロードが始まるか。(夕刊フジ)


    トウケイヘイロー
    父ーゴールドヘイロー
    母父ーミルジョージ

    touka1


















    七夕賞・・・逃げる馬だから

    大注目…
    1回叩いて勝負になるのでは
    登録馬で1番勝っている8勝


    七夕賞予想
    http://keibauma.com/yosou-tanabata2.html




    ギャロップジャッパンの予想が熱い


    競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
    まだ無料会員になっていないならチェック必至

    vikus
















    見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!


    5

    七夕賞予想|結論、確実に一発狙います!!

    7月の注目重賞七夕賞
    枠連7−7を買うなら馬連13−14で買え!!


    【広告】ここはチェック必至!!
    スマートウィン競馬情報会社
     
    ↑↑
    重賞の無料予想(地方競馬もあります)
    指定サイトから無料会員になることをお勧めします


    七夕賞…!!
    難解なレースであるのは間違いないだろうけど
    そう言えば…昨年40何年ぶりに
    福島記念を連覇した

    ダイワファルコン

    それと同じ厩舎でマイネラクリマ
    宝塚記念を回避して、七夕賞連覇の期待!!

    七夕賞予想【2014年】


    プロ予想でお宝をゲットしましょう!!
    ええええ…まだまだ無料会員になっていないんですか?
    指定サイトから無料会員になることをお勧めします!!
    (衝撃だったマーメイドS推奨理由だけでもチェックせよ)

    指定ページからクリックして頂けるとページに行けます

    競馬サードステージ



    実際に公開された予想!!!
    マーメイドステークスでコスモバルバラ買えなかった人は
    ↑↑
    まずは無料会員になっていろいろとチェックしましょう!!





    このページのトップヘ