競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    小倉記念予想

    5

    ◆小倉記念追い切り(3日・栗東トレセン)

     サマー2000シリーズ第3戦の小倉記念(7日)に出走する8歳馬ダコールの動きを、吉村達記者が分析した。

     派手さはなかったが、前走(七夕賞2着)を上回る気配を感じた。ダコールは開門40分後の栗東・坂路で単走追い。手綱を執った河嶋助手との呼吸はぴったりで、小気味のいい脚どりで馬なりのままゴールを駆け抜けた。

     53秒3―12秒8。中竹調教師は「バネの利いた走りで、しっかり動けていた。(余裕がある)この時計でも、上がってからフワッとする面がなかったのは、なかなかないこと」と強調。鞍上の指示に応え、気を抜くことなく走り切った内容を評価した。

     前走の七夕賞の最終追い切りは、2か月ぶりと間隔が空いていたこともあり「一杯」との指示。50秒3―13秒0の一番時計となった。それまで坂路で時計の出るタイプではなかっただけに、騎乗した小牧は「速すぎたかな」と困惑気味だったが、レースでは半馬身差の2着と好走。自己ベストの猛時計で、心身両面に「活」が入った印象を受けた。

     「レース後の2週間ほど楽をさせてから、予定通りの調教が積めた」と河嶋助手。今回は点ではなく、はっきりと線で仕上げられており、さらなる上積みを期待できる。

     背負い慣れた58キロで、得意の舞台。以前は天候に泣かされ続けた時期があったが「最近は晴れ男だから」と中竹師は笑う。その言葉通り、今週末の小倉地方は3日時点で傘マークなし。能力を全開できる良馬場なら、勝ち負けは必至とみている。(吉村 達)

    【小倉記念予想|2016年|おじさんパワーで狙う】の続きを読む

    小倉記念予想|2016年|ダゴール&小牧に注目

    ◆第52回小倉記念・G3(7日・芝2000メートル、小倉競馬場)

     サマー2000シリーズ第3戦、第52回小倉記念・G3(7日)は“熟年コンビ”が主役を務める。シリーズ初戦の七夕賞2着の雪辱を期す8歳馬のダコールとタッグを組むのは、48歳のベテラン、小牧太騎手。真夏の暑さに負けない熱い走りを誓う人馬から目が離せない。

     もどかしい思いが募っている。前走の七夕賞。小牧はダコールを直線で必死に追ったが、前を行くアルバートドックとの差がなかなか詰まらず、半馬身差の2着だった。

     「力のあるところは見せてくれているんだけどね。スムーズに外へ出すと、ハミを取らなかった。良くも悪くも、相手なりのタイプだから」

     ダコールと初めてタッグを組んだのは昨年5月の新潟大賞典。それまでキャリア36戦で2着10回、3着8回と“善戦マン”だった7歳馬を中団からの差しで重賞初制覇へ導いた。今年は重賞4戦のいずれもハンデ戦で58キロを背負いながら〈4〉〈2〉〈4〉〈2〉着。非常に手が合う鞍上は、小倉記念への課題を挙げる。

     「この馬はちょっと直線で行き場がなくなるような感じで詰まって、ラスト100メートルぐらいで前が開くという形が理想。今回は4つのコーナーで(馬群が)ばらけやすいので、その点がどうかやろうね」

     来月7日で49歳になる。平地を中心に騎乗する関西の騎手としては最年長だが、普段からダートコースを走って体力維持に努めている。減量にも対応して、今年は4年ぶりに52キロで騎乗した。例年、夏場は暑い中京、小倉が主戦場。小倉記念は兵庫所属時代の2001年にロサードで勝ったが、04年の中央入り後は未勝利だ。

     「自分の小倉記念というより、ダコールに早く勝たせてあげたい。8歳という年齢を感じさせないぐらい頑張っているし、ジョッキーの手綱さばきにかかっている馬。何とかしたい」

     悔しい思いはもういらない。2つ目のタイトルを手に、夏の中距離王者へ。小牧は熟年コンビで挑む大勝負に燃えている。

     一方、衰え知らずの8歳馬ダコールは前走後も、夏の栗東で元気いっぱいに調整を続けている。中竹調教師は「年齢を重ねてもずぶくなったとかはないし、前走後も変わりなく順調にきている」と状態面に胸を張る。

     今年は4走全てハンデ戦に出走。いずれも最重量58キロを背負っての戦いだったが、「斤量は気にしてない。馬場さえ良ければ大丈夫」とトレーナーが話すように、常に人気以上の結果を出してきた。

     そんなキャリア43戦のベテランが、唯一の重賞Vを飾った新潟と並んで得意にするのが小倉だ。「路盤の硬いコースが合っている。以前から競馬に行って、ソラを使うところがあるけど、小牧ジョッキーはよく分かってくれているし、もうひと押し」と中竹師。2つ目のタイトルをゲットして、シリーズ優勝へ大きく前進するか。



    ここは注目、
    激アツwwwww


    まずは無料会員でお試しですよね
    情熱競馬

    こちらの予想が激アツ

    ▼「一週間を前向きに生きるチカラを」明日に繋がる情報提供!
    競走馬、調教、厩舎、馬主、騎手、血統etc…
    競馬はありとあらゆる要素が複雑に絡み合う物。
    そしてその全てに「プロ」と呼ばれる人物が必ずいます。
    我々情熱競馬は第一線で活躍する「プロ」にスポットを当て、その人の持つ最大の実力を情報として提供。
    情熱競馬の大切な3つの価値観
    ・当たり前な事に、当たり前ではない情熱を持って取り組もう
    ・お客様よりも、お客様の事を情熱的に考えよう
    ・逃げもかくれもせず、正面から情熱を持って伝えよう


    button3-3-u




    【小倉記念予想|2016年|ダゴール&小牧に注目】の続きを読む

    5
    【小倉記念予想結論】一発穴から買います!!

    競馬ブログはここをチェック


    小倉記念

    【小倉記念】一タガノグランパ

     「小倉記念・G3」(9日、小倉)

     目下、売り出し中のルーキー鮫島克駿騎手(18)=栗東・浅見=が昨年のダービー、菊花賞4着馬タガノグランパとのコンビで参戦。重賞初騎乗となる。1週前追い切りで好感触を得ており、重賞ジャックへ意欲を示した。

     6月13日の阪神未勝利戦Vを皮切りに、現在8週連続勝利を挙げている。好調・鮫島駿がタガノグランパとのタッグで重賞初挑戦に臨む。「チャンスを与えてもらえたので、結果を出したい」。今年3月にデビューし、既に13勝をマークしているルーキーは意欲満々だ。

     4歳のときに刻まれた記憶がある。父は“キングシャーク”こと佐賀競馬のトップジョッキー鮫島克也。01年のWSJSで父が優勝するシーンを生で見届けた克駿は、当時を「鮮明に覚えていますよ」と振り返る。「父が乗った芦毛のマルブツグローバルが、内を突いて逆転優勝を決めたんです。あれを見て、すごく格好いいなと」。兄の良太もJRA騎手。競馬の道を志すのは自然なことだった。

     コンビを組むタガノグランパとは1週前追い切りで初コンタクト。「パワフルな走り。さすがクラシックでも実績を残した馬ですね。ためれば伸びそうな感じだし、いい位置で折り合いをつけたい」と騎乗イメージを膨らませていた。

     グランパを管理する松田博師もエールを送る。「アイツは競馬で辛抱が利く。そこがいいところ。あとは、変に気負い過ぎないことやな。普段通りに乗ればええ」。幼いころに見た原風景を胸に、18歳の若武者は小倉伝統の一戦を迎える。


    タガノグランパ
    父ーキングカメハメハ、母父ースペシャルウィーク

    やっぱり…
    松田資厩舎に期待

    気づけば、日本ダービー4着・セントライト記念3着
    これだけ実績があれば十分かな



    小倉記念予想
    http://keibauma.com/yosou-kokurakinenn2.html



    競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
    まだ無料会員になっていないならチェック必至

    vikus
















    見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!




    5
    【小倉記念予想】メイショウナルトの可能性

    競馬ブログはここをチェック


    小倉記念

    【小倉記念】一昨年覇者メイショウナルト

     サマー2000シリーズ第3戦・小倉記念の追い切りが6日、小倉競馬場と栗東トレセンで行われた。小倉では、一昨年の覇者メイショウナルトがダートコースで鋭い伸びを披露。昨年(3着)より1週早く当地入りした効果は抜群だ。全6勝中、4勝を7、8月に挙げており、2年ぶりVへ態勢は万全。格上挑戦となる関東馬マローブルーもダートコースを軽快に駆け抜けた。

     盛夏の小倉競馬場にメイショウナルトが蹄音を響かせる。朝日を浴びながら軽快に砂を蹴り上げて好調をアピールした。

     「目いっぱいじゃなくて、この馬なりの調整だったけど、感じは良かった。何も言うことはないよ」。調整役の水元助手が目を細めた。

     午前7時前にダートコースへ。大外をスムーズに回り、楽な手応えで直線に向いた。手綱を持ったままラスト1ハロン11秒7(5ハロン69秒9)をマーク。気持ち良さそうに真っすぐ駆け抜けた。

     武田調教師は「いつも動く馬だからね。変わらなく動いているのがいいんじゃない」と笑みを浮かべる。勝ち星は1年以上ないが、前走の七夕賞で4着と復調気配。「4コーナーでかぶせられても伸びていたし、やる気は見せていた」と語る。

     小倉記念は3年連続の参戦で、2013年に優勝し、昨年は3着。一昨年は栗東で追い切っての輸送だったが、今年は7月26日に小倉入り。昨年より1週早めた。トレーーナーは「暑いので何かあったら1週間じゃ対応できないし、昨年より早めに入れた」と説明。「小倉は海に近くて風があるせいか、朝晩は栗東とは違って過ごしやすい。落ち着いているし、カイバも食べている」と滞在効果を口にした。

     来年2月いっぱいで70歳の定年となる武田調教師にとって、小倉は騎手時代から毎年、足を運んできた思い出の地。「夏の小倉はこれで最後やし、勝ちたいね。結果は分からないけど、夏は走るし、ハンデ(57キロ)も去年より(0・5キロ)軽い。ハナにこだわりはないけど、あとは秋山(騎手)がどうにかしてくれるやろう」。メイショウナルトが猛暑に負けず、ひと暴れする。 (渡部陽之助)



    メイショウナルト
    父ーハーツクライ、カーネギー


    小倉芝2000mの適正

    小倉記念
    2013年
    3番人気1着 53キロ

    2014年
    2番人気3着 57.5キロ


    2015年
    57キロ


    小倉記念予想
    http://keibauma.com/yosou-kokurakinenn2.html



    競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
    まだ無料会員になっていないならチェック必至

    vikus
















    見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!




    このページのトップヘ