競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    キーンランドカップ

    5
    キーンランドカップ予想結論|北海道では
     

     サマースプリントシリーズ第5戦、キーンランドカップ(28日、札幌、GIII、芝1200メートル)に出走するシュウジの追い切りが23日、函館競馬場で行われた。24日に札幌競馬場への移動を義務づけられており、負担を減らすために異例の火曜追い。それでもWコースでの併せ馬でパワフルな走りを見せて僚馬に5馬身半先着。調教評価で最高の『S』を獲得した。

     鹿毛の馬体をぬらす小雨も、力を要する不良馬場も、ものともしなかった。函館スプリントSで2着だったシュウジが、活気あふれる走りで絶好調をアピールだ。

     「この馬場でこの時計(ラスト1ハロン12秒1)はすごいよな。今回はメイチに仕上げて、勝ちにいく調整をしている。いい追い切りができた」

     動きを見届けた須貝調教師は、満面の笑みで好仕上がりを伝えた。

     現在、函館競馬場に滞在し、今週末と来週の札幌競馬に出走する馬は24日、函館から札幌に移動しなければならないルールがある。追い切り直後の長距離輸送を避けるため、全休日明けの火曜追いを敢行した。

     心配された台風9号の大きな影響はなく、アドマイヤゴッド(1000万下)を2馬身追ってスタート。3コーナーで内から馬体を併せ、4コーナーでは前に出た。直線ではムチ2発に呼応して加速し、ラスト1ハロンを12秒1でフィニッシュ。パートナーを5馬身半突き放した。

     調整役の北村助手は「すごい手応えだったけど、力まず我慢がきいていて、直線も真っすぐ走れている。すごくいい状態」と証言した。

     2歳時の昨年、3連勝で小倉2歳Sを制した実力馬。2月いっぱいで引退した橋口弘次郎厩舎から転厩後は、ファルコンS、NHKマイルCでともに12着と低迷したが、前走の函館SSでハナ差2着。久しぶりの6ハロン戦で短距離適性の高さを示した。

     須貝調教師は「転厩後は人も馬も戸惑っていたけど、今はうちのやり方に合ってきた。また違ったシュウジを見せられると思うよ」と結んだ。

     スプリンター路線を歩む覚悟を決めたシュウジが、北の大地で2つ目のタイトルを獲ってみせる。(川端亮平)

     

     

    毎日無料予想で儲けさせてもらっています
    すごい競馬の予想が注目

    kinranndo










    すごい競馬の予想に注目していますwwwww


    【キーンランドカップ予想|2016年|北海道では】の続きを読む

    5
    【キーランドカップ予想】横山典弘に頑張ってもらいましょう!!

    競馬ブログはここをチェック




    オメガヴェンデッタのニュース


    ◆キーンランドC追い切り(26日)

     無数の「?マーク」が頭に浮かんだ。キーンランドCに向け、安田厩舎2頭出しとなるオメガヴェンデッタとレッドオーヴァルの最終調整。札幌競馬場の芝コースでの併せ馬だったが、前者の手綱を執ったのは、本番で後者に騎乗予定の岩田だった。

     2馬身追走し、直線で馬体を並べ、5ハロン66秒9―11秒6で併入フィニッシュ。動きは申し分なかったが、岩田が騎乗した理由が気になった。もしや、本番でライバルとなる馬の状態確認だったのか?

     レッドオーヴァルに騎乗した安田助手に疑問をぶつけると、予想外の答えが返ってきた。「走りたい気持ちを抑え込み、レースで爆発させられるような調整にしたかった。岩田さんがロードカナロアに乗っていた時にやっていたのと同じ状況ですね」。G16勝の名馬を引き合いに出し、主戦だった岩田に英才教育を施してもらったのだ。

     実際、岩田は「爆発力がありそう。賢く、オンとオフもしっかりしている。カナロアみたい」と最大級の賛辞を送った。母ビハインドザマスクは重賞3勝馬で、自身も重賞初挑戦の前々走でいきなり3着。厩舎の期待が伝わってくる最終追い切りだった。(西山 智昭)


    岩田の調教が激アツ

    ◆キーンランドC追い切り(26日)

     無数の「?マーク」が頭に浮かんだ。キーンランドCに向け、安田厩舎2頭出しとなるオメガヴェンデッタとレッドオーヴァルの最終調整。札幌競馬場の芝コースでの併せ馬だったが、前者の手綱を執ったのは、本番で後者に騎乗予定の岩田だった。

     2馬身追走し、直線で馬体を並べ、5ハロン66秒9―11秒6で併入フィニッシュ。動きは申し分なかったが、岩田が騎乗した理由が気になった。もしや、本番でライバルとなる馬の状態確認だったのか?

     レッドオーヴァルに騎乗した安田助手に疑問をぶつけると、予想外の答えが返ってきた。「走りたい気持ちを抑え込み、レースで爆発させられるような調整にしたかった。岩田さんがロードカナロアに乗っていた時にやっていたのと同じ状況ですね」。G16勝の名馬を引き合いに出し、主戦だった岩田に英才教育を施してもらったのだ。

     実際、岩田は「爆発力がありそう。賢く、オンとオフもしっかりしている。カナロアみたい」と最大級の賛辞を送った。母ビハインドザマスクは重賞3勝馬で、自身も重賞初挑戦の前々走でいきなり3着。厩舎の期待が伝わってくる最終追い切りだった。(西山 智昭)


    横山典弘騎手

    札幌芝1200m
    7−2−4−12/25(28%−52%)
    やっぱりこれだけ良いと買いたい



    本命
    オメガヴェンデッタ


    キーランドカップ予想
    http://keibauma.com/yosou-kinrando1.html


    競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
    まだ無料会員になっていないならチェック必至

    vikus
















    見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!




    5
    【キーンランドC予想】ウキヨノカゼが注目!!

    競馬ブログはここをチェック




    ウキヨノカゼのニュース


    札幌日曜メーンはサマースプリントシリーズ第5戦のキーンランドC(G3、芝1200メートル、30日)が行われる。  オープンに再昇級してきたウキヨノカゼ(牝5、菊沢)が、上昇カーブを描いている。前走、TVh杯(1600万)はその後、UHB賞(オープン)をレコード勝ちしたエポワスを破ってのもので価値がある。中間は函館で調整。菊沢師は「放牧を挟んで順調にきている。現状では1200メートルが合う。相手は強くなるが頑張ってほしい」と13年クイーンC勝ち馬に期待を寄せていた。


     【キーンランドC(日曜=30日、札幌芝1200メートル)注目馬最新情報:函館】
    ウキヨノカゼの1週前追い切りは前の他厩舎の馬を追いかける形でウッド5ハロン66・3―37・9―12・6秒の好時計。行きっぷり良くスピード感十分。叩き2戦目で気配は上向き。  菊沢調教師「放牧を挟んだけど、余裕を持って調整しているので仕上がりはいいよ。グッとハミをかんで走る面があるので現状では千二の流れが合っている。あとは環境の変化(函館→札幌)にうまく対応してくれれば」



    ウキヨノカゼ
    父ーオンファイア、母父ーフサイチコンコルド

    2013年ークイーンC


    2015年ーTVh杯


    この2勝は熱いですね・・・。

    札幌競馬場芝1200m

    1) 種牡馬−オンファイア
    0−0−0−3/3(0%−0%)

    2) 騎手−四位洋文
    3−2−1−22/28(10%−21%)


    切れ味が良い牝馬に注目しています…!!
    外差しが熱い

    キーンランドC予想
    http://keibauma.com/yosou-kinrando1.html




    競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
    まだ無料会員になっていないならチェック必至

    vikus
















    見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!




    このページのトップヘ