競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    京都大賞典予想

    5
    サウンズオブアース|京都大賞典2016年予想|デムーロとこの厩舎

    競馬は情熱・・・情熱競馬が熱い

    【京都大賞典(月曜=10日、京都芝外2400メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)注目馬6日最終追い切り:栗東】サウンズオブアースはM・デムーロを背に、ウッドでエジステンツァ(2歳未勝利)を追走。前半は離され気味も、人馬ともに慌てず、ゆったりとしたペースでラップを刻んでいく。3コーナー手前からジワジワと加速すると、直線入り口では射程圏に。ラスト1ハロン手前で軽く仕掛けられると低い重心で加速。うなるような勢いで標的をかわし去った(6ハロン81・9―37・5―12・4秒)。

     藤岡調教師「これだけ落ち着いて走れたこともなかったんじゃないかな。いい追い切りができた」



    サウンズオブアースって調べると重賞勝利していないんだよねw
    しかも…先週やらかしたあの厩舎なんだ

    ただ、騎手が祐一からデムーロへVERUP
    だから無視できないですけど


    昨年2着というバイアスもあるので
    買うって選択肢が正しいなwwwww


    京都大賞典予想
    http://keibauma.com/yosou-kyotoda2.html



    万馬券を無料情報でゲットしましょう
    勝馬伝説の予想が熱い
    だから無料情報からしっかり馬券をゲットしましょう
    kachium


















    5
    【京都大賞典予想】予想結論

    競馬ブログはここをチェック



    ラブリーデイ態勢万全、秋G1へ始動/京都大賞典

    <京都大賞典:追い切り>

     天皇賞・秋の前哨戦、京都大賞典(G2、芝2400メートル、12日=京都、1着馬に優先出走権)へ、宝塚記念を制したラブリーデイ(牡5、池江)が8日、栗東Cウッドで追い切った。豪快に先着し、態勢は整った。

     ラブリーデイは軽やかにCウッドを駆け抜けた。最後に気合をつけられると、併せたプリンスダム(古馬1000万)を2馬身半突き放し、6ハロン86秒5−11秒9をマーク。池江師は「態勢は整った。硬い馬場がいいので開幕週の京都の馬場はいい。距離は若干長いけど、そこは馬場が軽い分、もつんじゃないかなと思っている」と期待した。

     天皇賞・秋を目標に、その後はジャパンC、有馬記念を見据える。輸送を考慮し、今回は京都大賞典をステップレースに選んだ。「たたき良化型」と師が話すように、G1・3連戦に向けて、今回が大事な一戦になることは間違いない。

     6月の宝塚記念でG1を初制覇。師は「すべてがかみ合ってきた」とその成長を説明する。以前は口を切ることもあった。「馬が真面目すぎて、とにかく走りたいという感じだった」(山元助手)が、昨秋からフラットワークという前進、後退、停止、数字の「8」を描くように歩く調教方法を取り入れたことで徐々に落ち着きが出た。

     昨秋から今春にかけてひと皮むけたラブリーデイが、さらにもう1歩先へ歩を進める。【辻敦子】

    【【京都大賞典予想】予想結論|デス・レースを勝ったあの馬はどうなるか?】の続きを読む

    このページのトップヘ