競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    競馬重賞予想(G1)

    5
    高松宮記念予想|2017年|予想結論

    【高松宮記念】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000142-dal-horse
    「高松宮記念・G1」(26日、中京)  
    中京競馬場のある愛知県豊明市の26日の天気は曇りのち晴れの予報。
    土曜も天候には恵まれており、良馬場で開催されそうだ。  

    本番と同じ条件で行われた土曜12R岡崎特別(1000万下)は、好発からロスなく運んだオヒアが逃げ切り、2着馬も道中2、3番手を進んだ馬だった。  

    今週からBコースが使用され、芝は内外の差が少ないと考えて良さそうだ。同レースの決着タイムは1分8秒7。昨年ほどの高速馬場ではないが、一線級の短距離馬が集うだけに、1分7秒台の決着となりそうだ。  この馬場なら、セイウンコウセイが狙い目だろう。逃げても先行しても競馬ができるタイプで、積極的に運べば、最後までしっかりと粘れるタイプ。  

    3枠6番なら道中もロスなく運んで、勝負どころまでスタミナを温存できそう。中京コースは初参戦だが、同じ左回りの府中で勝ち鞍があり、全く問題はない。スタートさえ五分に決まれば、持ち味の二枚腰で押し切れる。

    【高松宮記念】展開から浮上するのはこの馬だ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000141-dal-horse

    「高松宮記念・G1」(26日、中京)

     スプリントG1としては先行勢が手薄なメンバー構成。実績で劣るトウショウピストが逃げ宣言通りにハナを奪えば、展開利は前にありそうだ。

     当日の空模様が微妙だったが、雨は降らない予報。いずれにしてもBコース変わり+G1を意識した時計の出やすい芝設定なら前&内めが有利。先週も例年以上にインの踏ん張りも目立っていた。舞台設定も先行有利となっている。

     田辺騎手の手綱で、絶妙なさじ加減の先行策が期待できるのがソルヴェイグ。スピード&勢いが魅力のセイウンコウセイも展開面で浮上する。逆に外差しスタイルのレッドファルクス、メラグラーナは割り引きたい。
    【高松宮記念予想|2017年|予想結論】の続きを読む

    スプリングS予想|2017年|予想結論

     「スプリングS・G2」(19日、中山)

     2歳チャンプ・サトノアレスが、今季始動戦に向けて上々の動きを披露した。降雨の影響で1日順延された最終リハだが、その影響を全く感じさせることなく、大きく先行した年長の僚馬2頭に最後は馬体をそろえてフィニッシュ。リフレッシュされた馬体で、さらなる成長ぶりもアピールした。

     促してからの急加速が、世代の頂点を極めた優れた身体能力を印象付けた。

     最終リハは16日の美浦W。直線入り口では先行2頭の2馬身ほど後ろにいたはずのサトノアレスが、あっという間に僚馬の内から首をのぞかせている。手綱を取った上野(レースは戸崎圭)が少し仕掛けただけで一気に放った瞬発力が瞬間移動のような末脚に結びついた。

     調教パートナーも名門・藤沢和厩舎の中堅ランナーだ。向正面で外を7馬身先行して前受けしたダノンゴールド(セン8歳)は平地オープンから障害入り。その後もオープンで2勝のスピードタイプ。その後ろで5馬身先行したシャドウチェイサー(セン5歳)は1月末に準オープンで3着。5F67秒8−38秒4−12秒7のタイムで2頭と併入に持ち込んだ。歴戦の雄を相手に見せたパフォーマンスは、さすが2歳王者だ。

     それでも名伯楽は、やや辛口。「少しモタモタしたけど、馬場が重かったからな。みんな時計がかかっているだろう。その分だな。先週しっかりやっているし、まあ、いいんじゃないか」。一応の合格点は与えたが「可」のレベル。「優」評価を高めに設定しているのも、それだけ持てる素質を見積もっているからだろう。

     クラシックへ向けた始動戦。3カ月の休養期間はスターダムを上っていく若駒をひと回り成長させた。「体は10キロぐらい大きくなっている。良くなっている。コイツはよく食うんだ。食わせないように気をつけている。いい休養だったし、使いだしとしては良くできている」とうなずく。来たるべき春へ、新興勢力の挑戦を堂々と受けて立つ。

    【スプリングS予想|2017年|予想結論】の続きを読む

    フェブラリーS予想|2017年|予想結論

     2月19日(日)、2017年の最初のJRA GI、フェブラリーステークス(東京・ダート1600m)が行なわれる。前哨戦のGIII根岸ステークス(1月29日/東京・ダート1400m)を豪快な追い込みで制したカフジテイク(牡5歳/湯窪幸雄厩舎)あたりが人気を集めそうだが、実力拮抗で混戦が予想される。今回は血統面から見た穴馬をピックアップしてみよう。

    【写真】この馬はフェブラリーSで驚異の末脚を見せるか?

     過去7年でのべ3頭の勝ち馬、2頭の2着馬を送り出し、自身も2003年の勝ち馬でもあるゴールドアリュールの産駒は2頭が登録。2014年、2015年連覇を果たしたコパノリッキー(牡7歳/村山明厩舎)と、明け4歳の新星ゴールドドリーム(牡4歳/平田修厩舎)だ。コパノリッキーはもちろん要注意だが、今回はゴールドドリームのほうに注目したい。

     同じコースで行なわれたGIIIユニコーンS(2016年6月19日/東京・ダート1600m)を勝っており、母モンヴェールはGII関東オークス3着の活躍馬。3代母スタティスティックは種牡馬ジェイドロバリーの全妹で、そのまた祖母スペシャルはサドラーズウェルズやヌレエフなどの世界的種牡馬やエルコンドルパサー(GIジャパンカップ、GIサンクルー大賞典)など、多くの名馬を出した牝系の祖という名門牝系だ。前走のGIチャンピオンズC(2016年12月4日/中京・ダート1800m)はスタートで出遅れてレースの流れに乗れず、デビュー以来初めて3着以内を外したが、今回と同じ東京ダート1600mは3戦してヒヤシンスS(2016年2月21日)、ユニコーンSの2勝とGIII武蔵野S2着(2016年11月12日)の好成績。巻き返しが期待できる。

     アスカノロマン(牡6歳/川村禎彦厩舎)の父アグネスデジタルは2002年のこのレースの勝ち馬。母の父タバスコキャットはGIプリークネスS、GIベルモントSの米2冠馬だ。その父ストームキャットは2005年の勝ち馬メイショウボーラーの母の父で、昨年の勝ち馬モーニンの父系曽祖父。さらに祖母の父デピュティミニスターは2006年の勝ち馬カネヒキリの母の父、2009年の勝ち馬サクセスブロッケンの母の父と、このレースと相性の良い血が揃っている。前走のGII東海S(1月22日/中京・ダート1800m)は8着と敗れたが、昨年もフェブラリーSは3着に入っており、この条件は合う。

     エイシンバッケン(牡5歳/中尾秀正厩舎)の父ヨハネスブルグは BCジュヴェナイルなどを勝って米国と欧州で2歳牡馬チャンピオンに輝いた名馬。その父ヘネシーは2007年の勝ち馬サンライズバッカスの父で、昨年の勝ち馬モーニンの父系祖父でもある。母の父シンボリクリスエスは2009年の勝ち馬サクセスブロッケンの父。この馬もこのレースには相性の良い血が揃っている。

     昨年も注目していたが、10着と敗れたホワイトフーガ(牝5歳/高木登厩舎)。その父クロフネは東京ダート1600mの日本レコードホルダーで、母の父フジキセキは2006年の勝ち馬カネヒキリの父という血統構成だ。牝系は秋華賞馬ヴィブロス、重賞2勝のシュヴァルグランと、昨年の重賞勝ち馬2頭を送り出している勢いあるファミリー。昨年から経験を積んでパワーアップしており、今年は好走を期待したい。

     最後に人気が予想される馬たちも血統面からチェックしておこう。

    【フェブラリーS予想|2017年|予想結論】の続きを読む

    有馬記念予想|2016年ここまでJRAにやられたら素直に従うw

    有馬記念はいつもどおり・・・儲けさせて頂きますwここの無料予想で

     有馬記念公開枠順抽選会が21日、都内ホテルで行われた。

     キタサンブラックがまたも最内1番枠を引いた。過去4戦4勝。今年制した天皇賞・春、ジャパンCも最内枠だった。

    【詳細】有馬枠順抽選ライブ速報

     13番目に壇上に上がった武豊騎手(47)が「ブラックのB」を選択すると、中に書かれていたのは(1)の文字だった。歓声が上がり、会場は盛り上がる一方。それでも武は「まだこれは枠順抽選ですからね」とヒートダウンを促し、最後は「いい枠ですけれど、やっぱり枠よりも1着がほしい。しっかりと頑張りたい」とレースをにらんでいた。

    【有馬記念予想|2016年ここまでJRAにやられたら素直に従うw】の続きを読む

    5
    有馬記念|2016年|不気味なのはこれ【ヤマカツエース】

     ヤマカツエースは中2週とあり大きな負荷はかけられていない。火曜朝は角馬場からCWコースで乗られ、坂路を駆け上がった。厩舎へ戻ってきた馬を実際に見ると毛ヅヤはピカピカ。状態の良さが見てとれた。

     「中間の調整もやる時は結構やってます。それでも疲れることはなく、馬体落ちもない。カイ食いもいいんですよ」。最終追い切りは池添を背に、CWコース単走追いを予定。もう大きな味付けはいらない。

     


    【有馬記念|2016年|不気味なのはこれ【ヤマカツエース】】の続きを読む

    5
    朝日杯FS予想結論|2016年|やっぱりこの馬から

    ここの無料予想は活用しようw

    ◆朝日杯FS追い切り(14日・栗東)

     第68回朝日杯フューチュリティS・G1(18日、阪神)の出走馬18頭が15日、決まった。栗東トレセンでは2戦2勝のレッドアンシェルがCWコースで軽快な動きを見せた。なお、同レースの枠順はきょう16日に決定、馬券は17日から発売される。

     2戦2勝のレッドアンシェルは加藤(レースはシュミノー)を背に、栗東・CWコースを伸びやかなフォームで駆け抜けた。全体は6ハロン85秒3と目立たないが、ラストは軽く仕掛けた程度で鋭く伸び、12秒3をマークした。「思った通りの調教ができた。3コーナーで加速する時の動きがすごくよかったね。今まではピッチ走法だったけど、手脚が十分に伸びて大きなストライドで走れていた」と庄野調教師は目尻を下げた。

     札幌でのデビュー戦(芝1500メートル)は後続に4馬身差をつけるパフォーマンスでデビューV。続くもみじS(京都・芝1400メートル)でもラストで鋭く伸びて抜け出し、連勝を飾った。「ここを目標に順調にこられた。課題は落ち着き。パドックからゲートまでが一番難しい。今日はゆったりと馬場に入れていたし、追い切りまでの状況は前回に比べても今日の方が落ち着いている」

     キャリアは浅いが、底を見せてない点は魅力だ。「トモ(後肢)の甘さを補うだけの体幹の強さがあり、バランスがいいのがこの馬の良さ。それが瞬発力にもつながっている。今まで少頭数だった。馬込み自体は大丈夫だけど、頭数が増えてうまくさばければ」とトレーナーは力を込める。無敗での2歳王者誕生へ視界は良好だ。(持井 麻衣)

    【朝日杯FS予想結論|2016年|やっぱりこの馬から】の続きを読む

    レッドアンシェル|朝日杯FS2016年注目馬

    すごい競馬の予想が→朝日杯FS無料予想

     3日の阪神競馬で落馬負傷した福永祐一騎手(39)が朝日杯FS(G1、芝1600メートル、18日=阪神)で騎乗予定だったレッドアンシェル(牡2、庄野)は、シュミノー騎手とのコンビになる。

     また、有馬記念のシュヴァルグラン(牡5、友道)は福永騎手の回復を待ち、様子を見ていく。

    【レッドアンシェル|朝日杯FS2016年注目馬】の続きを読む

    阪神ジュベナイルフィリーズ予想|2016年結論


    ここの無料予想が熱い・・・勝馬伝説

     11日に阪神競馬場で行われる、第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳・牝・GI・芝1600m・1着賞金6500万円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、怪物フランケルの初年度産駒で無傷の3連勝を狙うソウルスターリング(牝2、美浦・藤沢和雄厩舎、2.7倍)が支持された。

     続いての2番人気はアルテミスSを制したリスグラシュー(牝2、栗東・矢作芳人厩舎、3.6倍)、3番人気は小倉2歳Sを圧勝したレーヌミノル(牝2、栗東・本田優厩舎、7.3倍)となった。

     以下、無傷でデイリー杯2歳Sを制したジューヌエコール(牝2、栗東・安田隆行厩舎、7.9倍)、中京2歳Sを制しているディーパワンサ(牝2、栗東・松下武士厩舎、11.9倍)、新潟2歳Sを勝ったヴゼットジョリー(牝2、栗東・中内田充正厩舎、16.0倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    02 ソウルスターリング 2.7
    18 リスグラシュー 3.6
    04 レーヌミノル 7.3
    11 ジューヌエコール 7.9
    01 ディーパワンサ 11.9
    17 ヴゼットジョリー 16.0
    08 サトノアリシア 42.7
    12 アリンナ 43.4
    09 ジャストザマリン 64.6
    16 シグルーン 70.1
    07 ブラックオニキス 80.5
    06 ショーウェイ 91.2
    10 クインズサリナ 129.9
    13 ゴールドケープ 131.3
    05 ポンポン 134.0
    03 エムオービーナス 158.2
    14 スズカゼ 173.1
    15 フェルトベルク 280.7

     その他、馬連は02-18が5.4倍、馬単は02-18が9.4倍、3連複は02-11-18が9.9倍、3連単は02-18-11が33.2倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

    【阪神ジュベナイルフィリーズ予想|2016年結論】の続きを読む

    チャンピオンズカップ予想|2016年|予想結論


    ここ注目・・・・競馬ファンなら無料会員へ



    ◆脚ため直線勝負〔1〕カフジテイク

     武蔵野S3着馬は、坂路で4ハロン65秒0−15秒4をマーク。前向きさがあり戦闘モードだ。湯窪調教師は「気合が乗っているね。(前走より1ハロン延びる)距離がどうかだが、最内枠だから道中は内で脚をため、直線は外に持ち出して伸びれば」とイメージを頭に描く。

    ◆デキに太鼓判!!〔2〕アウォーディー

     CWコースを2周。脚さばきはキビキビとして、適度に気合も乗って万全の態勢だ。丸内助手は「馬も競馬(が近いこと)を分かっていて、その気になっている。状態は本当にいいですよ」と7連勝でのJRA・GI初Vに期待する。

    ◆軽め調整で気合〔4〕アスカノロマン

     Eコースを軽めの調整。フットワークは力強い。釘田助手は「いつものCWコースでなく、刺激を与えるためにEコースで。今朝は適度に気合が乗って、ロマンもレースが近いのを分かっている感じ」とうなずく。

    ◆鞍上も好感触!〔5〕ロワジャルダン

     何度も長距離輸送を経験しているだけあって堂々としたものだ。川野助手は「涼しい気候になって状態が上がってきた。動きが素軽くなっているし、馬体の張りも良くなった。ジョッキー(横山典騎手)も追い切りでいい感触をつかんでくれたみたいだし、昨年(4着)より力を付けていると思う」と一発を狙う。

    ◆顕著な充実ぶり〔6〕モンドクラッセ

     金曜に中京競馬場入り。レース前日はダートコースを軽く1周スクーリングしてから、キャンターで1周半のメニュー。装鞍所とパドックの下見も行った。「体は少し絞れているかどうかという感じ。予定通りに来ています。具合はだいぶいいし、絶好調です。いつも崩れず堅実に走ってくれるので楽しみ」と末武助手。

    ◆落ち着き好気配〔7〕ラニ

     いつも通りEコースでラスト1ハロン15秒7。大きなストライドで好気配を漂わせた。丸内助手は「最後、少し伸ばした。なめらかでいい感じでしたね。落ち着きもあった。あとは、レースで初めて装着するブリンカーがどちらに出るか。いい方に出れば」と力を込める。

    ◆さらに状態UP〔8〕サウンドトゥルー

     3度目の中京への輸送も問題なくクリアした。前走のJBCクラシック3着後もさらに状態は上がっているようで、「前走よりもう1段階上がっているし、かなり具合はいい。あとは展開が向いてくれれば。中央のGIを勝ちたいね」と中垣助手は仕上がりに自信を見せる。

    ◆1度叩いて万全〔9〕ノンコノユメ

     昨年の2着馬は午前11時ごろ中京競馬場に到着し、落ち着いた脚取りで馬房におさまった。石井厩務員は「馬運車ではおとなしかったし、つけたカイバもほぼ完食してくれた」と順調な輸送だったことを伝える。去勢後、最初のレースだったJBCクラシックは4着だったが、「ひと叩きされて馬体も毛づやも良くなった。昨年はピリピリとしていたが、去勢したことで今年はすごく落ち着いていい雰囲気」と中央のGI取りへ万全の状態だ。

    ◆力を出せる状態〔10〕メイショウスミトモ

     角馬場で体をほぐした後、坂路でのキャンター調教で大一番に備えた。「順調ですよ。馬はいつもと変わりない感じ。相手は強いですけど、力を出せる状態になっています」と南井助手。

    ◆三度目の正直へ〔11〕コパノリッキー

     GI8勝の実績はナンバーワン。悲願のチャンピオンズC制覇を目指して3年連続の挑戦だ。レース前日は引き運動を行った。「ジョッキー(ルメール騎手)に指示は出しません。いい枠が当たったし、ポジションにこだわらずスムーズに相手を見ながらいければ。何とかこのタイトルを取りたいね」と村山調教師。過去2年は12着、7着に終わっており、3度目の正直を狙う。

    ◆史上最高の馬体〔12〕ゴールドドリーム

     坂路を4ハロン65秒4で登坂。ブレのない動きで、真っすぐに急勾配を駆け上がった。「ゴールドドリーム史上、一番の体の柔らかみだね。しっかりとハミを取っていたし、パワフルさもあったよ」と堀部助手は気配の良さに笑みを浮かべた。

    ◆馬体引き締まる〔15〕モーニン

     坂路をパワフルな走りで登坂(4ハロン66秒6)。引き締まった馬体から状態の良さは一目瞭然で落ち着きも十分だ。「デキは抜群ですよ。ムダ肉のない体になっています。うまく外枠も当たりました。あとはリズムよく運べるかだけです」と担当の濱名助手は胸を張った。

    【チャンピオンズカップ予想|2016年|予想結論】の続きを読む

    ジャパンカップ予想|2016年|予想結論

    ここの無料予想熱い→無料の情報をしっかりGETしましょうw

     「ジャパンカップ・G1」(27日、東京)

     雪で視界が悪い中でも動きの良さは目立っていた。天皇賞・秋7着からの巻き返しを狙うルージュバックは24日、美浦Wで併せ馬。3馬身前を行くダノンバウンド(3歳500万下)を目標にスタート。直線半ばで内からあっさり抜き去ると、2馬身先着を果たした。

     4F52秒5−37秒1−12秒8の時計に、大竹師は「今回はこの秋3戦目。攻め過ぎず、大事にし過ぎずでね」と追い切りの意図を説明。いつもは2頭を先行させてプレッシャーを与える調教をメインとしているが、今回は1頭に減らし、その上で「鋭い反応が見られました」と評価した。

     天皇賞・秋は直線で他馬に進路をふさがれてしまい、不完全燃焼の競馬だった。「力さえ出し切れば、G1タイトルに届くと思う」と強気に前を向く。11年ブエナビスタ、12、13年ジェンティルドンナ、そして昨年のショウナンパンドラと、過去5年で牝馬が4勝と大活躍。今年も牝馬から目が離せない。

    【ジャパンカップ予想|2016年|予想結論】の続きを読む

    このページのトップヘ