競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    競馬重賞予想(G1)

    5
    マイルCS予想2016年|サトノアラジン徹底分析

     遅咲きの血がいよいよ開花。サトノアラジンがGI初制覇へ万全をアピールだ。

     栗東CWコースで1馬身前にいたプリンスダムをピタリとマーク。楽な行きっぷりも、気持ちはピンと張り詰めている。だからだろう。直線でGOサインが出た瞬間、鋭く反応してアッという間に引き離した。力の要る馬場でラスト1F11秒6と豪快に弾け、5馬身先着。「いい動きだった。前走を使って仕上がっていたので、それほど強くはやらなかったけどね」と、池江調教師は余裕の手応えだ。

     5歳の秋、ついに本格化ムードだ。今春の京王杯SCで重賞初V。安田記念4着以来だった前走・スワンSでは最速の上がり3F33秒6で馬群を割り、突き抜けた。

     「トモの踏み込みとか本来のものでなかったのに、あそこまで弾けるとは。すごかったし、ビックリしたね」と池江調教師。「反動どころか、上積みを感じる。跳びが大きくて雨がダメな面はあるけど、天気や枠順はどうしようもない。刀を研いで鞘に収め、川田(騎手)に渡すまでが自分の仕事。いい感じですよ」と、自信満々の状態で大舞台に向かえそうだ。(夕刊フジ)



    サトノアラジン
    父−ディープインパクト
    母−マジックストーム


    重賞勝利
    2016年−京王杯SC・スワンS




    マイルCSはここの予想で万馬券GET
    無料会員が激アツなので注目していますwwww
    凄い。。。。競馬、すごい競馬
    sugoimairucs
















    【マイルCS予想2016年|サトノアラジン|徹底分析】の続きを読む

    エリザベス女王杯予想結論|2016年|一発しっかり狙います

    プロはわかっている・・・・ここの無料予想を見れば馬券的中につながる


    エリ女は格上がいる時はそれをねらえ!!

     ダンスパートナー、メジロドーベル、ダイワスカーレット、スノーフェアリーなど、競馬史に残る名牝が勝ち馬に名を連ねる第41回エリザベス女王杯(11月13日、京都芝外回り2200m、3歳以上牝馬GI)。精鋭15頭による戦いを制するのは、連覇を狙うグランプリホースか、昨年の牝馬二冠馬か、それとも、勢いのある3歳馬か。

     昔から「牝馬は格より調子」と言われている。この格言は、過去の成績にとらわれて高配当を獲り逃さないよう戒めているわけだが、「格上の牝馬が絶好調なら鉄板」と受けとることもできる。

     今のマリアライト(5歳、父ディープインパクト、美浦・久保田貴士厩舎)は、まさにそういう状態に見える。

     昨年このレースを勝ってGI初制覇を遂げたあと、有馬記念は1馬身差の4着。今年は、日経賞3着、目黒記念2着と来て、宝塚記念でドゥラメンテ、キタサンブラックら超一流の牡馬を負かし、グランプリホースとなった。そして、休養明けの前走、オールカマーで5着となり、ここで連覇を狙う。

    堅実派はもちろん武器だが、負けるとしたら。

     オールカマー5着からエリザベス女王杯というローテーションは去年と同じ。去年が5馬身1/4離されての5着だったのに対し、今年は1馬身3/4差の5着だから、順調度では今年のほうが上だ。

     よく「牝馬は難しい」と言われるが、3、2、1着とひとつずつ着順を上げたり、休み明けを叩くと期待どおりに一変したりと、次にどうなりそうか計算できる強みがある。

     ただ、高いレベルで安定していることはもちろん強調材料なのだが、こういう堅実派によくあるように、2度のGI勝ちはどちらも首差だった。勝つときも負けるときもちょっとの差。こういうタイプがやられるとしたら、瞬発力のある馬に一気に来られるときだ。

    一度も崩れていないミッキークイーンも怖い存在。

     マリアライトの連覇を阻む可能性がもっとも高いのは、過去10戦中6戦でラスト3ハロン最速タイムを叩き出しているミッキークイーン(4歳、父ディープインパクト、栗東・池江泰寿厩舎)か。

     この春はマイルで2戦し、ともに2着。池江調教師が話しているように、中距離がベストのこの馬には距離不足だった。それでもキッチリ連対したことを評価すべきだろう。

     予定していた京都大賞典を捻挫のため使えず、5月15日のヴィクトリアマイル以来の休み明けになったことは割り引かなければならない。しかし、使おうと思えば使える程度の故障だったようだし、この厩舎は、オルフェーヴルが走っていたときなどもそうだったのだが、中間で体調不良などが報じられても、使うと決めたからにはきちんと力を出し切れる状態に仕上げてくる。

     このミッキークイーンは、オープン馬の宝庫と言われる池江厩舎に、初めて牝馬GI勝ちのタイトルをもたらした馬だ。調教師やスタッフと「教え、教えられ」の関係でここまで来た、特別な存在と言える。

     道中他馬にぶつけられるなどスムーズさを欠いて8着となったジャパンカップ以外は連対を外したことがない。そのジャパンカップだってコンマ3秒差だから、これまで一度も崩れていないわけだ。ここでも当然主役候補と見るべきだろう。



    競馬ファンならここを見ろ・・・
    勝馬伝説の予想が激アツwwwww
    無料予想で大万馬券!!
    kachium

















    【エリザベス女王杯予想結論|2016年|やっぱりこれだろう】の続きを読む

    5
    エリザベス女王杯予想|2016年|ミッキークイーンについて

    アルティメット・・・・341万1,300円−勝馬伝説が熱いw

     「エリザベス女王杯・G1」(13日、京都)

     底力を見せつける。ミッキークイーンがヴィクトリアマイル2着以来、半年ぶりに復帰する。1週前は栗東坂路で4F52秒0−12秒0と軽快な動きを見せた。池江師は「まだ久々の感じはするけど、これで変わってくるのでは」と分析する。

     当初は京都大賞典からの始動を予定していたが、放牧先で捻挫してぶっつけでの参戦に。前哨戦を使えなかっただけに、指揮官は「順調に来ていた春とは過程が違いますからね。その分がどうか」と慎重さを見せる。

     だが齊藤助手は「乗り込んでいるので中身はできていると思う」と好感触。「以前よりカイ食いもいいし、牝馬相手なら距離はナンボあってもいい」と前向きだ。昨年のオークスと秋華賞を制し、10戦9連対の実力をいきなり発揮するか。



    チェンジの無料予想はエリザベス女王杯が熱い
    ここから無料会員してしっかり予想をGETしましょう
    erichage1





















    【エリザベス女王杯予想|2016年|ミッキークイーンについて】の続きを読む

    天皇賞秋|2016年|予想結論

    【PR】
    天皇賞秋の無料予想は−すごい競馬

    ルージュバック・究極な仕上げ

     「天皇賞(秋)・G1」(30日、東京)

     目下重賞2連勝中の紅一点ルージュバックが27日、美浦Wの3頭併せでシャープな動きを披露した。短期放牧から帰厩後、1週間にも満たない中で見せた抜群の気配。10年ブエナビスタ以来の牝馬Vに向けて視界は良好だ。なおこの日、伝統の舞台に挑む出走馬15頭と枠順が決定。馬券は28日から一部ウインズで前々日発売される。

     美浦に戻ったのは21日。入厩から1週間にも満たないルージュバックが、究極の仕上がりを披露した。美浦Wでパリファッション(2歳未勝利)、ストリートオベロン(4歳500万下)との3頭併せ。4角を回って気合を入れられると、ストライドを鋭く伸ばした。ラスト1Fだけで2頭に0秒8差をつけてのぶっちぎり。肩の出は毎日王冠より数段柔らかく、反応も鋭い。

     見届けた大竹師は「レース間隔が今までになく短いし、毎日王冠でほぼ(体が)できていた。きょうはやり過ぎないことがテーマ」と調教の意図を説明。「3歳の時の追い切りの派手さはなくなってきているが、力強さは出てきている。今回は反応も鋭くなっていたし、合格点をあげられる」と歯切れ良く話した。

     枠順にも納得だ。5枠9番に、「特にゲートがうるさい馬ではないので、偶数、奇数は関係ないでしょう。真ん中の枠でいいと思います。あとはジョッキーに任せます」と笑顔をのぞかせる。

     強いて課題があるとすれば馬体重だろう。短期放牧から帰厩した21日の時点で443キロ。前走馬体重と比較して11キロ減だった。「カイバは食べていて、26日で450キロ。追い切ったからレースで440キロ台には落ちるでしょうね。あとはレースまでどう維持できるか」と師。決戦までの3日間。微妙なさじ加減が鍵を握りそうだ。



    ここまあ注目…勝馬伝説が熱い
    無料情報だけで万馬券・・・・!!

    kachium
    【天皇賞秋|2016年|予想結論】の続きを読む

    菊花賞予想|予想結論 

    競馬ファンならここの無料予想で馬券をゲットせよwwwww−チェンジ

    ◆ダービージョッキー
    大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

     先週は3歳「牝馬三冠」の最終戦、秋華賞が行なわれました。続いて今週は、3歳牡馬クラシック三冠の最終戦、菊花賞(10月23日/京都・芝3000m)が開催されます。

    【写真】菊花賞で初の戴冠が期待されるサトノダイヤモンド

     いろいろなところで触れられていますが、今年は春の二冠、皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)と日本ダービー(5月29日/東京・芝2400m)は、それぞれ着順は違っても、上位入線5頭がまったく同じで、しかも上位3頭の顔ぶれも一緒という、非常に稀(まれ)な結果となりました。そのうえで、日本ダービーでは3着までと4着以下とでは決定的な差があったと思います。それだけ、上位3頭が抜けた存在だったと言えるでしょう。

     その春の勢力図は、秋になっても大きな変化はないと思います。「3強」の一角であるマカヒキ(牡3歳)は、凱旋門賞こそ敗れましたが、前哨戦のニエル賞は快勝しています。

     そして”国内組”の2頭、ディーマジェスティ(牡3歳)はセントライト記念(9月18日/中山・芝2200m)で、ラジオNIKKEI賞(7月3日/福島・芝1800m)の勝ち馬ゼーヴィント(牡3歳)を相手に横綱競馬で快勝。サトノダイヤモンド(牡3歳)は神戸新聞杯(9月25日/阪神・芝2400m)で、夏の上がり馬を相手に勝利を挙げました。それも、ともに余裕残しの競馬で。

     こうなってくると、菊花賞はやはりこの2頭が中心になると思います。ディープインパクト産駒が芝の長距離戦で勝っていないなどと一部で言われていますが、今年はそんなジンクスも関係なく、ディープ産駒のディーマジェスティ、サトノダイヤモンドのどちらかが勝つのではないでしょうか。

     では、この2頭のどちらが上なのか?

     この結論を出すのは、なかなか難しいところです。ともにディープ産駒ながら、ややタイプが異なり、道中の流れや位置取りによって、結果が変わってきそうだからです。

     ディーマジェスティは、いかにもディープの子らしい、圧倒的な瞬発力が武器。その決め手が生きる流れになれば、目標がはっきりしているだけに、有利になるでしょう。

     一方、サトノダイヤモンドは、ディーマジェスティほど切れる決め手はないものの、長くいい脚が使えます。長距離戦らしいジリジリと脚を使うような、持久力勝負の競馬になれば、たとえ目標にされても押し切れるでしょう。

     とにかく、他馬の動きなども関係してくるため、よく展開を読んだほうがいいですね。この原稿を書いている段階では、まだそこまで読めていませんが、何となく今度勝つのは、サトノダイヤモンドのような気がしています。



    菊花賞の予想はここ注目wwww
    すごい競馬が熱い
    無料予想で菊花賞予想をゲットせよ
    sugoikiku










    【菊花賞予想|2016年|予想結論】の続きを読む

    ビッシュ|秋華賞2016年|注目馬まとめ

     牝馬三冠の最終戦となる、GI秋華賞(10月16日/京都・芝2000m)。ここにきて、ひと際注目を集めているのは、ビッシュ(牝3歳)だ。同じ世代の中ではかなり遅くにデビューしたものの、そこから着実にステップアップ。目前に迫ったこの大舞台では、いよいよタイトルを狙える位置にまできた。

    【写真】秋華賞を制覇したシンハライト、ビッシュと同じく父は名馬ディープインパクト

     牝馬クラシック第2弾のGIオークス(5月22日/東京・芝2400m)では、早めに動く積極的なレースで3着。夏の休養を挟んで臨んだ秋華賞トライアルのGIII紫苑S(9月10日/中山・芝2000m)では、大外枠スタートから豪快にまくって、2着に2馬身半差をつける完勝を決めた。近走の充実ぶりを見れば、文句なしの有力候補である。

     しかも、最大のライバルで、秋華賞の最有力候補と目されていたオークス馬、シンハライトが出走を回避。戴冠の可能性はますます高まったと言える。

     一躍、秋華賞の”主役”に躍り出たビッシュ。デビューしたのは、3歳となった今年の2月だった。ほとんどの馬が2歳で初陣を迎える中、彼女のキャリアの始まりがここまで遅くなったのは、どんな理由があったのだろうか。

     デビュー前の調整や、レースの間の短期放牧にビッシュが訪れるノーザンファーム天栄(福島県)。場長を務める木實谷(きみや)雄太氏は、デビューまでの道のりについてこう振り返る。

    「今も体は小さいのですが、デビュー前にこちらにきたときも『小柄で、ちょっと頼りないな』という体つきでした。それゆえ、成長をうながしつつ、他馬よりも調教メニューを少し加減しながら、じっくり、じっくりとデビューへと調整を進めてきました」

     デビュー戦が418kg、以降も420kg以下の馬体重でレースに出走しているビッシュ。もともと「他馬よりも、1日の調教による消耗度が大きかった」と木實谷氏は言う。だからこそ、時間をかけて育てていった。

    「そうは言っても、当時から動きはよかったですね。ディープインパクトの子どもらしいバネがありましたし、能力の高さは感じていました。あとは、それが発揮されるだけのトレーニングができるかどうか。サラブレッドもアスリートですから、いくら素質があっても、トレーニングが積めないと(レースで)通用しないので」

     こうした背景からデビューは遅れたものの、ビッシュは自らの素質を見せつけるかのように、新馬、500万下条件と2連勝を飾った。デビュー戦に至っては、5馬身差の圧勝だった。

    「(デビュー戦の頃は)まだまだビシビシと調教できない段階でしたが、そんな状況であれだけ走るのですから、『やはり素質は高いな』と感じました。ただ、2戦目を終えて天栄に戻ってきたときは、疲労困憊という状態でしたね。馬体も減っていて、回復には苦心しました」


    秋華賞の予想はここの無料予想
    チェンジの予想が激アツwwww
    だから無料予想で当たりをゲットしようw
    shuukacyenj























    【ビッシュ|秋華賞2016年|注目馬まとめ】の続きを読む

    スプリンターズS予想|2016年|予想結論

    ここの予想でプラス収支を・・・情熱競馬

     「スプリンターズS・G1」(2日、中山)

     スプリンターズSの枠順が9月30日、確定した。スプリントG1春秋連覇を狙うビッグアーサーは1枠1番、春の高松宮記念2着馬ミッキーアイルは8枠15番になった。

     逃げた前走と同じ最内枠。ビッグアーサーが再び1枠1番を引き当てた。枠確定の一報に「またか」と驚いた藤岡師。ライバルの馬番を見渡すと「展開的にいいんじゃないかな。明らかに速くなる。前走の感じなら我慢できる。内なら思いっ切り内の方が競馬しやすい」とうなずいた。

     指揮官は今回、どんなレースを思い描くのか。「今度は逃げることはない」。番手からの抜け出しで春秋スプリントG1制覇を狙う構えだ。この日は栗東の角馬場で調整。「雰囲気がいい。リラックスしているし、体も締まっている」と状態の良さを誇らしげにする。春はG1初挑戦でスプリント界の頂点に立った。今度は追われる立場となったが、その座は譲らない。



    逃げないとか言っているwwww
    いろいろと議論を読んだ前走






    無料情報で万馬券−勝馬伝説の無料予想が熱い
    勝馬伝説なら無料情報だけで万馬券

    kachium





















    【スプリンターズS予想|2016年|予想結論】の続きを読む

    宝塚記念予想結論|2016年|一発穴から買います

     26日に阪神競馬場で行われる、第57回宝塚記念(3歳上・GI・芝2200m・1着賞金1億5000万円前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、ドバイ遠征からの帰国初戦となる2冠馬ドゥラメンテ(牡4、美浦・堀宣行厩舎、2.2倍)が支持された。

     続いての2番人気は天皇賞・春を制したキタサンブラック(牡4、栗東・清水久詞厩舎、4.9倍)、3番人気は大阪杯でキタサンブラックを破っているアンビシャス(牡4、栗東・音無秀孝厩舎、8.2倍)となった。

     以下、昨年の覇者ラブリーデイ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎、11.8倍)、天皇賞・春で3着のシュヴァルグラン(牡4、栗東・友道康夫厩舎、13.6倍)、復活を期す菊花賞馬トーホウジャッカル(牡5、栗東・谷潔厩舎、16.4倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    09 ドゥラメンテ 2.2
    03 キタサンブラック 4.9
    02 アンビシャス 8.2
    07 ラブリーデイ 11.8
    05 シュヴァルグラン 13.6
    11 トーホウジャッカル 16.4
    08 ステファノス 18.4
    16 マリアライト 18.8
    15 サトノクラウン 28.8
    12 サトノノブレス 45.3
    06 ラストインパクト 46.3
    04 ワンアンドオンリー 61.0
    10 カレンミロティック 65.9
    17 ヤマカツエース 70.9
    01 フェイムゲーム 71.0
    13 タッチングスピーチ 86.7
    14 ヒットザターゲット 110.7

     その他、馬連は03-09が5.0倍、馬単は09-03が7.7倍、3連複は02-03-09が11.6倍、3連単は09-03-02が33.3倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。



    【宝塚記念予想結論|2016年|一発穴から買います】の続きを読む

    5
    宝塚記念予想|2016年|ドゥラメンテがたくさんの不安点

     宝塚記念の枠順が23日、確定した。昨年の2冠馬ドゥラメンテは〔5〕枠(9)番に決定。過去最多タイの6勝を挙げ、勝率、連対率とも抜群の成績を残す好枠をゲットした。追い切った後も順調で、24日に阪神競馬場入りする。なお、馬券は25日から発売される。

     宝塚記念最多タイの6勝、勝率は単独トップ14・3%(出走10回以上)。1996年のマヤノトップガンや、2009年のドリームジャーニーなど数々の名馬が勝った〔5〕枠(9)番をドゥラメンテが引き当てた。

     22日の追い切りで絶好の動きをみせ、翌23日は美浦の北馬場で軽めの調整で歩様を確認。橋本助手は「硬さもなくて、いい感じですね。このままレースまでいってくれれば」と好感触を伝えた。

     長距離輸送の対策も万全だ。関西への輸送はこれまでも滋賀県のノーザンファームしがらきへの放牧で経験。馬体重が20キロほど減って翌日に10キロ戻る計算をしており、24日の午前4時に阪神競馬場へ向けて出発する。

     勝てば凱旋門賞(10月2日、仏シャンティー、GI、芝2400メートル)挑戦が、グッと現実味を帯びてくる今回の宝塚記念。最高の枠順からドゥラメンテが世界へ羽ばたく。



    堀先生が凄い自信をもっているらしいですけど・・・



    調教があまり良くないらしい
    この記者によると。


    能力でカバーできるかもしれませんがってね。




    デムーロ騎手もメインレース20連敗とかしていますしね。
    全て噛み合わず…飛ぶこともwwwww


    宝塚記念予想
    http://keibauma.com/yosou-taka3.html



    こうやって見ると…
    ここが激アツなのはわかる
    無料で宝塚記念の予想は見ることができます。
    すごい競馬
    ヤフーやグーグルのフリーメールで予想を見ることができます。
    だからチェックしちゃいましょう。無料会員で
    button3-3-u





    宝塚記念予想|2016年|キタサンブラックのついて考える

    ◆第57回宝塚記念・G1(芝2200メートル、26日・阪神競馬場)

     宝塚記念でファン投票1位に輝いたキタサンブラックが昨秋の菊花賞、今春の天皇賞に続くG1制覇に挑む。全10戦で一度も1番人気がないが、3つ目のタイトル奪取に向け、ハードな調教を消化。万全の仕上がりで本番へ向かう。

     支持に必ずこたえてみせる―。ファン投票1位の誇りを持って、キタサンブラックが宝塚記念に臨む。

     清水久調教師「前走(天皇賞・春=1着)と比べて悪くもなく、それ以上でもなく。同じような感じで、いいと思います」

     前走後に短期放牧を挟み、先月20日に栗東トレセンに帰厩。今月1日からCWコースで時計を出し始めて、先週までに計6本。量だけでなく、その質の濃さをデビュー時から調教で手綱を執る黒岩騎手が明かす。

     黒岩騎手「(前走の)天皇賞へ向けても結構(調教を)やっていたけど、今回は時計を出していながら余裕があります。もちろん前走も良かったけど、さらにいい感じ。テンションが上がるところがなく、いい意味で変化がないです。(潜在能力に)体が追いついてきて余裕があるから、負荷に耐えられるんでしょう」

     大阪杯(2着)から中3週で出走した天皇賞・春の時とは単純に比較できないが、感触は前走と同じか、それ以上だ。

     むしろ、比較しやすいのは菊花賞優勝後、同じく2か月ぶりで挑んだ昨年の有馬記念(3着)の時と似ている。当時も1週前までにCWコースで計6本時計を出したが、当週も含め、ラスト1ハロンで12秒台は一度もなかった。今回は2度。ハードな調教に応える走りが、充実ぶりを示している。 辻田厩務員「これだけ(調教を)やれること、それに耐えられること自体がすごい。体もドッシリとしてきたし、オンとオフの切り替えをできます。不安は全くないです」

     これまでにG12勝を含む重賞4勝。ただ全10戦で1番人気は一度もなかったが、ついにファンからナンバーワンの支持を得た。

     清水久調教師「自分で体をつくってくれるし、いつも通りやるだけ。いい競馬をしてくれるでしょう」

     レースでも、堂々トップでゴールを駆け抜ける。(宮崎 尚行)



    成績を見ると大きく負けているのが日本ダービーだけなんですよね
    6番人気14着。あれを北村宏司ミステイクと考えると
    ほぼ完璧。

    母父−サクラバクシンオーで勝てないと言われた
    菊花賞や天皇賞(春)をクリアー




    宝塚記念−2016年
    チェンジという競馬情報会社
    対象とするレースは昨年度、528,510円をマークした灼熱のグランプリ/宝塚記念となり
    、更に今回は通常の情報入手ルートに【的中精度の向上】を目的としたエッセンスを加える為、
    各馬券師がそれぞれ、最も信頼関係を築くパートナーを招聘しており、
    その費用を全額弊社持ちとして今回、
    そのイベント名をG1ーSURVIVE 【NEO】へと超絶進化しております! 【 利 益 上 乗 せ 】
     ここを目的として今週末…上半期、
    最終週を優秀の美で飾る『最適な環境』が整ったと考えておりますので是非、
    コチラのイベントを有効にご活用下さい!
    button3-3-u




    【宝塚記念予想|2016年|キタサンブラックのついて考える】の続きを読む

    このページのトップヘ