競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    競馬重賞注目馬

    阪急杯予想|2017年|予想結論

    ◆ダービージョッキー
    大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

     先週のフェブラリーSでは、「ヒモ穴馬」に取り上げたゴールドドリームが勝利。鞍上のミルコ・デムーロ騎手が見事な手綱さばきを見せてくれました。2着に敗れたものの、ベストウォーリアの戸崎圭太騎手も素晴らしい騎乗でしたね。

    【写真】フェブラリーSでは大西直宏氏推奨のゴールドドリームが快勝

     また、3着のカフジテイクも脚質を考えれば、最善を尽くしたと思います。やはり東京のダートは、1400m戦では差し切れても、マイル戦になるとそう簡単にはいかないということ。逆に言えば、マイル戦で差し届かなかった馬が1400m戦に臨めば、差し切れる可能性が増すはずです。そういうコース形態ですから。

     さて、今年最初のGIフェブラリーSが終了し、次週からは3歳クラシックに向けたトライアル戦がスタート。いよいよ春競馬へと突入していきますね。そんな中、今週は古馬戦線の、春の大舞台への前哨戦と言える中山記念(2月26日/中山・芝1800m)と、阪急杯(2月26日/阪神・芝1400m)が行なわれます。

     今年から大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)がGIに昇格したことによって、そのステップレースともなる中山記念は、例年以上に重要なレースとなりました。結果、GI馬4頭をはじめ、この春の大きな舞台を狙う好メンバーがそろいました。

     そんな中山記念にはもちろん注目すべきですが、実は近年、高松宮記念(3月26日/中京・芝1200m)への主要なステップレースとなっている阪急杯も見逃せない一戦です。昨年の勝ち馬ミッキーアイルは、ここから高松宮記念で2着と好走。さらに、2014年のコパノリチャード、2013年のロードカナロアも、ここを勝って高松宮記念も制しました。

     そうした過去と比べると、今年は全体的なメンバーのレベルが決して高いとは言えませんが、少頭数のわりには難解なレースとなりました。そういう面も踏まえて、ここではあえて阪急杯を取り上げたいと思います。

     前述したとおり、昨年のミッキーアイルをはじめ、コパノリチャードやロードカナロア、さらにここで結果を出してなくても、阪急杯をステップにして高松宮記念で好走した馬は非常に多いです。この傾向は、中京コースが改修される前からです。やはりGIという厳しい舞台とあって、単なる1200m戦のスピードだけでなく、1400m戦でも対応できるスピードの持続力と、脚をためられる器用さも必要とされるのでしょう。

    【阪急杯予想|2017年|予想結論】の続きを読む

    京都記念予想|2017年|マカヒキが熱い

    すごい競馬の予想で万馬券をゲットしようw

     京都記念で始動するマカヒキ(牡4、友道)は追い切り翌日のこの日、厩舎回りの引き運動で体をほぐした。

     「約1時間、運動した。変わりなくきているし、カイバも食べているよ」と友道師は余裕の表情だ。昨秋の凱旋門賞14着以来4カ月ぶりとなるが、十分に乗り込まれており「仕上がりはいい」と師はいう。4歳初戦でダービー馬の力を見せつけるか。

    【京都記念予想|2017年|マカヒキが熱い】の続きを読む

    5
    クイーンカップ予想|2017年|不安なのは騎手だけ

    情熱競馬…無料予想が毎週オトクな無料予想を公開中w


    <クイーンC:追い切り>

     土曜東京メインのクイーンC(G3、芝1600メートル、11日)へ、ディープインパクト産駒のフローレスマジック(木村)が美浦ウッドで力強い動きを見せた。3頭併せの真ん中で内シルヴァーコード(古馬1000万)と併入、外ラカリフォルニー(古馬500万)に2馬身先着。馬なりで4ハロン53秒0−12秒8と時計も上々で、新コンビの戸崎騎手も「いい感じ。跳びも軽いし、瞬発力がある。乗る前から楽しみにしていたけど、その通りだった」と明るい。

     全姉ラキシス、全兄サトノアラジンという良血。木村師も「前回減っていた体は戻ったし、前走後の休養がいい方向に働いている。動きの質も上がってきた」と成長を感じている。「アルテミスSを勝ったリスグラシューが阪神JFで2着。自分たちもしっかりしなければという思い」。ここは譲れない気持ちだ。【木南友輔】

    【クイーンカップ予想|2017年|不安なのは騎手だけ】の続きを読む

    東京新聞杯予想|2017年|ブラックスピネルから買う

    東京新聞杯はここの予想を買うzzz

     スポニチ賞京都金杯2着のブラックスピネルが坂路で4F49秒8〜1F12秒5の猛時計を刻んで驚かせた。

     文句なしの自己ベスト。手綱を取ったのは新たにコンビを組むM・デムーロ。音無師も苦笑するしかなかった。「確かに“やっていい”と言ったけど、こんな時計になるとは思っていなかった」と驚きは隠せなかったが「動きはいい。馬体重が気になるが、3本しっかりやった。これだけ動ければ走れる状態にはあると思う」と納得の表情だった。

     前走の京都金杯は“スピネル対決”の叩き合いの末、鼻差2着。猛調教で逆転に手が掛かった。

     

    ミルコ超抜時計・・・・こんなの速いの見たことない

     

    【東京新聞杯(日曜=5日、東京芝1600メートル)注目馬1日最終追い切り:栗東】ブラックスピネルは古馬1000万下のセネッティと坂路入り。M・デムーロを背に僚馬と鼻面を並べてスタートした。前半から鞍上が抑え切れない行きっぷり。パートナーも食らいつくが、次第に離されていく。ラスト1ハロンを過ぎてからは独走状態。そのままスピードは緩むことはなく4ハロン49・8―12・5秒の超抜時計を叩き出した。

     M・デムーロ騎手「速かったね。こんなに速いのは見たことないよ。まだレースではまたがっていないけど、本当にいい馬ですね」

    【東京新聞杯予想|2017年|ブラックスピネルから買う】の続きを読む

    きさらぎ賞予想|2017年|サトノアーサーから買う


    チェンジの予想が熱い・・・無料予想で儲けませんか?
    きさらぎ賞の予想は無料予想でGET



    【きさらぎ賞】サトノアーサー騎乗の川田に聞く

    ◆きさらぎ賞追い切り(1日・栗東トレセン)

     第57回きさらぎ賞・G3(5日、京都)で、無敗での重賞初制覇に挑むサトノアーサーが1日、栗東・CWコースで併走馬に先着した。厩舎の先輩で、昨年の覇者サトノダイヤモンドに続く逸材を分析した。

     サトノアーサーの最終追い切りは栗東・CWコース。シルバーポジー(4歳1000万)の2〜3馬身後方を折り合って追走し、直線は内へ。残り1ハロンで鞍上の川田が手綱を緩めると、それまで僚馬と同じ高さだった体がグンと沈んで加速。ラスト11秒4の鋭さで首差抜け出した。内容は先週から陣営が予定していた通りのもの。体調の良さはもちろん、動き、時計ともに大物感は十分すぎるほど伝わってきた。

     昨年のこのレースを制し、クラシックを主役として戦ったサトノダイヤモンドとは、何かと比較される存在。「完成度は同じ時期のダイヤモンドの方が高かった」と池江調教師、兼武助手は口をそろえるが「現時点でも高いパフォーマンスを見せているが、アーサーは年を重ねてどんどん良くなっていくタイプ」という意見も同じだ。

     実際、馬体は成長を続けており「母系のリダウツチョイス(母の父)の特徴も出ているのでしょう、筋肉がついてきました」と池江師が強調する。パワーをつけた今なら、道悪のデビュー戦で見せた加速の鈍さは、解消されているはずだ。

     池江師は、凱旋門賞にサトノダイヤモンドと2頭出しで挑む可能性にも言及している。「きさらぎ賞の勝ち方と、皐月賞の内容次第」と、3歳の始動戦に関しては揺るぎない自信を見せた。大きなフットワークの持ち主で京都外回り1800メートルは絶好の舞台。スペシャルウィーク、ネオユニヴァースなど歴代勝ち馬に匹敵する「強い走り」が見られると期待している。(吉村 達)

     【昨年のきさらぎ賞VTR】デビュー2連勝で臨んだサトノダイヤモンドは単勝1・2倍の1番人気。4番手からラスト1ハロンで先頭に立つと、2着のレプランシュに3馬身半差をつける横綱相撲で重賞初制覇。1分46秒9の勝ち時計はレースレコードだった。手綱を執ったルメールが「直線ですごい脚を使った。ステッキを1回使ったが、要らなかった」と目を丸くした。

     

    サトノアーサー騎手の川田が復帰

    今週日曜はクラシックにつながるレース、きさらぎ賞(G3、芝1800メートル、5日=京都)が行われる。

     先月8日の京都で落馬し、腰椎骨折などで休養していた川田将雅騎手(31)が1月31日、調教に復帰した。坂路で池江厩舎のラーゴブルーに乗り、感触を確かめた。鞍上は「大丈夫です」と力強くコメント。今日1日はきさらぎ賞の有力馬サトノアーサーの追い切りにまたがる予定だ。

     アーサーはこの日の坂路で4ハロン63秒1をマークし、リズミカルな脚取りを見せた。池江厩舎はこのレースと相性抜群で12年ワールドエース、14年トーセンスターダム、昨年もサトノダイヤモンドが勝利。「完成度ではダイヤモンドの方が高かった。アーサーは年を重ねてからの方がいいと思うけど、それでいて前走のようなパフォーマンスですから」と期待の大きさは先輩に負けていない。
     
     
    【きさらぎ賞予想|2017年|サトノアーサーから買う】の続きを読む

    根岸S予想|2017年|ベストマッチョに注目しています!!

    ここの予想を見ればオトクな…勝馬伝説

     通算5戦4勝・2着1回、7Fは3戦全勝のベストマッチョが、重賞に挑む。美浦Wコースでアッラサルーテを相手に直線でいったんは抜け出したが、最後は盛り返されて併入した。それでも3歳時に比べタイムは格段に詰まっており、体質強化をうかがわせる。

     「時計は予定より少し速くなったけど、重賞ならこれくらいやったほうがいい。休み明けという感じはしないし、動きも力強くなった」と、手塚調教師は成長をアピールした。「1400メートルではまだ負けていない。勝たなきゃ行けないからね」と、フェブラリーS出走へ必勝態勢だ。(夕刊フジ)

    【根岸S予想|2017年|ベストマッチョに注目しています!!】の続きを読む

    シルクロードS予想|2017年ネロに注目しています!!

    情熱競馬の予想が熱いz
    無料コンテンツが熱い。


     ネロが京阪杯に続く重賞連勝を狙う。これを昨年の覇者ダンスディレクターや、スプリンターズSで好走したソルヴェイグなどが阻むことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■1/29(日) シルクロードS(4歳上・GIII・京都芝1200m)

     ネロ(牡6、栗東・森秀行厩舎)は昨年のアイビスサマーDとセントウルSで2着に入り、GI・スプリンターズSでも0.1秒差の6着と健闘。続く京阪杯で待望の重賞初制覇を果たした。ヨハネスブルグ産駒は早くから活躍する馬が多いが、本馬は今がまさに充実期。4馬身差で圧勝した京阪杯のように、ここでもスピードの違いを見せてほしいところだ。

     ダンスディレクター(牡7、栗東・笹田和秀厩舎)は昨年の本レース覇者。その後は脚部不安のために休養を余儀なくされたが、秋に復帰して3戦目のスワンSで4着、前走の阪神Cでも0.1秒差の4着と復調気配を見せている。ここで完全復活なるか。

     その他、スプリンターズSでタイム差なしの3着に入ったソルヴェイグ(牝4、栗東・鮫島一歩厩舎)、重賞2勝の実績があるブランボヌール(牝4、栗東・中竹和也厩舎)、京都で連勝中のセイウンコウセイ(牡4、美浦・上原博之厩舎)、コース相性良いセカンドテーブル(牡5、栗東・崎山博樹厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

     
    ネロ関連ニュース
     

     29日京都ではシルクロードS(G3、芝1200メートル)が行われる。

     昨年の京阪杯を2着馬に4馬身差で圧勝し、重賞初制覇を果たしたネロ(牡6、森)が好調を維持している。

     19日の1週前追いでは坂路4ハロン49秒3−13秒4の1番時計をマーク。「動きは休養前と変わらずいい。力を出せる状態」と日高助手はいう。さらに22日にも53秒0−12秒4を出しており、態勢は整っている。6歳初戦の走りが楽しみだ。

    【シルクロードS予想|2017年ネロに注目しています!!】の続きを読む

    東海S予想|2017年|まあこの3頭かな。


    競馬予想はここに信頼・・・すごい競馬は熱い競馬

     ダートに転じて3戦3連対の新星ピオネロは、黒のシャドーロールを着用してCWコースに登場。ゆったりスタートすると、直線はびっしり追われ右ステッキ1発で気合を注入した。見守った松永幹師は「シャドーロールを着けてみたけど動き自体は良かったね」と満足げに切り出した。

     昨夏にダート転向すると、あっさり2連勝。前走のシリウスSは2着に敗れたが、暮れの東京大賞典を制したアポロケンタッキー(3着)には競り勝った。指揮官は「よく頑張っていた。左回りの方が実績があるし中京も勝っているから」と舞台替わりを歓迎。前走後に飛節を痛めたため休養に入ったが帰厩後は入念に乗り込まれており、その影響は全く感じさせない。

     厩舎の先輩アウォーディーはダートに転向して素質が開花。その偉大な背中を追う。「ここでいい競馬をしてフェブラリーSに向かいたい」と指揮官。タイトルを手にして堂々と大舞台に殴り込む構えだ。

    【東海S予想|2017年|まあこの3頭かな。】の続きを読む

    日経新春杯予想(2017年)|格上感が半端ない


    重賞予想で困ったらここの無料軸馬を参照しようw
    情熱競馬
    jyoubeyu







     連覇を狙うレーヴミストラルは、昨春の天皇賞以来の復帰戦だ。

     栗東坂路で1本目4F73秒1のあと、2本目はアウステルリッツと併せた。道中は歩調を合わせるように進んだが、ラスト1Fで追い出されると脚勢の差は歴然。抜群の切れを見せてあっさり1馬身先着し、太め感はなく活気も十分だった。

     「天皇賞のあと疲労感が出たので、じっくりと休ませた。帰厩後の乗り込み量は十分。しっかり仕上がっている」と高野調教師。

     昨年はしんがり追走から3F33秒1の末脚で豪快な差し切りV。「トモがパンとしていなかったので、あの形(最後方)でしか走れなかったんだと思う。リフレッシュしてパンとしたし、この母系はなかなか使い込めないが、そのなかではしっかりしていると思う。(デムーロ)ジョッキーには固定観念を持たずに乗ってもらいたい」と好発進を期待していた。(夕刊フジ)

    【日経新春杯予想(2017年)|格上感が半端ない】の続きを読む

    日経新春杯予想|2017年|この馬、最大限注目

    競馬ファンならここの無料予想は確実にゲットしたい
    すごい競馬の予想が熱すぎる


     「日経新春杯・G2」(15日、京都)

     有馬記念のサトノダイヤモンドに続き、エアスピネルの京都金杯Vで“最強世代”を猛アピールした明け4歳勢。伝統のハンデG2にもイキのいい面々が顔をそろえたが、なかでもグレイスフルSを快勝したカフジプリンスは、昨年全国リーディングを獲得した矢作厩舎の期待馬。ここで重賞タイトルを手に入れ、飛躍の一年にしたいところだ。

     前走のグレイスフルSは「菊花賞の後、ひと息入れたことで調教が足りなかった」と甲斐助手。その分、追ってからの反応が鈍かったが、最後は「地力で何とかしてくれた」。3走前の神戸新聞杯では、世代トップクラスを相手に4着。準オープンで負けるわけにはいかなかった。

     ひと叩きして出来は型通りに良化。相手は一気に強化されるが、仕上げ人は「背腰がしっかりしてきたので、今は坂路に入れてもへこたれない。まだまだ課題は多いが、楽しみの方が大きい」と目を輝かす。奥手の血が騒ぐのはこれから。いよいよ快進撃が始まる。

    カフジプリンス豊富なスタミナを武器に、矢作師「上積みある」

    ◆第64回日経新春杯・G2(15日・芝2400メートル、京都競馬場)

     第64回日経新春杯・G2は15日、京都競馬場で行われる。過去4年連続で4歳馬が制している伝統のハンデ戦に、今年も4歳馬5頭が登録してきた。逸材ぞろいの4歳馬の上位独占までありそうなムードだ。

     カフジプリンスはグレイトフルSを勝ってオープン入り。3コーナーから追い通しだったが、ゴール前で差し切った。「あそこまでズブいと思っていなかったが、状態が七分だったというのもあったかな。上積みはあるんじゃないかな」と矢作調教師は2か月ぶりを叩いた効果を見込む。

     芝の長丁場で4勝を挙げるようにスタミナ豊富。「スローの瞬発力勝負では厳しく、勝負どころで自ら動く形がいい。能力的には見劣らない」と矢作師。重賞は過去2戦で〈4〉〈8〉着だが、上位争いに食い込むか。

    【日経新春杯予想|2017年|この馬、最大限注目】の続きを読む

    このページのトップヘ