競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    競馬重賞注目馬

    セントライト記念|2016年|注目馬−マウントロブソン

    今週も熱い予想を提供決定・・・・情熱競馬

     「セントライト記念・G2」(18日、中山)

     ダービー7着以来のマウントロブソンは8日、美浦Wで3頭併せ。

     直線で両サイドからプレッシャーをかけられながらも、ひるむことなく馬体を並べてフィニッシュした。5F71秒2−39秒8−12秒7と時計は目立たないが、「反応は良くなってきました」と渡辺助手は上昇を伝える。「1回使ってさらに良くなるかなという感じだけど、舞台は合いそうですね」と3戦2勝の中山を強調点に挙げた。




    マウントロブソン
    父−ディープインパクト
    母−Mr. Greeley


    2016年−マウントロブソン スプリングS




    1着 マウントロブソン シュタルケ
    2着 マイネルハニー 柴田大知
    3着 ロードクエスト 池添謙一



    競馬情報は無料でゲット
    期待できる情報は万馬券クラス
    勝馬伝説が熱い

    kachium
















    【セントライト記念|2016年|注目馬−マウントロブソン】の続きを読む

    5
    今週から中山競馬場開催
    開幕週の芝コースには著しく特徴がwwww


    2015年
    nakayamashiba









    ↑↑
    まあ内枠だよねwwwww


    2013年
    nakayamawaku2









    ↑↑
    まあ外枠だよねwwwwww


    普通にみたら2016年も内枠な気がするけど
    京成杯AHも内枠に注目


    京成杯AH予想
    http://keibauma.com/yosou-keiouah1.html


    紫苑S予想
    http://keibauma.com/yosou-shions.html



    競馬情報は無料情報で万馬券が基本wwwww
    勝馬伝説

    kachium























    5
    2016年新潟記念予想|アルバートドック|注目馬
     

     サマー2000シリーズ最終戦、新潟記念の追い切りが31日、東西トレセンおよび新潟競馬場で行われた。七夕賞を快勝したアルバートドックは、栗東CWコースで伸びのある動きを披露。好調をキープしており、シリーズ制覇に意欲満々だ。小倉記念を勝ったクランモンタナは坂路の併せ馬で先着。気迫あふれる走りで、こちらも夏の王者を狙っている。

     今の充実ぶりが伝わってきた。七夕賞で重賞2勝目を挙げたアルバートドックが、軽快な動き。夏の王者に向け、態勢を整えた。

     「前走時と同じようなイメージで調整できました。いい状態で来ています」

     野見山助手が笑顔で振り返った最終追い切りは、CWコースで単走。序盤から人馬が呼吸を合わせ、ゆったりと進めていく。スムーズにコーナーを回って、手応えよく直線へ。ゴール前で仕掛けられると、伸びのあるフットワークで駆け抜けた。6ハロン84秒0、3ハロン39秒5−13秒0と目立つ時計ではないが、前回の最終追いも強め程度(6ハロン85秒7)。セーブ気味は予定通りで、仕上がりに不安はない。

     前走の七夕賞は、中団から早めに動いて快勝。今年2月に定年解散した松田博資厩舎から、転厩4戦目で復調をアピールした。中間は滋賀県の吉澤ステーブルWESTに放牧に出され、8月4日に帰厩。心身ともに健やかな姿に、野見山助手が目を細める。

     「前回よりカイバ食いがよく、体がふっくらして張りもあります。落ち着きも出て、馬が自信を付けたみたいですね」

     サマー2000シリーズは、現在トップのネオリアリズムに3ポイント差の2位タイ。勝てば、王座獲得となる。新潟は初めてで、左回りも2戦し18、7着と好結果が出ていないが、陣営のトーンは高い。

     「広い新潟なら道中でゆっくり構えることができるので、この馬の競馬ができると思います。(サマーシリーズを)意識しますし、勝ちたいですね」と野見山助手は力を込める。

     今年の最大目標は、天皇賞・秋(10月30日、東京、GI、芝2000メートル)。サマーチャンピオンの称号を手にし、弾みをつけて実りの秋を迎えたい。(鈴木康之)

    ■サマー2000シリーズ

     芝2000メートルの重賞計5戦で獲得ポイントを競う。1勝以上で13点以上が優勝の条件で、ポイント最上位馬が複数の場合、それぞれが優勝。優勝馬の馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円が褒賞金として贈られる。新潟記念は1着に10点、2着に5点、3着に4点、4着に3点、5着に2点、6着以下に1点が与えられる。




    新潟記念の予想が熱い・・・・

    すごい競馬


    無料予想で万馬券期待度No1
    まずは無料予想からしっかり期待度大
    niigatasog









    【2016年新潟記念予想|アルバートドック|注目馬】の続きを読む

    小倉記念予想|2016年|ダゴール&小牧に注目

    ◆第52回小倉記念・G3(7日・芝2000メートル、小倉競馬場)

     サマー2000シリーズ第3戦、第52回小倉記念・G3(7日)は“熟年コンビ”が主役を務める。シリーズ初戦の七夕賞2着の雪辱を期す8歳馬のダコールとタッグを組むのは、48歳のベテラン、小牧太騎手。真夏の暑さに負けない熱い走りを誓う人馬から目が離せない。

     もどかしい思いが募っている。前走の七夕賞。小牧はダコールを直線で必死に追ったが、前を行くアルバートドックとの差がなかなか詰まらず、半馬身差の2着だった。

     「力のあるところは見せてくれているんだけどね。スムーズに外へ出すと、ハミを取らなかった。良くも悪くも、相手なりのタイプだから」

     ダコールと初めてタッグを組んだのは昨年5月の新潟大賞典。それまでキャリア36戦で2着10回、3着8回と“善戦マン”だった7歳馬を中団からの差しで重賞初制覇へ導いた。今年は重賞4戦のいずれもハンデ戦で58キロを背負いながら〈4〉〈2〉〈4〉〈2〉着。非常に手が合う鞍上は、小倉記念への課題を挙げる。

     「この馬はちょっと直線で行き場がなくなるような感じで詰まって、ラスト100メートルぐらいで前が開くという形が理想。今回は4つのコーナーで(馬群が)ばらけやすいので、その点がどうかやろうね」

     来月7日で49歳になる。平地を中心に騎乗する関西の騎手としては最年長だが、普段からダートコースを走って体力維持に努めている。減量にも対応して、今年は4年ぶりに52キロで騎乗した。例年、夏場は暑い中京、小倉が主戦場。小倉記念は兵庫所属時代の2001年にロサードで勝ったが、04年の中央入り後は未勝利だ。

     「自分の小倉記念というより、ダコールに早く勝たせてあげたい。8歳という年齢を感じさせないぐらい頑張っているし、ジョッキーの手綱さばきにかかっている馬。何とかしたい」

     悔しい思いはもういらない。2つ目のタイトルを手に、夏の中距離王者へ。小牧は熟年コンビで挑む大勝負に燃えている。

     一方、衰え知らずの8歳馬ダコールは前走後も、夏の栗東で元気いっぱいに調整を続けている。中竹調教師は「年齢を重ねてもずぶくなったとかはないし、前走後も変わりなく順調にきている」と状態面に胸を張る。

     今年は4走全てハンデ戦に出走。いずれも最重量58キロを背負っての戦いだったが、「斤量は気にしてない。馬場さえ良ければ大丈夫」とトレーナーが話すように、常に人気以上の結果を出してきた。

     そんなキャリア43戦のベテランが、唯一の重賞Vを飾った新潟と並んで得意にするのが小倉だ。「路盤の硬いコースが合っている。以前から競馬に行って、ソラを使うところがあるけど、小牧ジョッキーはよく分かってくれているし、もうひと押し」と中竹師。2つ目のタイトルをゲットして、シリーズ優勝へ大きく前進するか。



    ここは注目、
    激アツwwwww


    まずは無料会員でお試しですよね
    情熱競馬

    こちらの予想が激アツ

    ▼「一週間を前向きに生きるチカラを」明日に繋がる情報提供!
    競走馬、調教、厩舎、馬主、騎手、血統etc…
    競馬はありとあらゆる要素が複雑に絡み合う物。
    そしてその全てに「プロ」と呼ばれる人物が必ずいます。
    我々情熱競馬は第一線で活躍する「プロ」にスポットを当て、その人の持つ最大の実力を情報として提供。
    情熱競馬の大切な3つの価値観
    ・当たり前な事に、当たり前ではない情熱を持って取り組もう
    ・お客様よりも、お客様の事を情熱的に考えよう
    ・逃げもかくれもせず、正面から情熱を持って伝えよう


    button3-3-u




    【小倉記念予想|2016年|ダゴール&小牧に注目】の続きを読む

    函館2歳S予想|2016年|ロイヤルメジャーが注目な理由

    【函館2歳S(日曜=24日、函館芝1200メートル)注目馬20日最終追い切り:函館競馬場】ロイヤルメジャーは加藤を背にウッド5ハロンから併せ馬。1馬身遅れたが、余力を残したもので、脚取りは力強かった(69・3―39・6―12・9秒)。

     加藤騎手「先週しっかりやったので今朝は速くならないように。初戦より反応が良くなっている。馬場が渋っても大丈夫」




    ロイヤルメジャーの新馬戦




    強い感じですねwwwwww




    競馬ファンならここ信頼
    私もここのお陰で儲けさせてもらっていますwww
    情熱競馬の予想が熱い

    だからいつもお世話になっております
    無料会員だけで充分wwwww

    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓             
    〓〓オペレーションズ・リサーチ〓〓             
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ■

    オペレーションズ・リサーチとは
    ┗実際にアメリカ空軍や日本にも日本オペレーションズ・リサーチ学会等が組織されており、
    数学的・統計的モデル、アルゴリズムの利用などによって、
    さまざまな計画に際して最も効率的になるよう決定する技法。

    軍事的にも利用されており、この手法を取るのは既に当たり前になっているからこそ、
    それをいち早く競馬へと応用し、多大なる利益を挙げる馬券師がこちら!!
    ……………………………………
    【 氏名 】:谷橋I氏
    ……………………………………
    【 性別 】:男性
    ……………………………………
    【 年齢 】:57歳
    ……………………………………
    【 経験 】:馬券師歴7年
    ……………………………………
    ※馬券師歴こそ7年と経験こそ浅いが、
    オペレーションズ・リサーチにおいては一流!
     オペレーションズ・リサーチにより、
    最も効率的な買い目を提供することが可能で
    昨年度弊社内での馬券師ランキングでも的中率部門で第3位に輝くなどまさに
    今期待の馬券師!!
    これまで多くの会員様へ高額配当を含めて多数の的中をお届けして来た
    プロ中のプロが情報を提供する
    今週は… ま┃さ┃に┃稼┃ぎ┃時┃!!┃
     ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
    的中警報発令の緊急事態だけに、 ぜひこのチャンスをお見逃しなく!!
     今週は最大は過去データより算出した


    button3-3-u



    中京記念予想|トウショウドラフタが熱い理由

     マイルに変更されてからの4年で3番人気以内の馬が1度も連対しておらず、2000m時代を含めて1番人気が勝ったのは1999年のエリモエクセルが最後という中京記念。今回も混戦必至のメンバー構成となった。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

    ■7/24(日) 中京記念(3歳上・GIII・中京芝1600m)

     ダッシングブレイズ(牡4、栗東・吉村圭司厩舎)は前走の京王杯スプリングCで4着。初の1400mということもあってか、直線なかなか勢いがつかなかったが、最後にいい伸びは見せた。距離延長、メンバーも前走よりは落ちる今回は勝ち負けを期待したいところだ。

     トウショウドラフタ(牡3、美浦・萱野浩二厩舎)はNHKマイルCで5着。後方追走から直線で前が詰まってしまったが、馬群を割ってよく追い上げた。ベストはその前に3連勝している1400mだろうが、1600mでもやれるところは十分に見せた。ここで古馬を破っての重賞2勝目なるか。

     その他、休み明けのパラダイスSを制したマイネルアウラート(牡5、美浦・高橋裕厩舎)、米子Sを4馬身差で圧勝したケントオー(牡4、栗東・西橋豊治厩舎)、前走惨敗もここなら差はないダノンリバティ(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)、昨年の覇者スマートオリオン(牡6、美浦・鹿戸雄一厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。


    トウショウドラフタ
    父−アンライバルド
    母父−ジェイドロバリー


    中京競馬上では重馬場でこのパフォーマンス






    ここでは格上だと信じたいwwwww


    中京記念予想
    http://keibauma.com/yosou-chuukyou1.html



    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬情報会社.com

    5
    七夕賞予想|2016年|大注目馬、ヤマニンボワラクテ

     福島2週目の日曜メインは七夕賞(10日、GIII、芝2000メートル)。サマー2000シリーズの開幕戦で、初戦を勝てばシリーズ制覇への道が大きく開けるだけに注目の一戦だ。また、梅雨時のハンデ戦ということで、しばしば大波乱が起きてきた名物重賞でもある。過去10年で単勝7番人気が2勝、11番人気と14番人気も各1勝。人気薄の大駆けには注意を払っておきたい。

     2走前、春の福島開催で今回と同舞台の福島民報杯を3馬身差で快勝したシャイニープリンス(美浦・栗田博憲厩舎、牡6歳)に注目だ。以前よりも距離に融通が利くようになり、6歳にして完全にひと皮むけた印象。同じハンデ戦だった前走の新潟大賞典(3着)と同じ56.5キロなら問題なく、重賞初制覇のチャンスだ。福島民報杯で騎乗した北村友一騎手も滞在中の函館から駆けつけて乗る。陣営の勝負気配が漂う起用だ。

     トップハンデ58キロの古豪ダコール(栗東・中竹和也厩舎、牡8歳)は、どのコースにも対応できる懐の深い馬。小回りの福島でも【0・1・1・2】で、着外の2回も4、5着と好走している。58キロでは未勝利だが、同じハンデ戦だった2走前の小倉大賞典でアタマ差の2着があるので不安なし。最近はGI以外では大崩れしておらず、今回も上位争いが期待できる。

     そのダコールを小倉大賞典で破ったのがアルバートドック(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)。その後は中日新聞杯18着、マイラーズC5着、エプソムC7着と振るわないが、差し脚がはまると怖い存在だ。ハンデは57キロと楽ではないが、先週までにJRA99勝とリーディングを快走する戸崎圭太騎手との新コンビで2度目の重賞Vを狙う。

     ヤマニンボワラクテ(栗東・松永幹夫厩舎、セン5歳)は前走の天皇賞・春で17着と大敗した。相手が強すぎたことや一気の距離延長がこたえた印象だが、福島芝コースは【2・1・1・0】と得意にしている。前走は騎乗停止で乗れなかった主戦・藤懸貴志騎手とのコンビに戻り、ハンデ55キロなら要注意だ。

     過去の優勝馬が2頭出走予定。2013年の覇者マイネルラクリマ(美浦・上原博之厩舎、牡8歳)=57.5キロ=は1年4カ月の休養明けを3戦し、10、10、16着と不振だが、【2・1・1・0】と得意の福島なら巻き返しがあっても不思議はない。14年の優勝馬メイショウナルト(栗東・本田優厩舎、セン8歳)=56キロ=も近況は低迷しているが、夏になると調子を上げてくるタイプ。マイペースで逃げたときは侮れない。

     芝2000メートル戦を連勝してオープン入りした充実一途のルミナスウォリアー(美浦・和田正一郎厩舎、牡5歳)=55キロ=が注目の新星だ。体質の弱さがなくなって本格化ムード。もともと堅実だったが、ここ2戦の勝ちっぷりにはそれまでの詰めの甘さが全く感じられなかった。福島コースは初めてだが、【3・4・1・1】と抜群のコンビ実績を残す柴山雄一騎手の手綱さばきに期待がかかる。

     14年のサマー2000シリーズ王者でこの季節に強いマーティンボロ(栗東・友道康夫厩舎、牡7歳)=57キロ、昨年のGII・AJCC勝ちの実績馬で休み明けを2度叩いたクリールカイザー(美浦・相沢郁厩舎、牡7歳)=57キロ、重賞2着が4度あるマジェスティハーツ(栗東・松永昌博厩舎、牡6歳)=56キロ、2走前のメイSで芝適性を感じさせた後も好調が続くオリオンザジャパン(美浦・小西一男厩舎、セン6歳)=53キロ=なども上位争いに加わってきそうな顔触れ。過去4年の3連単配当が59万1030円、31万70円、12万1740円、100万6440円と波乱続きだけに、アッと驚く伏兵の激走にも警戒が必要だろう。

    ヤマニンボワラクテー福島で期待、道悪もOK 

     
     天皇賞・春で17着のヤマニンボワラクテは“大好き”な福島で重賞初制覇を狙う。担当の寺田助手は「前走後は放牧先でササ針をしてもらい、いいリフレッシュになった。カイ食いもいいし状態は安定している」と報告する。

     当地は【2・1・1・0】と全て馬券圏内を確保。「大きい馬だけど、いいポジションにつけられるし不器用じゃないから。道悪も気にしないタイプだし他が苦にするなら有利ですね」と力を込めた。

     


    ヤマニンボワラクテー「前走に比べれば相手関係も一気に楽になる」

    【七夕賞(日曜=10日、福島芝2000メートル)注目馬最新情報:栗東】ヤマニンボワラクテの1週前追い切りは坂路で一杯に追われて4ハロン54・2―39・1―12・2秒。きびきびとして活気があり、追い出されての反応もシャープ。

     寺田助手「前走(天皇賞・春=17着)後は針をして放牧へ。こちらが心配するほど馬に疲れは残っていない様子です。福島は相性がいいし、前走に比べれば相手関係も一気に楽になる。ここは期待したい」




    競馬ファンなら知っているかな…
    すごい競馬

    ここの予想の激アツ
    今週もプロキオンSの予想をゲットできますw

    無料予想で重賞予想が激アツwwww
    誰でも・無料・フリーメールアドレス(ヤフー・グーグル可能)ですので
    見逃し厳禁。

    今週も見逃し厳禁・・・・・・・・

    button3-3-u




    【七夕賞予想|2016年|大注目馬、ヤマニンボワラクテ】の続きを読む

    5
    宝塚記念予想|2016年|ドゥラメンテがたくさんの不安点

     宝塚記念の枠順が23日、確定した。昨年の2冠馬ドゥラメンテは〔5〕枠(9)番に決定。過去最多タイの6勝を挙げ、勝率、連対率とも抜群の成績を残す好枠をゲットした。追い切った後も順調で、24日に阪神競馬場入りする。なお、馬券は25日から発売される。

     宝塚記念最多タイの6勝、勝率は単独トップ14・3%(出走10回以上)。1996年のマヤノトップガンや、2009年のドリームジャーニーなど数々の名馬が勝った〔5〕枠(9)番をドゥラメンテが引き当てた。

     22日の追い切りで絶好の動きをみせ、翌23日は美浦の北馬場で軽めの調整で歩様を確認。橋本助手は「硬さもなくて、いい感じですね。このままレースまでいってくれれば」と好感触を伝えた。

     長距離輸送の対策も万全だ。関西への輸送はこれまでも滋賀県のノーザンファームしがらきへの放牧で経験。馬体重が20キロほど減って翌日に10キロ戻る計算をしており、24日の午前4時に阪神競馬場へ向けて出発する。

     勝てば凱旋門賞(10月2日、仏シャンティー、GI、芝2400メートル)挑戦が、グッと現実味を帯びてくる今回の宝塚記念。最高の枠順からドゥラメンテが世界へ羽ばたく。



    堀先生が凄い自信をもっているらしいですけど・・・



    調教があまり良くないらしい
    この記者によると。


    能力でカバーできるかもしれませんがってね。




    デムーロ騎手もメインレース20連敗とかしていますしね。
    全て噛み合わず…飛ぶこともwwwww


    宝塚記念予想
    http://keibauma.com/yosou-taka3.html



    こうやって見ると…
    ここが激アツなのはわかる
    無料で宝塚記念の予想は見ることができます。
    すごい競馬
    ヤフーやグーグルのフリーメールで予想を見ることができます。
    だからチェックしちゃいましょう。無料会員で
    button3-3-u





    宝塚記念予想|2016年|キタサンブラックのついて考える

    ◆第57回宝塚記念・G1(芝2200メートル、26日・阪神競馬場)

     宝塚記念でファン投票1位に輝いたキタサンブラックが昨秋の菊花賞、今春の天皇賞に続くG1制覇に挑む。全10戦で一度も1番人気がないが、3つ目のタイトル奪取に向け、ハードな調教を消化。万全の仕上がりで本番へ向かう。

     支持に必ずこたえてみせる―。ファン投票1位の誇りを持って、キタサンブラックが宝塚記念に臨む。

     清水久調教師「前走(天皇賞・春=1着)と比べて悪くもなく、それ以上でもなく。同じような感じで、いいと思います」

     前走後に短期放牧を挟み、先月20日に栗東トレセンに帰厩。今月1日からCWコースで時計を出し始めて、先週までに計6本。量だけでなく、その質の濃さをデビュー時から調教で手綱を執る黒岩騎手が明かす。

     黒岩騎手「(前走の)天皇賞へ向けても結構(調教を)やっていたけど、今回は時計を出していながら余裕があります。もちろん前走も良かったけど、さらにいい感じ。テンションが上がるところがなく、いい意味で変化がないです。(潜在能力に)体が追いついてきて余裕があるから、負荷に耐えられるんでしょう」

     大阪杯(2着)から中3週で出走した天皇賞・春の時とは単純に比較できないが、感触は前走と同じか、それ以上だ。

     むしろ、比較しやすいのは菊花賞優勝後、同じく2か月ぶりで挑んだ昨年の有馬記念(3着)の時と似ている。当時も1週前までにCWコースで計6本時計を出したが、当週も含め、ラスト1ハロンで12秒台は一度もなかった。今回は2度。ハードな調教に応える走りが、充実ぶりを示している。 辻田厩務員「これだけ(調教を)やれること、それに耐えられること自体がすごい。体もドッシリとしてきたし、オンとオフの切り替えをできます。不安は全くないです」

     これまでにG12勝を含む重賞4勝。ただ全10戦で1番人気は一度もなかったが、ついにファンからナンバーワンの支持を得た。

     清水久調教師「自分で体をつくってくれるし、いつも通りやるだけ。いい競馬をしてくれるでしょう」

     レースでも、堂々トップでゴールを駆け抜ける。(宮崎 尚行)



    成績を見ると大きく負けているのが日本ダービーだけなんですよね
    6番人気14着。あれを北村宏司ミステイクと考えると
    ほぼ完璧。

    母父−サクラバクシンオーで勝てないと言われた
    菊花賞や天皇賞(春)をクリアー




    宝塚記念−2016年
    チェンジという競馬情報会社
    対象とするレースは昨年度、528,510円をマークした灼熱のグランプリ/宝塚記念となり
    、更に今回は通常の情報入手ルートに【的中精度の向上】を目的としたエッセンスを加える為、
    各馬券師がそれぞれ、最も信頼関係を築くパートナーを招聘しており、
    その費用を全額弊社持ちとして今回、
    そのイベント名をG1ーSURVIVE 【NEO】へと超絶進化しております! 【 利 益 上 乗 せ 】
     ここを目的として今週末…上半期、
    最終週を優秀の美で飾る『最適な環境』が整ったと考えておりますので是非、
    コチラのイベントを有効にご活用下さい!
    button3-3-u




    【宝塚記念予想|2016年|キタサンブラックのついて考える】の続きを読む

    5
    東京優駿予想(日本ダービー)2016年|サトノダイヤモンドを調べてみました

     「日本ダービー・G1」(29日、東京)

     出走馬、枠順が26日に確定した。皐月賞3着のサトノダイヤモンドは4枠8番から栄冠を狙う。「自由自在につけられる馬。ライバルも確認しながら、いい位置につけられる」と川合助手は納得の表情を見せる。

     前走後はハードな調教を課し、レベルアップに努めてきた。追い切り翌日の26日は運動の調整。「順調。いい追い切りができたので」と仕上げに胸を張った。



    日本ダービーのプロ予想が熱い
    ギャロップジャパンのプロ予想
    3連複予想などもチェックできますwww
    gpday
















    【東京優駿予想(日本ダービー)2016年|サトノダイヤモンドを調べてみました】の続きを読む

    このページのトップヘ