競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    競馬重賞注目馬

    5
    サウンズオブアース|京都大賞典2016年予想|デムーロとこの厩舎

    競馬は情熱・・・情熱競馬が熱い

    【京都大賞典(月曜=10日、京都芝外2400メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)注目馬6日最終追い切り:栗東】サウンズオブアースはM・デムーロを背に、ウッドでエジステンツァ(2歳未勝利)を追走。前半は離され気味も、人馬ともに慌てず、ゆったりとしたペースでラップを刻んでいく。3コーナー手前からジワジワと加速すると、直線入り口では射程圏に。ラスト1ハロン手前で軽く仕掛けられると低い重心で加速。うなるような勢いで標的をかわし去った(6ハロン81・9―37・5―12・4秒)。

     藤岡調教師「これだけ落ち着いて走れたこともなかったんじゃないかな。いい追い切りができた」



    サウンズオブアースって調べると重賞勝利していないんだよねw
    しかも…先週やらかしたあの厩舎なんだ

    ただ、騎手が祐一からデムーロへVERUP
    だから無視できないですけど


    昨年2着というバイアスもあるので
    買うって選択肢が正しいなwwwww


    京都大賞典予想
    http://keibauma.com/yosou-kyotoda2.html



    万馬券を無料情報でゲットしましょう
    勝馬伝説の予想が熱い
    だから無料情報からしっかり馬券をゲットしましょう
    kachium


















    5
    オールカマー予想|2016年|マリアライトをどうするか?

    情熱をもって競馬をやろう・・・情熱競馬が熱い訳

    <オールカマー:追い切り>

     中山メイン、オールカマー(G2、芝2200メートル、25日=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)の追い切りが21日、行われた。昨年の有馬記念馬ゴールドアクター(牡5、中川)、今年の宝塚記念を制したマリアライト(牝5、久保田)は、ともに美浦ウッドでさすがの動きを披露。

     春のグランプリホース、マリアライトも秋初戦へ好仕上がりだ。ゴールドアクターが駆け抜けてから3分後、同じ美浦ウッドを単走で力強く駆け抜けた。馬なりのまま、5ハロン71秒1−13秒4。馬体をふっくらと見せ、大きな跳びも春と変わらない。久保田師は「いつも通りです。力のいる馬場だったが、頑張って走ってましたよ」と合格点を与えた。

     春は牝馬として11年ぶり史上3頭目の宝塚記念制覇を達成。昨年同様にオールカマーで始動し、エリザベス女王杯連覇、暮れの有馬記念を視野に入れる。「去年とは立場が変わったし、どこまでやれるかとは言っていられない。強い馬はいるけど、いい状態で出せます」と久保田師。「勝ったことがないのでどこかで勝ちたい」と話すように、昨年の有馬記念(4着)、日経賞(3着)で連敗を喫したアクターにライバル心を燃やす。ドゥラメンテを封じた春の大一番から3カ月、グランプリホース対決を制し、国内最強の道を歩み出す。【木南友輔】




    勝馬伝説の予想が注目
    只今限定無料会員募集中wwwwwwwwwwwww
    無料情報で万馬券Get
    kachium
















    【オールカマー予想|2016年|マリアライトをどうするか?】の続きを読む

    神戸新聞杯予想|2016年|サトノダイヤモンドの注目点


    「広告」 ここクリックして競馬で負けたら諦めます

     菊花賞トライアル・神戸新聞杯の追い切りが21日、東西トレセンで行われた。秋は最高の輝きへ−。春は無冠に終わったサトノダイヤモンドが、CWコース単走で態勢を整えた。4ハロンから53秒4−11秒9という軽めのフィニッシュだったが、1週前の15日に3頭併せで6ハロン82秒0−11秒5をマークして最先着しており、予定通りのメニュー。軽く仕掛けられただけでキビキビした動きを見せた。

     池江調教師は「先週やっているのでサラッと。先週で態勢は整っていたし、トライアルとしては申し分ない状態」と胸を張った。皐月賞3着、日本ダービー2着だった春と比べて、「背腰に芯が通ったし、総合的にレベルが上がった」と指揮官は分析する。

     ダービー後、一度も騎乗していないルメール騎手も「調子は問題ないと聞いている。ポテンシャルはメチャ高い。(ダービー馬の)マカヒキと同じ。秋は楽しみ」と手応え十分の口ぶりだ。



    勝馬伝説ここの無料コンテンツが激アツ
    だって・・・無料情報で万馬券らしいwwww

    kachium


















    【神戸新聞杯予想|2016年|サトノダイヤモンドの注目点】の続きを読む

    5
    ローズS予想|2016年|注目馬-シンハライト

    すごい競馬は当たるんですねよ…すごい競馬

     樫の女王シンハライトが秋華賞TR「第34回ローズS」(18日、阪神、GII、芝1800メートル)で秋初戦を迎える。桜花賞馬ジュエラーも参戦と、前哨戦の枠を超えた激戦が期待できそうだ。

     ひと夏を越したシンハライトは、ひと回りもふた回りも馬体の厚みを増した。先週7日の坂路では上がりだけ強めに追って4F53秒5、ラスト1F12秒7。ゼンノブレーメンに2馬身の先着と、オークスを制した瞬発力はもちろん健在だ。

     「乗るのはオークス以来。抜け出してフワッとする面はあったけど、許容範囲。緩さはなく、バネがあり、乗り味もすごくいい。体がふっくらしていたのはうまく夏を越した証し。これだけの馬は順調なのが何より」と跨った池添騎手から笑みがこぼれた。そして「あとはゲート。秋華賞は京都内回り。よりゲートが大事になるからね」と気を引き締めた。

     石坂調教師も「初戦からしっかり走れるよう仕上げてきた。次につながるレースをしてくれればいいが、オークス馬としてぶざまな競馬はしないと思う」とキッパリ。本番さながらのスパートで好発進を決めたい。(夕刊フジ)




    競馬ファンならここの予想を見逃すのはもったいない
    だから私は毎日チェックしますwwwww
    勝馬伝説-激アツ予想を見逃すな
    kachium




















    【ローズS予想|2016年|注目馬-シンハライト】の続きを読む

    セントライト記念|2016年|注目馬−マウントロブソン

    今週も熱い予想を提供決定・・・・情熱競馬

     「セントライト記念・G2」(18日、中山)

     ダービー7着以来のマウントロブソンは8日、美浦Wで3頭併せ。

     直線で両サイドからプレッシャーをかけられながらも、ひるむことなく馬体を並べてフィニッシュした。5F71秒2−39秒8−12秒7と時計は目立たないが、「反応は良くなってきました」と渡辺助手は上昇を伝える。「1回使ってさらに良くなるかなという感じだけど、舞台は合いそうですね」と3戦2勝の中山を強調点に挙げた。




    マウントロブソン
    父−ディープインパクト
    母−Mr. Greeley


    2016年−マウントロブソン スプリングS




    1着 マウントロブソン シュタルケ
    2着 マイネルハニー 柴田大知
    3着 ロードクエスト 池添謙一



    競馬情報は無料でゲット
    期待できる情報は万馬券クラス
    勝馬伝説が熱い

    kachium
















    【セントライト記念|2016年|注目馬−マウントロブソン】の続きを読む

    5
    今週から中山競馬場開催
    開幕週の芝コースには著しく特徴がwwww


    2015年
    nakayamashiba









    ↑↑
    まあ内枠だよねwwwww


    2013年
    nakayamawaku2









    ↑↑
    まあ外枠だよねwwwwww


    普通にみたら2016年も内枠な気がするけど
    京成杯AHも内枠に注目


    京成杯AH予想
    http://keibauma.com/yosou-keiouah1.html


    紫苑S予想
    http://keibauma.com/yosou-shions.html



    競馬情報は無料情報で万馬券が基本wwwww
    勝馬伝説

    kachium























    5
    2016年新潟記念予想|アルバートドック|注目馬
     

     サマー2000シリーズ最終戦、新潟記念の追い切りが31日、東西トレセンおよび新潟競馬場で行われた。七夕賞を快勝したアルバートドックは、栗東CWコースで伸びのある動きを披露。好調をキープしており、シリーズ制覇に意欲満々だ。小倉記念を勝ったクランモンタナは坂路の併せ馬で先着。気迫あふれる走りで、こちらも夏の王者を狙っている。

     今の充実ぶりが伝わってきた。七夕賞で重賞2勝目を挙げたアルバートドックが、軽快な動き。夏の王者に向け、態勢を整えた。

     「前走時と同じようなイメージで調整できました。いい状態で来ています」

     野見山助手が笑顔で振り返った最終追い切りは、CWコースで単走。序盤から人馬が呼吸を合わせ、ゆったりと進めていく。スムーズにコーナーを回って、手応えよく直線へ。ゴール前で仕掛けられると、伸びのあるフットワークで駆け抜けた。6ハロン84秒0、3ハロン39秒5−13秒0と目立つ時計ではないが、前回の最終追いも強め程度(6ハロン85秒7)。セーブ気味は予定通りで、仕上がりに不安はない。

     前走の七夕賞は、中団から早めに動いて快勝。今年2月に定年解散した松田博資厩舎から、転厩4戦目で復調をアピールした。中間は滋賀県の吉澤ステーブルWESTに放牧に出され、8月4日に帰厩。心身ともに健やかな姿に、野見山助手が目を細める。

     「前回よりカイバ食いがよく、体がふっくらして張りもあります。落ち着きも出て、馬が自信を付けたみたいですね」

     サマー2000シリーズは、現在トップのネオリアリズムに3ポイント差の2位タイ。勝てば、王座獲得となる。新潟は初めてで、左回りも2戦し18、7着と好結果が出ていないが、陣営のトーンは高い。

     「広い新潟なら道中でゆっくり構えることができるので、この馬の競馬ができると思います。(サマーシリーズを)意識しますし、勝ちたいですね」と野見山助手は力を込める。

     今年の最大目標は、天皇賞・秋(10月30日、東京、GI、芝2000メートル)。サマーチャンピオンの称号を手にし、弾みをつけて実りの秋を迎えたい。(鈴木康之)

    ■サマー2000シリーズ

     芝2000メートルの重賞計5戦で獲得ポイントを競う。1勝以上で13点以上が優勝の条件で、ポイント最上位馬が複数の場合、それぞれが優勝。優勝馬の馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円が褒賞金として贈られる。新潟記念は1着に10点、2着に5点、3着に4点、4着に3点、5着に2点、6着以下に1点が与えられる。




    新潟記念の予想が熱い・・・・

    すごい競馬


    無料予想で万馬券期待度No1
    まずは無料予想からしっかり期待度大
    niigatasog









    【2016年新潟記念予想|アルバートドック|注目馬】の続きを読む

    小倉記念予想|2016年|ダゴール&小牧に注目

    ◆第52回小倉記念・G3(7日・芝2000メートル、小倉競馬場)

     サマー2000シリーズ第3戦、第52回小倉記念・G3(7日)は“熟年コンビ”が主役を務める。シリーズ初戦の七夕賞2着の雪辱を期す8歳馬のダコールとタッグを組むのは、48歳のベテラン、小牧太騎手。真夏の暑さに負けない熱い走りを誓う人馬から目が離せない。

     もどかしい思いが募っている。前走の七夕賞。小牧はダコールを直線で必死に追ったが、前を行くアルバートドックとの差がなかなか詰まらず、半馬身差の2着だった。

     「力のあるところは見せてくれているんだけどね。スムーズに外へ出すと、ハミを取らなかった。良くも悪くも、相手なりのタイプだから」

     ダコールと初めてタッグを組んだのは昨年5月の新潟大賞典。それまでキャリア36戦で2着10回、3着8回と“善戦マン”だった7歳馬を中団からの差しで重賞初制覇へ導いた。今年は重賞4戦のいずれもハンデ戦で58キロを背負いながら〈4〉〈2〉〈4〉〈2〉着。非常に手が合う鞍上は、小倉記念への課題を挙げる。

     「この馬はちょっと直線で行き場がなくなるような感じで詰まって、ラスト100メートルぐらいで前が開くという形が理想。今回は4つのコーナーで(馬群が)ばらけやすいので、その点がどうかやろうね」

     来月7日で49歳になる。平地を中心に騎乗する関西の騎手としては最年長だが、普段からダートコースを走って体力維持に努めている。減量にも対応して、今年は4年ぶりに52キロで騎乗した。例年、夏場は暑い中京、小倉が主戦場。小倉記念は兵庫所属時代の2001年にロサードで勝ったが、04年の中央入り後は未勝利だ。

     「自分の小倉記念というより、ダコールに早く勝たせてあげたい。8歳という年齢を感じさせないぐらい頑張っているし、ジョッキーの手綱さばきにかかっている馬。何とかしたい」

     悔しい思いはもういらない。2つ目のタイトルを手に、夏の中距離王者へ。小牧は熟年コンビで挑む大勝負に燃えている。

     一方、衰え知らずの8歳馬ダコールは前走後も、夏の栗東で元気いっぱいに調整を続けている。中竹調教師は「年齢を重ねてもずぶくなったとかはないし、前走後も変わりなく順調にきている」と状態面に胸を張る。

     今年は4走全てハンデ戦に出走。いずれも最重量58キロを背負っての戦いだったが、「斤量は気にしてない。馬場さえ良ければ大丈夫」とトレーナーが話すように、常に人気以上の結果を出してきた。

     そんなキャリア43戦のベテランが、唯一の重賞Vを飾った新潟と並んで得意にするのが小倉だ。「路盤の硬いコースが合っている。以前から競馬に行って、ソラを使うところがあるけど、小牧ジョッキーはよく分かってくれているし、もうひと押し」と中竹師。2つ目のタイトルをゲットして、シリーズ優勝へ大きく前進するか。



    ここは注目、
    激アツwwwww


    まずは無料会員でお試しですよね
    情熱競馬

    こちらの予想が激アツ

    ▼「一週間を前向きに生きるチカラを」明日に繋がる情報提供!
    競走馬、調教、厩舎、馬主、騎手、血統etc…
    競馬はありとあらゆる要素が複雑に絡み合う物。
    そしてその全てに「プロ」と呼ばれる人物が必ずいます。
    我々情熱競馬は第一線で活躍する「プロ」にスポットを当て、その人の持つ最大の実力を情報として提供。
    情熱競馬の大切な3つの価値観
    ・当たり前な事に、当たり前ではない情熱を持って取り組もう
    ・お客様よりも、お客様の事を情熱的に考えよう
    ・逃げもかくれもせず、正面から情熱を持って伝えよう


    button3-3-u




    【小倉記念予想|2016年|ダゴール&小牧に注目】の続きを読む

    函館2歳S予想|2016年|ロイヤルメジャーが注目な理由

    【函館2歳S(日曜=24日、函館芝1200メートル)注目馬20日最終追い切り:函館競馬場】ロイヤルメジャーは加藤を背にウッド5ハロンから併せ馬。1馬身遅れたが、余力を残したもので、脚取りは力強かった(69・3―39・6―12・9秒)。

     加藤騎手「先週しっかりやったので今朝は速くならないように。初戦より反応が良くなっている。馬場が渋っても大丈夫」




    ロイヤルメジャーの新馬戦




    強い感じですねwwwwww




    競馬ファンならここ信頼
    私もここのお陰で儲けさせてもらっていますwww
    情熱競馬の予想が熱い

    だからいつもお世話になっております
    無料会員だけで充分wwwww

    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓             
    〓〓オペレーションズ・リサーチ〓〓             
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ■

    オペレーションズ・リサーチとは
    ┗実際にアメリカ空軍や日本にも日本オペレーションズ・リサーチ学会等が組織されており、
    数学的・統計的モデル、アルゴリズムの利用などによって、
    さまざまな計画に際して最も効率的になるよう決定する技法。

    軍事的にも利用されており、この手法を取るのは既に当たり前になっているからこそ、
    それをいち早く競馬へと応用し、多大なる利益を挙げる馬券師がこちら!!
    ……………………………………
    【 氏名 】:谷橋I氏
    ……………………………………
    【 性別 】:男性
    ……………………………………
    【 年齢 】:57歳
    ……………………………………
    【 経験 】:馬券師歴7年
    ……………………………………
    ※馬券師歴こそ7年と経験こそ浅いが、
    オペレーションズ・リサーチにおいては一流!
     オペレーションズ・リサーチにより、
    最も効率的な買い目を提供することが可能で
    昨年度弊社内での馬券師ランキングでも的中率部門で第3位に輝くなどまさに
    今期待の馬券師!!
    これまで多くの会員様へ高額配当を含めて多数の的中をお届けして来た
    プロ中のプロが情報を提供する
    今週は… ま┃さ┃に┃稼┃ぎ┃時┃!!┃
     ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
    的中警報発令の緊急事態だけに、 ぜひこのチャンスをお見逃しなく!!
     今週は最大は過去データより算出した


    button3-3-u



    中京記念予想|トウショウドラフタが熱い理由

     マイルに変更されてからの4年で3番人気以内の馬が1度も連対しておらず、2000m時代を含めて1番人気が勝ったのは1999年のエリモエクセルが最後という中京記念。今回も混戦必至のメンバー構成となった。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

    ■7/24(日) 中京記念(3歳上・GIII・中京芝1600m)

     ダッシングブレイズ(牡4、栗東・吉村圭司厩舎)は前走の京王杯スプリングCで4着。初の1400mということもあってか、直線なかなか勢いがつかなかったが、最後にいい伸びは見せた。距離延長、メンバーも前走よりは落ちる今回は勝ち負けを期待したいところだ。

     トウショウドラフタ(牡3、美浦・萱野浩二厩舎)はNHKマイルCで5着。後方追走から直線で前が詰まってしまったが、馬群を割ってよく追い上げた。ベストはその前に3連勝している1400mだろうが、1600mでもやれるところは十分に見せた。ここで古馬を破っての重賞2勝目なるか。

     その他、休み明けのパラダイスSを制したマイネルアウラート(牡5、美浦・高橋裕厩舎)、米子Sを4馬身差で圧勝したケントオー(牡4、栗東・西橋豊治厩舎)、前走惨敗もここなら差はないダノンリバティ(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)、昨年の覇者スマートオリオン(牡6、美浦・鹿戸雄一厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。


    トウショウドラフタ
    父−アンライバルド
    母父−ジェイドロバリー


    中京競馬上では重馬場でこのパフォーマンス






    ここでは格上だと信じたいwwwww


    中京記念予想
    http://keibauma.com/yosou-chuukyou1.html



    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    勝馬伝説 
    http://www.l-horse.com/
    勝馬伝説の無料情報だけで万馬券ゲット。無料情報に期待。

    チェンジ
    http://www.5il.org/
    重賞の無料馬連予想の的中率が半端ない。

    すごい競馬 
    http://www.shopwin.biz/
    マル秘情報で先を行け!信頼の競馬情報

    by 競馬情報会社.com

    このページのトップヘ