競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    秋華賞予想

    ビッシュ|秋華賞2016年|注目馬まとめ

     牝馬三冠の最終戦となる、GI秋華賞(10月16日/京都・芝2000m)。ここにきて、ひと際注目を集めているのは、ビッシュ(牝3歳)だ。同じ世代の中ではかなり遅くにデビューしたものの、そこから着実にステップアップ。目前に迫ったこの大舞台では、いよいよタイトルを狙える位置にまできた。

    【写真】秋華賞を制覇したシンハライト、ビッシュと同じく父は名馬ディープインパクト

     牝馬クラシック第2弾のGIオークス(5月22日/東京・芝2400m)では、早めに動く積極的なレースで3着。夏の休養を挟んで臨んだ秋華賞トライアルのGIII紫苑S(9月10日/中山・芝2000m)では、大外枠スタートから豪快にまくって、2着に2馬身半差をつける完勝を決めた。近走の充実ぶりを見れば、文句なしの有力候補である。

     しかも、最大のライバルで、秋華賞の最有力候補と目されていたオークス馬、シンハライトが出走を回避。戴冠の可能性はますます高まったと言える。

     一躍、秋華賞の”主役”に躍り出たビッシュ。デビューしたのは、3歳となった今年の2月だった。ほとんどの馬が2歳で初陣を迎える中、彼女のキャリアの始まりがここまで遅くなったのは、どんな理由があったのだろうか。

     デビュー前の調整や、レースの間の短期放牧にビッシュが訪れるノーザンファーム天栄(福島県)。場長を務める木實谷(きみや)雄太氏は、デビューまでの道のりについてこう振り返る。

    「今も体は小さいのですが、デビュー前にこちらにきたときも『小柄で、ちょっと頼りないな』という体つきでした。それゆえ、成長をうながしつつ、他馬よりも調教メニューを少し加減しながら、じっくり、じっくりとデビューへと調整を進めてきました」

     デビュー戦が418kg、以降も420kg以下の馬体重でレースに出走しているビッシュ。もともと「他馬よりも、1日の調教による消耗度が大きかった」と木實谷氏は言う。だからこそ、時間をかけて育てていった。

    「そうは言っても、当時から動きはよかったですね。ディープインパクトの子どもらしいバネがありましたし、能力の高さは感じていました。あとは、それが発揮されるだけのトレーニングができるかどうか。サラブレッドもアスリートですから、いくら素質があっても、トレーニングが積めないと(レースで)通用しないので」

     こうした背景からデビューは遅れたものの、ビッシュは自らの素質を見せつけるかのように、新馬、500万下条件と2連勝を飾った。デビュー戦に至っては、5馬身差の圧勝だった。

    「(デビュー戦の頃は)まだまだビシビシと調教できない段階でしたが、そんな状況であれだけ走るのですから、『やはり素質は高いな』と感じました。ただ、2戦目を終えて天栄に戻ってきたときは、疲労困憊という状態でしたね。馬体も減っていて、回復には苦心しました」


    秋華賞の予想はここの無料予想
    チェンジの予想が激アツwwww
    だから無料予想で当たりをゲットしようw
    shuukacyenj























    【ビッシュ|秋華賞2016年|注目馬まとめ】の続きを読む

    3
    【秋華賞予想】予想結論

    競馬ブログはここをチェック



     【秋華賞】タッチングスピーチ スタンド前発送でも不安無し

    【秋華賞(日曜=18日、京都芝内2000メートル)栗東発トレセン秘話】恥ずかしながら、この年になって“パドックの真実”を初めて知った。構造上、観客の声が反響しやすく馬がイレ込みやすい競馬場と、その逆があるということ。また、同じ馬の周回でも、観客側を歩く時とオッズ掲示板側を歩く時では馬のテンションが違うこともあるそうだ。

    「やっぱり馬も大勢の人の近くに行くと、気になってしまうことがあるからね。その一場面だけでイレ込んでいると言われても…。反対側を歩く時はスッと落ち着いていたりすることもあるよ」

     こう説明してくれたのは石坂厩舎の桑村光史助手だ。競馬場の造り、大勢のファンの圧迫感、声の反響…もろもろの状況を踏まえて馬の気配を見なければいけないのだとしたら、パドックでの馬見というのも簡単な作業ではない。

     今週末に行われるGI秋華賞は京都芝内回り2000メートルでの施行。コーナー4つ、直線の短さなどに注目が集まるが、ひょっとしたらそれ以上に重要な“地点”はスタートの場所かもしれない。オークスと同じくスタンド前からの発走。繊細な牝馬のGIで大勢の観客の前、歓声や圧迫感を間近に感じながら気持ちを平常に保つことができるかどうかは、レースの大きなポイントと言える。

    「ノンビリしておとなしいのがこの馬のいいところ。ディープっぽくないというのかな。そのあたりは母系が出ているんだろうね」

     こう語るのはタッチングスピーチを秋華賞に出走させる前出の桑村助手。初のGI挑戦。それでもこの馬の普段の落ち着きぶりならスタンド前の発走も難なくこなして、ポテンシャルをきっちり発揮してくれそうな気がする。

    【秋華賞予想【2015年】|予想結論・・・この騎手データ】の続きを読む

    このページのトップヘ