競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    重賞予想結論

    阪神ジュベナイルフィリーズ予想|2016年結論


    ここの無料予想が熱い・・・勝馬伝説

     11日に阪神競馬場で行われる、第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳・牝・GI・芝1600m・1着賞金6500万円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、怪物フランケルの初年度産駒で無傷の3連勝を狙うソウルスターリング(牝2、美浦・藤沢和雄厩舎、2.7倍)が支持された。

     続いての2番人気はアルテミスSを制したリスグラシュー(牝2、栗東・矢作芳人厩舎、3.6倍)、3番人気は小倉2歳Sを圧勝したレーヌミノル(牝2、栗東・本田優厩舎、7.3倍)となった。

     以下、無傷でデイリー杯2歳Sを制したジューヌエコール(牝2、栗東・安田隆行厩舎、7.9倍)、中京2歳Sを制しているディーパワンサ(牝2、栗東・松下武士厩舎、11.9倍)、新潟2歳Sを勝ったヴゼットジョリー(牝2、栗東・中内田充正厩舎、16.0倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    02 ソウルスターリング 2.7
    18 リスグラシュー 3.6
    04 レーヌミノル 7.3
    11 ジューヌエコール 7.9
    01 ディーパワンサ 11.9
    17 ヴゼットジョリー 16.0
    08 サトノアリシア 42.7
    12 アリンナ 43.4
    09 ジャストザマリン 64.6
    16 シグルーン 70.1
    07 ブラックオニキス 80.5
    06 ショーウェイ 91.2
    10 クインズサリナ 129.9
    13 ゴールドケープ 131.3
    05 ポンポン 134.0
    03 エムオービーナス 158.2
    14 スズカゼ 173.1
    15 フェルトベルク 280.7

     その他、馬連は02-18が5.4倍、馬単は02-18が9.4倍、3連複は02-11-18が9.9倍、3連単は02-18-11が33.2倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

    【阪神ジュベナイルフィリーズ予想|2016年結論】の続きを読む

    5
    金鯱賞予想結論|2016年|やっぱり順調な馬

    無料情報が熱い・・・チェンジ予想

    <金鯱賞:追い切り>

     昨年の有馬記念16着以来となるリアファル(牡4、音無)は11月30日、坂路で同じ金鯱賞に参戦するレコンダイトと併走。4ハロン51秒3−12秒9の好時計で半馬身先着した。

     2週続けて追い切りに騎乗したシュタルケ騎手は「先週は重かったけど、今日は良くなっている。長期休養明けがどうかだけど動きはいい」と評価した。菊花賞ではキタサンブラックと小差の3着。注目の復帰戦だ。

     
    金鯱賞ー傾向

    中京競馬は7月以来の開催。週中での降雨はなく土曜も晴れ予報。芝は絶好のパンパン馬場でのレースになりそうだ。速い時計は間違いなく、近年に多く見られる“超高速”決着までありそう。そうなれば金鯱賞(中京11R)◎パドルウィールにも勝機はある。格上挑戦の身だが、ここと同舞台だった3走前の1000万クラスをレコードV。走破タイム1分58秒4は昨年の金鯱賞の勝ち時計よりも0秒4速い超抜時計だ。

     中尾師は「芝質が合っているんだろうね。この条件はベストだし、あの競馬ができれば重賞でも勝ち負けできる」と手応えをにじませていた。絶好の内枠の(3)番を引き当て運も味方。持ち前のスピードで他馬を蹴散らす。

     
    金鯱賞ー展開

    来れば高配必至なだけに馬券は手広く。馬連と馬単。相手は中京巧者のサトノノブレス、素質上位のリアファルが本線。トーホウジャッカル、ヴォルシェーブ、ヤマカツエース、レコンダイトを押さえる。

     典型的な逃げ馬不在でハナは押し出されたスズカデヴィアス。長期休養明けのリアファルが好位で折り合えばペースは上がらない。ヤマカツエースも前めで構え、サトノノブレス、ヴォルシェーブは後方から。直線は瞬発力が問われる。

    【金鯱賞予想結論|2016年|やっぱり順調な馬】の続きを読む

    ステイヤーズステークス予想結論|2016年

    無料情報で⇒万馬券…勝馬伝説が熱い

    ◆ステイヤーズS追い切り(11月30日・美浦トレセン)

     12月3日に中山競馬場で行われる名物マラソンレース、第50回ステイヤーズS・G2は、JRAの平地競走で最長となる芝3600メートルを舞台に行われる。連覇を狙うアルバート(牡5歳、美浦・堀厩舎)が30日、美浦トレセンで最終追い切りを行った。

     昨年のこのレースで手綱を執ったムーアを背に、ウッドチップコースで3頭併せ。先頭のコリエドール(2歳500万)、その1馬身後方のオメガドラクロワ(2歳未勝利)を2馬身追走した。3コーナーで差を詰め、横一戦に並んで直線向くと、ラスト1ハロンで軽く仕掛けられて最先着を果たした。

     調教から引き上げてきたムーアは「今年初めて乗ったので昨年と比較はつかないが、状態は良さそう。大丈夫だよ。去年勝っているレースだからね」とクールな表情。昨年は500万から4連勝で重賞初勝利となり、5馬身差の圧勝だった。今年も堂々の主役だ。

    【ステイヤーズステークス予想結論|2016年|この馬から普通に】の続きを読む

    ジャパンカップ予想|2016年|予想結論

    ここの無料予想熱い→無料の情報をしっかりGETしましょうw

     「ジャパンカップ・G1」(27日、東京)

     雪で視界が悪い中でも動きの良さは目立っていた。天皇賞・秋7着からの巻き返しを狙うルージュバックは24日、美浦Wで併せ馬。3馬身前を行くダノンバウンド(3歳500万下)を目標にスタート。直線半ばで内からあっさり抜き去ると、2馬身先着を果たした。

     4F52秒5−37秒1−12秒8の時計に、大竹師は「今回はこの秋3戦目。攻め過ぎず、大事にし過ぎずでね」と追い切りの意図を説明。いつもは2頭を先行させてプレッシャーを与える調教をメインとしているが、今回は1頭に減らし、その上で「鋭い反応が見られました」と評価した。

     天皇賞・秋は直線で他馬に進路をふさがれてしまい、不完全燃焼の競馬だった。「力さえ出し切れば、G1タイトルに届くと思う」と強気に前を向く。11年ブエナビスタ、12、13年ジェンティルドンナ、そして昨年のショウナンパンドラと、過去5年で牝馬が4勝と大活躍。今年も牝馬から目が離せない。

    【ジャパンカップ予想|2016年|予想結論】の続きを読む

    京阪杯予想|2016年|一発狙います

    いつも参考にしています→すごい競馬の無料予想・・・当たるかもw


     秋の京都を締めくくるのは古馬のスプリント重賞「第61回京阪杯」(27日、GIII、芝1200メートル)。注目は1000万下→準OPを一気に駆け上がってきた南半球産の4歳馬メラグラーナだ。

     近2走に本格化の兆しが充満している。ともに3F33秒台前半のメンバー最速となる上がりをマーク。極上の反応だった前走・セプテンバーSで鞍上の福永騎手も虜になったようで、「遅生まれでまだ成長に合わせている段階だが、思った以上に走ってくれている。来年は中山のGI(スプリンターズS)を走っているはず」とメロメロだ。

     そのレース中にトモに軽い外傷を負い、間隔こそ空いたが、17日のCWコースでは6F81秒5、ラスト1F11秒5の絶品時計を馬なりでマーク。久々の重ったるさは微塵もない。ユーイチ(レースは松山騎手)が残したコメントが本音だったのか、この一戦でハッキリとしそうだ。(夕刊フジ)

    【京阪杯予想|2016年|一発狙います】の続きを読む

    マイルCS予想|2016年|予想結論、超一発大穴で


    プロの予想は一味違う、無料コンテンツがまず熱いwwww−勝馬伝説で万馬券w

     絶対王者モーリスがいない第33回マイルチャンピオンシップ(11月20日、京都芝外回り1600m、3歳以上GI)は、上位拮抗の大混戦になりそうだ。

     勝っても不思議ではない馬が何頭もいるなか、1番人気になるのは、前哨戦のスワンステークスを勝ったサトノアラジン(牡5歳、父ディープインパクト、栗東・池江泰寿厩舎)だと思われる。早くから期待され、池江調教師が「種牡馬にしなくてはいけない馬」と話している大器だ。ここに来て、馬自身がレースでの力の出し方をわかってきたかのような充実ぶりを見せている。

     マイルでは昨春の準オープン以来勝利から遠ざかっており、今年は1400mでしか勝っていないが、2000mでも勝ち鞍があり、昨年のこのレースでモーリスから1馬身半差の4着だから、距離に不安はない。

     父ディープインパクト×母の父ストームキャットというのは、キズナやエイシンヒカリ、ラキシス、リアルスティールなどと同じ、大舞台に強い「黄金配合」。菊花賞でGI初制覇を遂げた「サトノ」の冠の馬には良血が多いだけに、殻を破った今、大ブレイクする可能性がある。

    「またルメールか」なら、イスラボニータ。

     昨年、モーリスらを抑えて1番人気になりながら3着に敗れたイスラボニータ(牡5歳、父フジキセキ、美浦・栗田博憲厩舎)が、雪辱を期してここに臨む。前走の富士ステークスは、4カ月ぶりの実戦で58キロを背負いながら2着を確保。さすが皐月賞馬というところを見せた。

     3歳だった一昨年の秋は、セントライト記念(1着)、天皇賞・秋(3着)、ジャパンカップ(9着)というローテーションだったが、昨年は、毎日王冠(3着)、天皇賞・秋(3着)、マイルチャンピオンシップ(3着)と2000m以下に専念。それでも勝ち切れなかった。今年は富士ステークスを叩いてからここ、と、きっちりマイルに照準を絞ってきた。

     鞍上のクリストフ・ルメールは、一昨年の天皇賞・秋、前走の富士ステークスにつづいて3度目の実戦だから、よさも癖も把握しているだろう。終わってみたら「またルメールか」というパターンも十分考えられる。



    今の京都というか明日の京都を見ると・・・・



    【マイルCS予想|2016年|予想結論、超一発大穴で】の続きを読む

    東スポ杯2歳S予想|2016年この馬強いと思いますw


    情熱競馬の予想が注目−情熱があるからこそ無料予想が熱い


     ブレスジャーニーはサウジアラビアRCで強力関西馬を豪快にぶった切った。「追ってからスムーズに反応した。折り合いも問題ないし、あの感じなら距離は延びても大丈夫そう」と、柴田善騎手は1F延長にもドンと来い! 2週連続で追い切りに跨り、「動きに鋭さが出てきたね。精神的に大人になり、競馬も覚えてきている」と心身両面での成長をアピール。3戦すべて上がり最速の末脚が、再び唸りを上げそうだ。(夕刊フジ)

    【東スポ杯2歳S予想結論|2016年|この馬強いと思います】の続きを読む

    5
    マイルCS予想2016年|サトノアラジン徹底分析

     遅咲きの血がいよいよ開花。サトノアラジンがGI初制覇へ万全をアピールだ。

     栗東CWコースで1馬身前にいたプリンスダムをピタリとマーク。楽な行きっぷりも、気持ちはピンと張り詰めている。だからだろう。直線でGOサインが出た瞬間、鋭く反応してアッという間に引き離した。力の要る馬場でラスト1F11秒6と豪快に弾け、5馬身先着。「いい動きだった。前走を使って仕上がっていたので、それほど強くはやらなかったけどね」と、池江調教師は余裕の手応えだ。

     5歳の秋、ついに本格化ムードだ。今春の京王杯SCで重賞初V。安田記念4着以来だった前走・スワンSでは最速の上がり3F33秒6で馬群を割り、突き抜けた。

     「トモの踏み込みとか本来のものでなかったのに、あそこまで弾けるとは。すごかったし、ビックリしたね」と池江調教師。「反動どころか、上積みを感じる。跳びが大きくて雨がダメな面はあるけど、天気や枠順はどうしようもない。刀を研いで鞘に収め、川田(騎手)に渡すまでが自分の仕事。いい感じですよ」と、自信満々の状態で大舞台に向かえそうだ。(夕刊フジ)



    サトノアラジン
    父−ディープインパクト
    母−マジックストーム


    重賞勝利
    2016年−京王杯SC・スワンS




    マイルCSはここの予想で万馬券GET
    無料会員が激アツなので注目していますwwww
    凄い。。。。競馬、すごい競馬
    sugoimairucs
















    【マイルCS予想2016年|サトノアラジン|徹底分析】の続きを読む

    5
    福島記念予想|2016年|予想結論、怖い怖いマイネル

    ここが激アツ・・・無料コンテンツで万馬券期待度大⇒チェンジ

     福島記念(GIII・芝2000m)に美浦から出走する注目馬について、管理する各調教師のコメント。

    ゼーヴィント(牡3・美浦・木村哲也)について、木村調教師。
    「前走(セントライト記念・GII・2着)後は放牧に出ましたが、牧場では完全にオフにしないでコンスタントに調教をこなしていました。帰厩後は馬の気持ちを確かめながらの調整です。先週はしっかりと動かす調教をして、今週(11/9)はトップギアに入れたいあたりで後ろから馬を来させるという追い切りをしました。タイトな併せ馬だったので、馬がそれにビックリしたのか少しモタれていましたが、トップギアになってからはまっすぐに伸びてくれました。追い切りではこちらの考えていたテーマをクリアしましたし、出走態勢は整ったと思います。想定していたくらいのハンデ(55キロ)ですし、福島は実績がありますので良いレースをしてほしいですね」

    マイネルラクリマ(牡8・美浦・上原博之)について、上原調教師。
    「今週(11/9)は雨の影響もあり馬場が悪かったわりには、時計も動きも良かったですね。休み明けですが、体付きも前走と同じくらいでしょうし、良い状態でレースに臨めそうです。57.5のハンデは仕方ないですね。この舞台は得意なので、頑張ってほしいです」

    ダイワドレッサー(牝3・美浦・鹿戸雄一)について、鹿戸調教師。
    「前走(秋華賞・GI・15着)の疲れはさほどなかったですし、ここまで順調です。ラジオNIKKEI賞で2着になっていますし、福島はこの馬には合うと思います。ハンデも52キロですし、どこまでやれるか楽しみは持っています」

    マイネルハニー(牡3・美浦・栗田博憲)について、栗田調教師。
    「今週(11/9)は反応も良かったですし、動きも素晴らしく、文句のない追い切りでした。休み明けを1度使った上積みはあります。スピードがありますし、小回りは他の馬が苦にする分、良いのではないでしょうか」

    ダイワリベラル(牡5・美浦・菊沢隆徳)について、菊沢調教師。
    「前走の中山のマイル戦(京成杯AH・GIII)は4着と頑張りましたが、少し忙しい感じでした。その点、福島の2000mは良い条件だと思います。寒い時期は体が増えるのですが、現在は530キロくらいですし、追い切りも長めから追ってしっかり動いています。出たなりでうまく流れに乗ることができれば、好勝負できるのではないかと思います」

    シャイニープリンス(牡6・美浦・栗田博憲)について、栗田調教師。
    「前走(アイルランドT・OP・7着)を使って順調に良くなっていますし、今週(11/9)の追い切りもまずまずの動きでした。最近は2000mくらいの距離を慣らしながら使っていますし、この舞台も問題ないでしょう」

    (取材・写真:佐々木祥恵)




    情熱競馬−秋天で無料推奨していた
    リアルスティールは熱い
    エリザベス女王杯の穴馬はここでゲットせよ
    erijyounetu















    【福島記念予想|2016年|予想結論、怖い怖いマイネル】の続きを読む

    エリザベス女王杯予想結論|2016年|一発しっかり狙います

    プロはわかっている・・・・ここの無料予想を見れば馬券的中につながる


    エリ女は格上がいる時はそれをねらえ!!

     ダンスパートナー、メジロドーベル、ダイワスカーレット、スノーフェアリーなど、競馬史に残る名牝が勝ち馬に名を連ねる第41回エリザベス女王杯(11月13日、京都芝外回り2200m、3歳以上牝馬GI)。精鋭15頭による戦いを制するのは、連覇を狙うグランプリホースか、昨年の牝馬二冠馬か、それとも、勢いのある3歳馬か。

     昔から「牝馬は格より調子」と言われている。この格言は、過去の成績にとらわれて高配当を獲り逃さないよう戒めているわけだが、「格上の牝馬が絶好調なら鉄板」と受けとることもできる。

     今のマリアライト(5歳、父ディープインパクト、美浦・久保田貴士厩舎)は、まさにそういう状態に見える。

     昨年このレースを勝ってGI初制覇を遂げたあと、有馬記念は1馬身差の4着。今年は、日経賞3着、目黒記念2着と来て、宝塚記念でドゥラメンテ、キタサンブラックら超一流の牡馬を負かし、グランプリホースとなった。そして、休養明けの前走、オールカマーで5着となり、ここで連覇を狙う。

    堅実派はもちろん武器だが、負けるとしたら。

     オールカマー5着からエリザベス女王杯というローテーションは去年と同じ。去年が5馬身1/4離されての5着だったのに対し、今年は1馬身3/4差の5着だから、順調度では今年のほうが上だ。

     よく「牝馬は難しい」と言われるが、3、2、1着とひとつずつ着順を上げたり、休み明けを叩くと期待どおりに一変したりと、次にどうなりそうか計算できる強みがある。

     ただ、高いレベルで安定していることはもちろん強調材料なのだが、こういう堅実派によくあるように、2度のGI勝ちはどちらも首差だった。勝つときも負けるときもちょっとの差。こういうタイプがやられるとしたら、瞬発力のある馬に一気に来られるときだ。

    一度も崩れていないミッキークイーンも怖い存在。

     マリアライトの連覇を阻む可能性がもっとも高いのは、過去10戦中6戦でラスト3ハロン最速タイムを叩き出しているミッキークイーン(4歳、父ディープインパクト、栗東・池江泰寿厩舎)か。

     この春はマイルで2戦し、ともに2着。池江調教師が話しているように、中距離がベストのこの馬には距離不足だった。それでもキッチリ連対したことを評価すべきだろう。

     予定していた京都大賞典を捻挫のため使えず、5月15日のヴィクトリアマイル以来の休み明けになったことは割り引かなければならない。しかし、使おうと思えば使える程度の故障だったようだし、この厩舎は、オルフェーヴルが走っていたときなどもそうだったのだが、中間で体調不良などが報じられても、使うと決めたからにはきちんと力を出し切れる状態に仕上げてくる。

     このミッキークイーンは、オープン馬の宝庫と言われる池江厩舎に、初めて牝馬GI勝ちのタイトルをもたらした馬だ。調教師やスタッフと「教え、教えられ」の関係でここまで来た、特別な存在と言える。

     道中他馬にぶつけられるなどスムーズさを欠いて8着となったジャパンカップ以外は連対を外したことがない。そのジャパンカップだってコンマ3秒差だから、これまで一度も崩れていないわけだ。ここでも当然主役候補と見るべきだろう。



    競馬ファンならここを見ろ・・・
    勝馬伝説の予想が激アツwwwww
    無料予想で大万馬券!!
    kachium

















    【エリザベス女王杯予想結論|2016年|やっぱりこれだろう】の続きを読む

    このページのトップヘ