競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    神戸新聞杯予想

    神戸新聞杯予想|2016年|サトノダイヤモンドの注目点


    「広告」 ここクリックして競馬で負けたら諦めます

     菊花賞トライアル・神戸新聞杯の追い切りが21日、東西トレセンで行われた。秋は最高の輝きへ−。春は無冠に終わったサトノダイヤモンドが、CWコース単走で態勢を整えた。4ハロンから53秒4−11秒9という軽めのフィニッシュだったが、1週前の15日に3頭併せで6ハロン82秒0−11秒5をマークして最先着しており、予定通りのメニュー。軽く仕掛けられただけでキビキビした動きを見せた。

     池江調教師は「先週やっているのでサラッと。先週で態勢は整っていたし、トライアルとしては申し分ない状態」と胸を張った。皐月賞3着、日本ダービー2着だった春と比べて、「背腰に芯が通ったし、総合的にレベルが上がった」と指揮官は分析する。

     ダービー後、一度も騎乗していないルメール騎手も「調子は問題ないと聞いている。ポテンシャルはメチャ高い。(ダービー馬の)マカヒキと同じ。秋は楽しみ」と手応え十分の口ぶりだ。



    勝馬伝説ここの無料コンテンツが激アツ
    だって・・・無料情報で万馬券らしいwwww

    kachium


















    【神戸新聞杯予想|2016年|サトノダイヤモンドの注目点】の続きを読む

    5
    【神戸新聞杯予想】やっぱりリアルスティールの意地みたい

    競馬ブログはここをチェック




    神戸新聞杯|リアルスティール

    リアルスティール逆襲へ万全の体制

     「第63回神戸新聞杯」組では皐月賞2着馬リアルスティールが軽快な動きで万全の臨戦態勢を整えた。

     雪辱の秋に燃えるリアルスティールが貫禄の脚力を見せつけた。最終追いは坂路で先導したタイセイクルーズ(4歳500万)に2馬身半先着。残り1Fで手応え良く並びかけ、軽く仕掛けただけで一気に突き放した。先週にCWコース6F80秒8の好時計を叩き出したため、もう目イチの負荷は必要ない。上がり重点の“最終リハ”で抜群の反応を見せ、騎乗した渋田助手の声がはずんだ。

     「きょうは折り合い、息の入り、ラストの反応を見たかった。(4F51秒8は)全く無理をさせていないで出た時計。最後の100メートルはソラを使っていたけど、ハミをかけて気持ちを乗せられた。初戦としてはこれ以上ない仕上がり」

     春は皐月賞2着、ダービー4着で無冠に終わり、前走後には左第1指骨剥離骨折が判明した。幸い症状は軽度だったため、回復が早く予定通りトライアルで始動する。担当の柿崎助手は「ここまで順調。春に比べてしっかりしてきていますよ」と笑顔。「以前は逍遥(しょうよう)馬道を歩けなかった。トモの踏み込みが甘くてすぐにダクになってしまったんですが、今は歩けます」と成長に目を細めた。調整過程に不安がなく、2冠馬ドゥラメンテが不在となれば主役の座は揺るがない。

     福永もパートナーの絶対能力を信頼している。「春はまだ完成されていない中で走っていた。今は動きの質が違う。今回は普通に、出たなりの競馬をしたい。楽しみにしている」

     春にタイトルを逃した悔しさを胸に秘めて、まずは秋初戦で力の違いを見せつける。




    リアルスティール
    父−ディープインパクト、母父−Meadowlake


    【【神戸新聞杯予想】やっぱりリアルスティールの意地みたい】の続きを読む

    このページのトップヘ