競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    プロキオンS

    プロキオンS予想|予想結論|ネット評価

    【プロキオンS(日曜=10日、中京ダート1400メートル)得ダネ情報】実績馬の貫禄か、勢いある上がり馬か――。夏競馬攻略の最大の焦点となるが、GIIIプロキオンSで栗東得ダネ班が推してきたのは「実績」があり、なおかつ「勢い」を取り戻したあの馬。両ファクターともクリアなら、まさに“得ダネ”だ。

     前走のオアシスSで2013年のGIIIみやこS以来、2年半ぶりの勝ち星を挙げたのがブライトライン。かつては最高峰のGIでも好戦(13年JCダート=4着、14年フェブラリーS=5着)していた馬だけに「オープン特別を勝ったくらいで勢いを取り戻したとするのは…」といった声もあろうが、この馬にとって重要なのは相手関係より、むしろ自分との闘い。その意味では中身を伴った価値ある勝利だった。

    「とにかく折り合いの難しい馬なので、(1600メートルへの)距離延長を心配していたんですが、ふたを開けてみたら、上手に流れに乗った競馬ができた。しかも気を抜いて最後にモタれることが多かったのに、そういう面もまったく見せずに、ゴールまでしっかり走れていたからね」(野田助手)

     7歳にしてようやく長い“反抗期”を卒業。馬が本当の意味で大人になったということか。

     今回のプロキオンSは「これまでの実績からも1400メートルへの距離短縮がマイナスになることはまずあり得ない。しばらく58キロを背負ってきた馬が、56キロで出られるのも大きいですね」と条件好転揃いとなれば、久々の重賞タイトル獲得へ、野田助手が手応えを隠さないのも無理はあるまい。

     帰厩後の雰囲気も、これまでとはひと味違う。

    「いつも放牧に出すと馬がボケッとした感じで帰ってきたけど、今回はそういうところがない。稽古でも7歳馬とは思えないような行きっぷりを見せているからね。ここを目標に順調に乗り込めたし、いい仕上がりで出せると思います」

     その言葉を裏付けるように、1週前の坂路追いでは自己ベストを更新する4ハロン50・8秒の好時計をマーク。さらなる上昇ムードを漂わせている。長く雌伏の時を過ごしたブライトラインが前走の勝利を弾みに、表舞台の重賞戦線に返り咲く。



    プロキオンSの予想はチェンジが激アツ
    無料予想ファンならここ必至wwwww
    競馬予想をしっかり見極めましょうwwwwww
    無料会員になれば誰でもチェック閲覧できますwwww
    だから美味しすぎwwwwww
    button3-3-u






    【プロキオンS予想|予想結論|大事な斤量】の続きを読む

    5
    プロキオンS注目馬|2016年|クレープブランデーが大注目の理由

     2週目に入る夏の中京開催の日曜メインは、プロキオンS(10日、GIII、ダート1400メートル)。実績馬と新興勢力の激突に加え、芝のGIホースも参戦するダートの桶狭間決戦は、距離的にもスプリンターと中距離タイプのどちらにとっても守備範囲。さらに今年はメンバー的にどの馬がハナを切るのか展開的に微妙な面があり、馬券検討の楽しみは尽きない。

     実績最右翼はグレープブランデー(栗東・安田隆行厩舎、牡8歳)だ。2013年GIフェブラリーSの勝ち馬で、その後は、勝ち星から長く遠ざかってはいるものの、前走の交流GIII東京スプリント2着など、衰えは見られない。中京コースも13年東海S勝ちがあるように問題なく、58キロの斤量も前走を含めて重賞で2度2着がある。3年5カ月ぶりの勝利を飾る可能性もありそうだ。

     58キロを背負うもう1頭は、昨年のNHKマイルC優勝馬クラリティスカイ(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)だ。しかし、GI優勝後は富士S15着、マイルチャンピオンシップ12着、京王杯スプリングC13着と惨敗続き。今回はダート初出走だが、ダートに強いクロフネが父で、母の父スペシャルウィークも帝王賞を勝ったゴルトブリッツ、東京大賞典優勝馬ローマンレジェンドとダートGIウイナーを出している。58キロは初めてで斤量の克服も課題になるが、休み明け2戦目で体調面の上積みも見込める。初めてのダートで劇的に変わるかもしれない。クリストフ・ルメール騎手との新コンビも魅力だ。

     ブライトライン(栗東・鮫島一歩厩舎、牡7歳)も、もともとは芝からの転向組。芝では12年ファルコンSを勝ち、ダートでも13年みやこSを制している。その後は勝ち切れないレースが続いていたが、前走のオアシスSで約2年半ぶりの勝利をマーク。中京ダートは初めてだが、左回りは2勝しているので全く心配はなく、上位争いを演じそうだ。オアシスSで勝利に導いた石橋脩騎手が引き続き手綱を取る。

     ノボバカラ(美浦・天間昭一厩舎、牡4歳)は新興勢力の代表格。前走の交流GIII北海道スプリントCは2着に敗れ、連勝は「3」でストップしたものの、勢いは持続している。1400メートル、左回りでともに3勝と条件は整っており、絡まれずに先行できれば勝機も十分だろう。先週の中京で土日メインを制したミルコ・デムーロ騎手は好調で、ノボバカラとのコンビでも2戦2勝。4年前にこのレースを制した同厩舎のトシキャンディ以来となる関東馬Vを目指す。

     1000万下、準オープン・鳴門S、オープン・栗東Sと3連勝中で、5歳の今年、一気に本格化したキングズガード(栗東・田中章博厩舎、牡)。6勝全てがダート1400メートルというスペシャリストだ。重賞初挑戦でも侮れない。差し脚を武器にしていながら、ここ3戦は余裕しゃくしゃくのV。今の充実ぶりなら、重賞の壁もあっさり突き破って不思議はない。

     今年3戦して1、2、1着と好調のニシケンモノノフ(栗東・庄野靖志厩舎、牡5歳)も変わらずに調教の動きが抜群で、好調をキープ。左回りで結果が出ていない点は気になるところだが、手の合う岩田康誠騎手とのコンビで2歳秋の兵庫ジュニアグランプリ以来となる重賞Vを狙う。

     このほかにも、スムーズに先行できればしぶといタガノトネール(栗東・鮫島一歩厩舎、セン6歳)、10歳馬ながら強烈な決め手を持つマルカフリート(栗東・浜田多実雄厩舎、牡)、前走で鮮やかな追い込みを決めたカフジテイク(栗東・湯窪幸雄厩舎、牡4歳)、ダート1400メートルの準オープンを連勝中のダノングッド(栗東・村山明厩舎、牡4歳)などもマークしておきたい。



    競馬ファンなら知っているはず…
    ここの予想を、激アツの情熱競馬
    だから見逃せない

    当てまくりの予想
    信頼度が高い無料予想
    まずは無料会員になってみるがおすすめ!!

    実際に公開させているメルマガ

    今年の夏は… 【【【一生記憶に残る】】】程の配当金を手にして頂きます!! 夏にガッツリと稼いで… 秋のG1シーズンに備えるも良し。 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄夏のバカンスの為に備えるも良し。 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 会員様の思惑に応える企画をご用意致しました!! 夏┃の┃ビ┃ッ┃グ┃ボ┃ー┃ナ┃ス┃ ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛ をその手にしていただく為に今回はこちらの企画を開催!! 週末特別情報として開催させて頂きましたが結果は… ………………………………
    2016年7月2日福島9R⇒170,520円的中!!
     ………………………………
    2016年7月3日函館10R⇒121,750円的中!!


    button3-3-u



    【プロキオンS注目馬|2016年|クレープブランデーが大注目の理由】の続きを読む

    5
    プロキオンS予想|斤量なんて関係ない・・・

    競馬ブログはここをチェック


    プロキオンS予想

    <プロキオンS:追い切り>

     プロキオンS(G3、ダート1400メートル、12日=中京)で連覇を狙うベストウォーリア(牡5、石坂)が8日、栗東坂路で4ハロン52秒1−12秒3と抜群の動きを見せた。僚馬レッドロンメル(古馬500万)を大きく追走しながら、軽々と2馬身半先着。「だいぶ後ろから追い掛けたけど反応は良かった。先週よりも動きは良くなっている」と荻野助手。迫力満点の動きで好仕上がりをアピールした。

     別定戦で59キロの負担重量を強いられるが、それも力があるからこそ。昨秋の南部杯(統一G1)を勝ったからで、もちろん厳しい重量だが、ある意味勲章でもある。「去年より力をつけている」と話す荻野助手の言葉を、2走前のフェブラリーS3着が裏付ける。今のウォーリアならばこの条件でも克服可能だろう。


    57キロ斤量だったら間違えたら
    本命

    ただ、59キロでも・・・
    まあうまく乗ってくれたら

    本命
    ベストウォーリア


    プロキオンステークス予想
    http://keibauma.com/yosou-prokionn2.html


    ギャロップジャッパンの予想が熱い


    競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
    まだ無料会員になっていないならチェック必至

    vikus
















    見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!


    5
    プロキオンS予想|エアハリファが熱い

    競馬ブログはここをチェック


    プロキオンS予想

    【プロキオンS(日曜=12日、中京ダート1400メートル)注目馬9日朝の表情:栗東】安田厩舎の2頭はともに厩舎周りの運動で汗を流した。グレープブランデーについて安田翔助手は「放牧先からここまでずっと順調に調整できているのがこれまでよりもいい点ですね」。

     また、レッドアルヴィスについては「厩舎に置いて調整し、こちらもいい状態。フェブラリーS(14着)では結果が出なかったけど、いい経験ができた。今回はそれが生きてくれないかな」。


    グレープブランデー
    父ーマンハッタンカフェ、母父ージャッジアンジェルーチ


    1) 唯一のG1勝馬
    2) 鞍上強化

    これだけで充分すぎるかなって


    プロキオンステークス予想
    http://keibauma.com/yosou-prokionn2.html


    ギャロップジャッパンの予想が熱い


    競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
    まだ無料会員になっていないならチェック必至

    vikus
















    見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!


    このページのトップヘ