ホープフルS予想【2015年】|ハートレーが激アツの理由

 ディープインパクト産駒のハートレーは、東京芝2000メートルのデビュー戦を快勝してきた。中間は短期放牧を挟んだが、「さらに良くなった。精神的にドッシリしていて得体の知れない面がある。こんな2歳馬はなかなかいない」と、中條助手は絶賛の嵐だ。

 23日の追い切りにはボウマン騎手が跨って、古馬OPなど2頭を一蹴。「こちらが指示を出さなくても動ける。評判どおりのいい馬だね。この先どれだけ良くなるか楽しみだよ」と、名手のハートをもわしづかみにした。無傷V2を決めて、先週の朝日杯FSを制したリオンディーズに挑戦状を叩きつける。

 “究極の3連単”はハートレーを1着に固定。2、3着にバティスティーニを置いた10点で勝負だ。

(夕刊フジ)

【ホープフルS予想【2015年】|ハートレーが激アツの理由】の続きを読む