宝塚記念予想|ゴールドシップは大丈夫か?

競馬ブログはここをチェック


宝塚記念ニュース

 宝塚記念過去10年のデータを徹底分析した結果、G1・6勝という断トツの実績に加え、決定力もトップのゴールドシップを浮かび上がらせた。

 (1)重賞実績 さすがは春のグランプリレース。上位を争うのは名だたる実力馬ばかりだ。過去10年、1〜3着の延べ30頭は全てG1かG2を優勝していた。何より格が大事。豪州遠征帰りのトーセンスターダムは重賞2勝(きさらぎ賞、チャレンジC)をしているがが、いずれもG3。天皇賞・春(5着)で見せ場をつくったネオブラックダイヤは重賞未勝利。ここでは貫禄不足だ。

 (2)レース間隔 優勝馬は全て4月以降にレースを使っていた。最も間隔が空いていたのが、10年ナカヤマフェスタの中8週。昨年のダービー馬ワンアンドオンリーは3月ドバイシーマC3着からの直行。これは、13年3着ジェンティルドンナ(ドバイシーマC2着)と同じローテーション。掲示板入り(5着以内)はともかく、勝つまでは至難では?昨年10月菊花賞V以来のトーホウジャッカルは論外だ。

 (3)ステップ 不思議なことに、前走4着以下から巻き返して優勝したのは天皇賞・春組(12年オルフェーヴル、13&14年ゴールドシップ)だけ。天皇賞以外から挑む馬は必ず1〜3着に好走しているのがV条件。ヴィクトリアマイルで着外に終わってしまったヌーヴォレコルト、ディアデラマドレ、ショウナンパンドラは厳しい。

 (4)決定力 強豪集結の宝塚記念を勝ち抜くには“勝負強さ”が不可欠。06年ディープインパントの勝率90%(レース出走時)を筆頭に、優勝馬は高勝率を誇っていた。一番低かった08年エイシンデピュティ&09年ドリームジャーニーでも同35%。ラブリーデイ(27%)、カレンミロティック(21%)、デニムアンドルビー(18%)など魅惑の穴馬たち!?はパンチ力不足でお別れ。

 (5)ファン投票 最後は多くの票を投じたファンの夢を大切にしたい。ラキシスは優勝回数11回のファン投票3位。投票順位別で優勝回数が2番目に多い“好位置”なのだが、上には上がいる。

 結論 もちろん残ったのは3連覇の偉業に挑むゴールドシップ。優勝回数14回を誇る堂々のファン投票1位。勝率52%も出走予定馬16頭でトップ。G1・6勝の実績は断トツ。歴史的偉業は間違いなしだ。



今回いろいろと注目されるゴールドシップ

〇望綵蕁Χζ営命杯から直行ローテで皐月賞制覇
∋望綵蕁ζ映の牡馬クラシック2冠馬の有馬記念制覇
史上初・皐月賞&菊花賞の2冠馬の有馬記念制覇
せ望綵蕁κ塚記念連覇
セ望綵蕁Π果咾瞭本馬でG1・5勝以上
史上初・3年連続一番人気で同一重賞3連覇
Щ望綵蕁Γ嚇挂椶猟戦で天皇賞(春) 初物づくし



そして、今回は同一G1・3連覇がかかります。
ただ、以下にもメンバーがしょぼいので
大丈夫かなって…


宝塚記念予想
http://keibauma.com/yosou-taka3.html






ギャロップジャッパンの予想が熱い


競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
まだ無料会員になっていないならチェック必至

vikus
















見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!