競馬重賞徹底予想

毎週開催される、競馬重賞についてのいろいろな角度から分析をしたいと思います。徹底的に重賞を分析していますので…皆様大注目です。

    競馬予想

    5
    【府中牝馬S予想】予想結論

    競馬ブログはここをチェック



    ケイアイエレガントに注目

     久々もケイアイエレガントが全開ムードだ。レースまで中1日となる15日には坂路で4F53秒2をマークした。年内引退が決定済みで、「ゴトゴトした感じもなく、いいデキ。多少プラス体重かもしれないが、臨戦態勢は整った。限られたレースしかないから」と尾形充調教師。春はマイルGIで活躍したが、「以前より出脚がズブくなった分、しまいまでしっかりした」と9Fでも気後れなしだ。

    (夕刊フジ)

    【府中牝馬S予想|予想結論】の続きを読む

    【サウジアラビアロイヤルカップ予想】予想結論

    競馬ブログはここをチェック




    【サウジアラビアロイヤルカップ予想】予想結論

    【サウジアラビアロイヤルカップ(土曜=10日、東京芝1600メートル)注目馬7日最終追い切り:美浦】2戦目を4馬身差で勝ち上がったアストラエンブレムは坂路で単走。馬なりで4ハロン56・6―41・6―13・2秒と控えめな内容でも、陣営は上々の仕上がりをアピールした。

     手綱を取った小島茂調教師「日曜(4日)にしっかり動かしたし、調教量はこれで十分。ゲートで燃えるので、あとは当日の落ち着きだけ。明日、あさってと練習していくつもり」

    【【サウジアラビアロイヤルカップ予想】予想結論】の続きを読む

    5
    【金沢競馬】白山大賞典予想、馬連1点で仕留める


    【地方競馬馬券】
    jra1













    白山大賞典予想結論
    こんなレースは1点で狙い撃ちするレース

    まずは、地方馬
    トーセンアレス
    ジャングルスマイル

    まあこの辺なのかな・・・でもさすがにちょっと足りないはず


    そうなると
    ・エーシンモアオバー
    ・ソロル
    ・マイネルバイカ
    ・ソリタリーキング


    この4頭でどう買うかって感じですけど



    普通に前行ける馬
    それを見る馬

    1点


    エーシンモアオバー・ソロル
    馬連1点で



    地方競馬予想
    http://地方競馬.biz/



    【広告】ここはチェック必至!!
    スマートウィン競馬情報会社

    ↑↑
    重賞の無料予想(地方競馬もあります)

    5
    【スプリンターズS予想】予想結論で夢を見る

    競馬ブログはここをチェック




    【スプリンターズS予想】予想結論で夢を見る

     4日に中山競馬場で行われる、第49回スプリンターズS(3歳上・GI・芝1200m・1着賞金9500万円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、7月のCBC賞を勝ち、前哨戦のセントウルSでは僅差の2着に入ったウリウリ(牝5、栗東・藤原英昭厩舎・4.9倍)が支持された。

     続いての2番人気はアイビスサマーダッシュ・北九州記念と連勝中のベルカント(牝4、栗東・角田晃一厩舎・5.1倍)、3番人気は今春のヴィクトリアマイルを制したストレイトガール(牝6、栗東・藤原英昭厩舎・5.7倍)となった。

     以下、高松宮記念で3着に入ったミッキーアイル(牡4、栗東・音無秀孝厩舎・7.1倍)、悲願のGI制覇を目指すハクサンムーン(牡6、栗東・西園正都厩舎・11.2倍)、キーンランドCを勝ったウキヨノカゼ(牝5、美浦・菊沢隆徳厩舎・12.6倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    12 ウリウリ 4.9
    07 ベルカント 5.1
    02 ストレイトガール 5.7
    13 ミッキーアイル 7.1
    08 ハクサンムーン 11.2
    06 ウキヨノカゼ 12.6
    01 リッチタペストリー 13.1
    16 ティーハーフ 13.4
    09 アクティブミノル 16.7
    15 コパノリチャード 22.3
    04 サクラゴスペル 25.9
    11 レッドオーヴァル 30.0
    14 フラアンジェリコ 60.6
    03 リトルゲルダ 71.7
    05 スギノエンデバー 88.6

    ※10番マジンプロスパーは出走取消

     その他、馬連は02-12が10.0倍、馬単は02-12が20.1倍、3連複は02-07-12が16.3倍、3連単は07-02-12が74.0倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

    【【スプリンターズS予想】予想結論で夢を見る】の続きを読む

    5
    【オールカマー予想】やっぱりステイゴールド産駒

    競馬ブログはここをチェック




    オールカマー|マイネルミラノ

     「オールカマー・G2」(27日、中山)

     マイネルミラノが23日、美浦Wで軽快なフットワークを披露した。最終リハは単走。直線強めに追われて5F67秒0−38秒9−12秒6を計時。新潟記念2着からの中2週だが、その疲れなどみじんも感じさせない動きだった。

     相沢師が笑顔で愛馬を出迎えた。「単走でも集中して走っていたね。前走の出来をキープしている。今回もうまく仕上がったし、自分のリズムで競馬ができれば」とうなずく。

     いったん抜け出した前走はゴール前で頭差急襲された。柴田大は「悔しかったけど、大きな収穫はあったし、すっかり力をつけています。近いうちに重賞を勝てると思います。今回はチャンスがありそうですね」と瞳を輝かせる。全6勝中4勝を挙げる中山が舞台。指揮官が「この馬に一番合っているコース」と言い切れば、柴田大も「脚質的に小回りはぴったり。この馬のスピードが生かせる」と胸を張った。


    マイネルミラノ
    父−ステイゴールド、母父−Polish Precedent


    【【オールカマー予想】やっぱりステイゴールド産駒】の続きを読む

    5
    【札幌2歳S予想】藤田引退とかネットで騒がしいけど…どうなの?

    競馬ブログはここをチェック



    結局これがって感じなんですね
    http://qq1q.biz/nI47

    松田博厩舎ラストの札幌・・・

     「第50回札幌2歳S」の追い切りが2日、札幌競馬場で行われた。アラバスターが進境著しい走りを披露した。来年2月で定年解散となる松田博厩舎にとっては夏の2歳重賞最後の挑戦。良血馬で有終の美を飾る勢いだ。

     グレードホースを量産してきた母系の血が重賞舞台で目覚めたのか。アラバスターの馬上で菱田は変身を感じ取っていた。札幌ダートコースの4コーナー。母レーヴディソール譲りの芦毛の馬体が自らハミをかみしめて加速していく。3馬身先行したローハイド(4歳500万)との差を1馬身差まで詰めてゴール。引き揚げてきた菱田に満足そうな笑みが浮かんだ。

     「デビュー戦のときは調教でもフワフワしていたのに、今度は自分からハミを取ったんです。ゴール前でフワッとさせないためにステッキで気合を入れましたが、前向きになったというか…精神的な成長は大きい」。追い切り時計(5F72秒1〜ラスト1F12秒8)を確認すると、「芝でいい馬なのでダートでこれだけ動けば十分。1馬身遅れ?併走した相手は調教駆けするし、切れるほうではないから問題ありません」と続けた。

     1番人気に支持された新馬戦は4角先頭で後続に1馬身半差の完勝。胸のすくような直線一気の剛脚で2歳女王に上り詰めた母とはレースぶりが異なるが、菱田は似た面を感じている。「レーヴディソールの新馬戦もVTRで見たんですが、ギアが少しずつ上がっていました。アラバスターもギアが上がるのに時間がかかる。でも、二の脚は速いし、相当な素質を持ってます」

     母も育てた松田博師は来年2月で70歳の定年を迎える。菱田自身の重賞初Vを懸けた一戦は、同師にとって最後の北海道重賞。「これだけの血統馬を任せてもらってありがたい半面、プレッシャーもあります。結果を出して先生(松田博師)に恩返ししたい」と表情を引き締める菱田。そしてきっぱり。

     「チャンスはあります。勝ちたいです」


    アラバスター
    父−ハービンジャー、母父−アグネスタキオン



    アラバスター新馬戦




    アラバスターデータ

    1) 種牡馬データ

    父−バービンジャー
    6−2−2−16/26(23%−38%)


    2) 騎手データ

    菱田裕二
    1−1−2−12/16(6%ー25%)


    本命
    アラバスター


    札幌2歳予想
    http://keibauma.com/yosou-sappro2s.html


    競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
    まだ無料会員になっていないならチェック必至

    torai




















    見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!




    5
    【新潟記念予想】やっぱりクランモンタナは無視できない

    競馬ブログはここをチェック




    クランモンタナは激アツか?
    昨年2着で前走まずまず

     新潟競馬最終週の日曜メーンは、ハンデGIIIの新潟記念(6日、芝2000メートル)。サマー2000シリーズの最終戦だが、ここまで高得点を獲得した馬が参戦せず、シリーズはすでにダービーフィズの優勝が決定している。

     とはいえ、過去10年で馬単万馬券が6度飛び出しているように、ハンデ戦らしい波乱のレース傾向。馬券の妙味は十分にあり、大いに注目したい。

     トップハンデは58キロのダコール(栗東・中竹和也厩舎、牡7歳)。中距離の重賞戦線で堅実な走りを見せており、同じ新潟芝外回り2000メートルで行われた前走の新潟大賞典で重賞初制覇を飾った。実績、コース適性は問題ないだけに、今回は4カ月の休み明け、ハンデ克服がカギになる。

     朝日杯フューチュリティSを勝っているアルフレード(美浦・手塚貴久厩舎、牡6歳)は登録20頭中、唯一のGIホース。屈腱炎で長期休養を余儀なくされた影響で朝日杯以降は未勝利だが、ここ3戦は東京新聞杯2着、新潟大賞典3着、七夕賞5着と決して悪くはない。ハンデも引き続き56キロなら、上位争いが見込める。

     メドウラーク(栗東・橋田満厩舎、牡4歳)は2月の小倉城特別(500万下)から淡路特別(1000万下)−烏丸S(1600万下)−ジューンS(1600万下)と4連勝中の上がり馬。今回は重賞初挑戦でハンデ55キロはやや見込まれた印象だが、ハナ、3/4馬身、1馬身1/4、1馬身3/4と、すべて着差を広げつつ4連勝してきた勢いは侮れない。

     マジェスティハーツ(栗東・松永昌博厩舎、牡5歳)は鳴尾記念と関屋記念で連続して2着。前走ではメンバー最速の上がり3ハロン32秒4という決め手が光った。400メートルの距離延長には対応可能。ハンデ56キロは妥当なところで、コンビを組む森一馬騎手とともに重賞初制覇を飾る可能性は十分ある。

     3歳馬は2頭が出走予定。ミュゼスルタン(美浦・大江原哲厩舎、牡)は昨年の新潟2歳Sの覇者で、NHKマイルC3着、ダービー6着。もう1頭のアヴニールマルシェ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡3歳)は新潟2歳S、東京スポーツ杯2歳Sともに2着、NHKマイルC4着と実績では引けを取らない。ともに休み明けがポイントになるが、ハンデは前者が54キロで後者が53キロと手頃。1973年ヤマテスコ、83年アップセッターに次ぐ3歳馬Vがあっても不思議はない。

     昨年2着のクランモンタナ(栗東・音無秀孝厩舎、牡6歳)は当時と同じ54キロでの出走。内田博幸騎手とのコンビでは一昨年の夏に新潟芝2000メートルの信濃川特別を勝っており、その再現を狙う。

     同じ舞台で行われた準オープンの新潟競馬場開設50周年記念を勝って挑むロンギングダンサー(美浦・勢司和浩厩舎、牡6歳)、一昨年の新潟大賞典の覇者で休み明けの小倉記念(6着)を叩いた上積みが見込めるパッションダンス(栗東・友道康夫厩舎、牡7歳)、マイペースの逃げが打てそうなマイネルミラノ(美浦・相沢郁厩舎、牡5歳)あたりも上位争いが可能だ。上がりの速い決着になれば、切れ味に富むサウスポーのスイートサルサ(美浦・菊川正達厩舎、牝5歳)の出番もあるだろう。


    クランモンタナ
    父−ディープインパクト、母父−トニービン、母母−スキーパラダイス


    2014年の新潟記念2着




    1着 マーティンボロ 
    2着 クランモンタナ



    クランモンタナデータ

    1) 種牡馬データ

    父−ディープインパクト
    14−11−8−53/86(16%−38%)

    母父−トニービン
    1−2−0−2/5(20%−60%)

    2) 騎手データ

    内田博幸
    3−2−1−10/16(18%ー37%)








    新潟記念予想
    http://keibauma.com/yosou-niigatakinen2.html


    競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
    まだ無料会員になっていないならチェック必至

    torai




















    見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!




    5
    【新潟2歳S予想】内田博幸に頑張ってもらいましょう!!

    競馬ブログはここをチェック




    ウインミレーユのニュース

    【新潟2歳S(日曜=30日、新潟芝外1600メートル)注目馬26日最終追い切り:栗東】ウインミレーユは柴田未(レースは内田博)を背に坂路でショウナンマシェリ(2歳新馬)を0秒8追走してスタートした。残り2ハロン手前からその差を徐々に詰めていき、最後は併入でフィニッシュした(4ハロン53・4―12・6秒)。

     パートナーに騎乗していた鹿戸助手「ジョッキーは先週までのモサモサ感が抜けて格段に良くなってると言ってました。横で見ていても脚どりはしっかりしてました」

     ここまでは陣営の思惑、いやそれ以上の上昇カーブを描いている。デビュー戦は同舞台で完勝…その再現は十分に可能だ。


    データ面も後押し!!

    【新潟2歳S(日曜=30日、新潟芝外1600メートル)新バージョンUP作戦】日本一長いホームストレッチでの施行もあって瞬発力が大きなカギとなる一戦で「新VU作戦」が推すのはウインミレーユ。658・7メートルの長い直線を今年はこの馬が突き抜ける――。

     ここまで8日間の日程を消化した2回新潟開催。芝外回り戦26鞍(1着同着が1鞍あり)における勝ち馬の自身上がり分布は32秒台=7鞍、33秒台=14鞍、34秒台=6鞍。35秒台以上での勝ち馬ゼロと、今年も新潟外回り特有の高速上がり勝負は健在だ。

     過去10年の新潟2歳S勝ち馬の自身上がり平均も33秒37(重、不良含む)と超高速。レースの上がりそのものが33秒台に突入することすら珍しくないなら、やはり瞬発力は不可欠と言える。予想の軸足をどこに置くべきかは明確なのだが、そこはキャリアが浅いこの時期の2歳戦。データの絶対量不足を補うためには、限られた戦歴の中からキラリと光る何かを見つけ出す作業が重要になってくる。

     ウインミレーユのデビュー戦は今回と同じ新潟外回りのマイル戦(別表参照)。0秒7差の完勝ながら、さほど評価が上がらないのは減量騎手(3キロ減)を背にしてのパフォーマンスゆえか。ただ、Vタイム1分35秒7は同開催のマイルの新馬戦では最速。お決まりのスローからの瞬発力勝負とはいえ、3ハロン36秒8→5ハロン61秒8と前半のラップは他の3鞍ほど緩んではいない。

     好位からの競馬で能力指標の一つである自身前後3ハロンラップは37秒0→33秒6=70秒6を叩き出した。これは今回の人気の一角ルグランフリソン(37秒1→33秒5)、名手のM・デムーロがその素質を絶賛したサプルマインド(38秒1→32秒5)と全く同じ数字。クラシック候補の呼び声も高い2頭にヒケを取らないパフォーマンスを披露しているのだから、ウインミレーユの潜在能力が一級品であることに疑いの余地はない。

     レースの上がり3ハロン33秒9は一見、強調材料に欠けるように映るが、ラスト2ハロンに範囲を狭めれば話は別。ラスト2ハロン10秒6→11秒6=22秒2はこれまたルグランフリソン(10秒4→11秒8)、サプルマインド(10秒9→11秒3)のレースと全く同じ数字だ。ラスト2ハロンをこのラップ構成でまとめられるなら、瞬発力も非凡。4馬身も突き抜けた圧巻のパフォーマンスを減量騎手起用で片付けるのにはやはり抵抗がある。

     今回が試金石の一戦となるのは確かだが、新馬戦から垣間見えるポテンシャルの高さは相当なもの。当然、不安よりは期待のほうがはるかに大きい。



    新潟2歳S、前走新潟芝1600m勝ち
    2−1−1−9/13(15%−30%) 単80円 複63円

    前走新潟芝1600mを圧勝同馬はやはり注目

    本命
    ウインミレーユ

    新潟2歳S予想
    http://keibauma.com/yosou-niigata2s1.html


    競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
    まだ無料会員になっていないならチェック必至

    vikus
















    見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!




    5
    【キーンランドC予想】ウキヨノカゼが注目!!

    競馬ブログはここをチェック




    ウキヨノカゼのニュース


    札幌日曜メーンはサマースプリントシリーズ第5戦のキーンランドC(G3、芝1200メートル、30日)が行われる。  オープンに再昇級してきたウキヨノカゼ(牝5、菊沢)が、上昇カーブを描いている。前走、TVh杯(1600万)はその後、UHB賞(オープン)をレコード勝ちしたエポワスを破ってのもので価値がある。中間は函館で調整。菊沢師は「放牧を挟んで順調にきている。現状では1200メートルが合う。相手は強くなるが頑張ってほしい」と13年クイーンC勝ち馬に期待を寄せていた。


     【キーンランドC(日曜=30日、札幌芝1200メートル)注目馬最新情報:函館】
    ウキヨノカゼの1週前追い切りは前の他厩舎の馬を追いかける形でウッド5ハロン66・3―37・9―12・6秒の好時計。行きっぷり良くスピード感十分。叩き2戦目で気配は上向き。  菊沢調教師「放牧を挟んだけど、余裕を持って調整しているので仕上がりはいいよ。グッとハミをかんで走る面があるので現状では千二の流れが合っている。あとは環境の変化(函館→札幌)にうまく対応してくれれば」



    ウキヨノカゼ
    父ーオンファイア、母父ーフサイチコンコルド

    2013年ークイーンC


    2015年ーTVh杯


    この2勝は熱いですね・・・。

    札幌競馬場芝1200m

    1) 種牡馬−オンファイア
    0−0−0−3/3(0%−0%)

    2) 騎手−四位洋文
    3−2−1−22/28(10%−21%)


    切れ味が良い牝馬に注目しています…!!
    外差しが熱い

    キーンランドC予想
    http://keibauma.com/yosou-kinrando1.html




    競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
    まだ無料会員になっていないならチェック必至

    vikus
















    見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!




    5
    【エルムS予想結論】一発穴から買います!!

    競馬ブログはここをチェック



    ジェベルムーサが激アツ

     16日の札幌で行われるダート重賞「第20回エルムS」でジェベルムーサとコンビを組む岩田康誠(41)はJRA重賞騎乗機会5連勝が懸かる。12日の最終追い切りでは自ら手綱を取って状態の良さを確認。6度目の重賞チャレンジとなるパートナーを初タイトル奪取に導く意気込みだ。

     この夏、勝負強さが際立っている岩田。先月5日のCBC賞をウリウリで制し、19日の函館記念がダービーフィズ、26日の函館2歳Sがブランボヌール、そして今月9日のレパードSがクロスクリーガーと重賞騎乗機会4連勝を達成。早くも今年のJRA重賞10勝目とした。

     この4頭はいずれも3番人気以内の有力馬とはいえ勝者が一頭しかいない勝負の世界で毎回、結果を出し続けるのは簡単なことではない。「人気馬に乗せてもらっているからね。馬が強いということ」と謙遜しつつ「今週もチャンスがある馬。依頼を頂いたのはありがたい」と意気込みを伝える。

     5連勝が懸かる日曜札幌メーン・エルムSで騎乗するのがジェベルムーサだ。休み明けのここ2走、大沼S1着→マリーンS3着に続いて3度目のコンビ結成になる。今週水曜は函館に駆け付けて最終追い切りに騎乗。ダートコース併走でド迫力の動きを披露。4F54秒3〜1F12秒2と馬なりでグイグイ伸びてダノンウルフ(3歳未勝利)に3馬身先着。順調に使ってきたこともあって必要以上に負荷をかけることはなかったが身のこなしに状態の良さがハッキリ表れていた。

     「馬なりで凄くいい追い切りができた。行けと言ったらパッと行く感じ。馬はもう出来上がっているし、気合も乗ってきている。前走は中途半端な形になって足をすくわれた。ここ2走の追い切りも乗せてもらったけど今回が一番いい」

     このレースは08年フェラーリピサ1着から12年ローマンレジェンド1着、13年エーシンモアオバー2着、14年ローマンレジェンド1着で騎乗機会4連続連対中と好相性。記録と記憶に残る騎乗で強豪がそろう札幌ダート決戦を盛り上げる。


    エルムSが激アツ
    やっぱり、札幌ダート1700mの相性バツグンの岩田


    本命
    ジェベルムーサ


    http://keibauma.com/yosou-erumu.html



    競馬情報会社が熱い!!今週も、、、、
    まだ無料会員になっていないならチェック必至

    vikus
















    見逃し厳禁・・・・今なら無料会員になれます!!




    このページのトップヘ